毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 新年あけましておめでとうございます! | トップページ | ル・コルビジェ『ロンシャンの礼拝堂』 »

フランス珠玉の礼拝堂

shineこれぞ新春を寿ぐのにふさわしいプログラムshine

テレビ東京系の『美の巨人たち』

shine小林薫が行く!フランス珠玉の礼拝堂

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/index.html

とのことで、番組ナレーターの小林薫氏が、マティス、コルビジェ、ドラクロアなど番組でお馴染みの画家や建築家が手がけたフランスの礼拝堂を紹介していました。

ロンシャンにあるル・コルビジェの礼拝堂もあたたかみと独特の建築様式でとても素晴らしく、他もいろいろと興味深かったのですが、中でも、マティスの美術の集大成とも言われているこの『ロザリオ礼拝堂』は、最高でしたshine

Bk080549_21光を送り出しているのは壁一面のステンドグラス。使われている色は青、緑、黄色の3色のみ。ステンドグラスと向かい合わせの白いタイルに描かれた輪郭だけの聖母子像は、光の色に染まった花の中で、幼子イエスが十字架を暗示するかのように両手を広げています。祭壇の背後にはこの修道会を開いた聖ドミニコの姿があり、太陽の光がその姿を様々な色で包んでいきます。礼拝堂の入口を振り向くと、14のシーンからなるキリスト受難の物語が描かれています。白と黒の単調な世界が、コートダジュールの光を受けて色彩をまとう。画家が夢見た魂の楽園がそこにあったのです。

アンリ・マティスは20世紀の芸術をリードした巨匠。彼は77歳の時にこの礼拝堂の設計に取り掛かり、完成したのはその4年後の81歳の時。マティスは打ちひしがれた人が見て、平和とやすらぎを見出せることを望み、この礼拝堂の設計を手掛けました。すべての苦悩を癒すように、穏やかな光に包まれたロザリオ礼拝堂。色彩の魔術師と呼ばれ、20世紀を代表する画家となったマティスが、最後の力を注ぎ込んだ作品です。

アンリ・マティス『ロザリオ礼拝堂』

住所

466 Av. Henri Matisse BP 33, 06141, Vence 

open

月曜: 14:00 - 17:30
火曜: 10:00 - 11:30 、 14:00 - 17:30
水曜: 14:00 - 17:30
木曜: 10:00 - 11:30 、 14:00 - 17:30
金曜: 14:00 - 17:30
土曜: 14:00 - 17:30
日曜: 10:00からミサ

close

季節によって臨時の閉館があります。

料金

2.8ユーロ、 6-16歳 1.5ユーロ

ここで、挙式したぁいbellどんな豪奢な大きな教会よりも、とても雰囲気があり、素敵だなぁって深く感じ入りました。ぜひ訪れてみたいですshine

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

« 新年あけましておめでとうございます! | トップページ | ル・コルビジェ『ロンシャンの礼拝堂』 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

残念。見落としてしまいました。予告編をみて絶対見ようと思っていたのですが、つい深酒してしまい、失念したと思います。コルビジェのあの教会。機能主義を唱え、どちらかといえば直線的な無機質なデザインが多かった師が、突如として変身した作品でした。丹下健三や村野藤吾見たいにえらい人は変身するのですね。黒川記章みたいに変な変身した建築家もいましたけど・・・・。(^。^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/43608056

この記事へのトラックバック一覧です: フランス珠玉の礼拝堂:

« 新年あけましておめでとうございます! | トップページ | ル・コルビジェ『ロンシャンの礼拝堂』 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。