毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 第81回アカデミー賞 後編 | トップページ | 滝田洋二郎監督 »

アカデミー賞!日本映画 ダブル受賞☆

第81回アカデミー賞 素晴らしい結果となりましたshine

映画界の最高名誉ともいえる「第81回米アカデミー賞」の発表・授賞式が22日(日本時間23日)に行われ、日本から候補作に選ばれていた『おくりびと』(滝田洋二監督)が外国語映画賞を、『つみきのいえ』(加藤久仁生監督)が短編アニメ賞をそれぞれ受賞しました。

『おくりびと』は、私も映画館で観て、このブログでもぜひ受賞を!とおしていたので、とっても嬉しいですshine

日本映画のダブル受賞は、日本に大きな喜びをもたらしましたね。

日本映画が世界に評価されるということは、本当に素晴らしいことです。2つの作品ともに、とても手作り感があり、あたたかみのある普遍的な世界観です。もっともっと日本のよいところをたくさん世界に発信してゆきたいですね。

present『おくりびと』のノベライズ本  

本木雅弘さんが読んで感銘をうけたという『定本 納棺夫日記』

全受賞結果が発表され、最多受賞作品は映画『スラムドッグ$ミリオネア』の8部門となり、ほぼ独占状態でしたね。また2位には、映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』が3部門、3位には映画『ダークナイト』『ミルク』で2部門となりました。注目されていた故ヒース・レジャーは、見事、助演男優賞を受賞しました。

『スラムドッグ$ミリオネア』で、制作側が、出演したインドのスラム街の子供たちを、アカデミー賞の授賞式に参加するために、その親たちを説得して、ハリウッドに連れて行ったというニュースを見て、もしかして、ここまでするというのは、受賞が予想されるというのもあるのかしらと思ったのと、これまでに各映画賞をほとんど受賞して高く評価されていたので、私は、オスカーいけるのでは!と思っていました。

【第81回アカデミー賞 前編 後編】として、ブログで予想していた受賞はすべてパーフェクト!で当たったので、自分でもびっくりしました。本当に嬉しかったですshine

さあ、これからは、受賞作のスタンプラリーですcrown

ひとつひとつ楽しんで観てゆきたいと思います。

crown全受賞結果は、

作品賞『スラムドッグ$ミリオネア』

監督賞 ダニー・ボイル監督『スラムドッグ$ミリオネア』

主演男優賞 ショーン・ペン『ミルク』

主演女優賞 ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』

助演男優賞 ヒース・レジャー『ダークナイト』

助演女優賞 ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』

外国語映画賞 『おくりびと』

長編アニメ賞 『ウォーリー』

ドキュメンタリー長編賞 『マン・オン・ワイヤー』(原題)

ドキュメンタリー短編賞 『スマイル・ピンキ』(原題)

脚本賞 『ミルク』

脚色賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

撮影賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

編集賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

美術賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

衣装デザイン賞『ある公爵夫人の生涯』

作曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

歌曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

録音賞(音響賞) 『スラムドッグ$ミリオネア』

音響編集賞 『ダークナイト』

メークアップ賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

視覚効果賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

短編実写賞 『トイランド』(英題)

短編アニメ賞『つみきのいえ』

clover【人気ブログランキング】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。人気blogランキングへからもOKです。どうぞよろしくお願い致しますheart01今日は何位?

人気ブログランキングへ

clover【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】は、「ライフスタイルブログ」から「都市生活」に入っていただくとOKです。!今日は何位?

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

« 第81回アカデミー賞 後編 | トップページ | 滝田洋二郎監督 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本当に素晴らしいことです。暗いニュースが多い中、気持ちが明るくなりました。実は昨日「おくりびと」みたのです。帰るときには決まっていて、映画館が粋な計らいで、千葉の小湊鉄道の「濡れせんべい」をプレゼントしてくれました。少し得した気分になりました。

アカデミー賞主要部門の受賞予測、パーフェクトでしたね。すごい!
日本映画の外国映画賞初受賞に快哉を叫びました。
ブログのポイントも急上昇ですね。

鑑賞後、『この作品は今までの日本映画になかった。評価が高いに違いない!』と確信していました。>おくりびと

自分の予想も的中してましたよ。

いやー、めでたいですね。
見事に受賞ですね。

『おくりびと』(滝田洋二監督)観たいと思う映画が
またひとつ増えました。

TVのニュースで、納棺師の学校の問い合わせが3割ほどふえた話がやっていました。
映画会社の松竹の株価があがったりといろいろ社会現象が起こっていることにも、この映画の評価がとても高いと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/44159752

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞!日本映画 ダブル受賞☆:

« 第81回アカデミー賞 後編 | トップページ | 滝田洋二郎監督 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。