毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 主 人 公 | トップページ | 小津スタイル »

映画監督 小津安二郎

「日本とは何か」 「家族の絆」

控えめで礼儀正しいたたずまい。日本人の特質を、きちんと磨き上げて、さりげなく提示したのが小津安二郎の映画であり、今、消え去りつつあるものだから、よけいに小津安二郎作品に「日本」を感じるのでしょう。ノスタルジア、日本の原点を感じるひととき。

映画監督 小津安二郎

(おづ やすじろう、1903年12月12日 - 1963年12月12日)

東京 深川で生まれ、9歳のときに父の故郷である三重の松阪に転居。映画館通いに熱中して学校の授業には出なかったため、不良学生として寄宿舎から追放されたという逸話も。松阪の尋常小学校に1年間の代用教員として赴任。1923年(大正12年)3月に東京へ。親類のつてで松竹蒲田撮影所に入社。1927年(昭和2年)『懺悔の刃』で初監督を務めました。戦前は、『大学は出たけれど』、『生れてはみたけれど』などユーモア溢れる作風の監督として知られ、戦争中は軍部報道映画班としてシンガポールへ赴任。ここで、『風と共に去りぬ』など、接収された大量のハリウッド映画を観て過ごしたそうです。

戦後は、『晩春』『麦秋』『東京物語』などの名作を立て続けに発表し、日本映画界の重鎮となった小津監督。この時期の作品は、ほとんど前衛的とすら言える一貫した独自のスタイルに貫かれ、近づきがたい印象さえ一部の人間に与えていますが、一般には松竹映画を代表する「ユーモアとペーソスの映画監督」として知られていました。

フランシス・コッポラやヴィム・ヴェンダース、ジャン=リュック・ゴダール、アキ・カウリスマキなど著名な映画人たちが小津映画への敬愛を口にし、国際的に評価が高く、溝口健二、黒澤明と並んで映画監督以上に映像芸術家として知られています。

【送料無料選択可!】小津安二郎 DVD BOX 第二弾 / 邦画 

 日本クラウン オムニバス/小津安二郎映画音楽集~小津安二郎生誕100年記念企画作品~ 

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

« 主 人 公 | トップページ | 小津スタイル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

happy01小津監督。好きな監督の一人です。東京物語は、おそらく5,6回見ていると思います。

小津監督は「風と共に去りぬ」を観て驚愕したらしいです。こんな大作を製作する国と日本は戦争をするのか!と。

小津監督ですか、、巨匠ですね。

小津監督といえば、日本酒の「ダイヤ菊」ですね。
監督の愛飲した諏訪の名酒です。
監督が愛した風土と酒を堪能しに酒蔵へ行かれてみては?
http://www.shopdaiya.jp/tra/index.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/43659806

この記事へのトラックバック一覧です: 映画監督 小津安二郎:

« 主 人 公 | トップページ | 小津スタイル »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。