毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の30件の投稿

文化の香り高く

お食事のあとは、少し休んで館内を散歩しました。

天女が舞う輪島塗の大パネル、生演奏の琴が響く浮き舞台を備えた、豪華な和風空間のラウンジ。日本庭園を併設した本格茶室まであります。

http://www.kagaya.co.jp/kagaya/facilities/index.html

そして、加賀・能登の名産品や工芸品、日本海の幸などを揃えたお店がずらりとたくさん並びます。また華やかなレビューのショーや、お囃子が響く 祭り小屋など。http://www.kagaya.co.jp/kagaya/pleasure/index.html

20081130_83823610

  【見立て弁財天】

童女が正倉院に伝わる琵琶を楽しく奏でる姿を描いたものです。

加賀友禅 二代目  由水 十久 作

壁一面の大きな作品で、とてもかわいらしかったです。

また金沢にゆかりのある、徳田八十吉や(写真上です)、大樋年雄などのたくさんの美術品も飾られており、ゆっくりと楽しめました。

20081130_83858344

20081130_83910876

加賀屋さんの中で、なんでも楽しむことができ、またたくさんの飾られた美術品に、加賀屋さんそのものが大きな美術館のようでした。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

実りの秋を味わう

ゆっくりとお風呂を入ったあとは、

いよいよ楽しみな お夕食ですshine

加賀屋さんのお料理は、新鮮な海の幸、栄養満点な山の幸、そして、 加賀れんこんや五郎島金時(さつまいも)などの加賀野菜をふんだんに使った創作料理の数々。能登牛やふかひれを使ったものもありました。写真はメニューの一部です。

http://www.kagaya.co.jp/kagaya/ryouri/index.html

20081128_223710844

20081128_223724907

20081128_223748735

客室係の方のお食事を出して下さるタイミングもちょうどよく、あたたかいものはあたたかいうちに、美味しくお部屋でいただきました。

20081128_223800516_2

20081128_223812079_2

食材に恵まれた能登半島ならではの、゛くちこ゛もいただきました。能登半島の穴水湾で育まれたナマコの卵巣を三角形にして干して作った[ばちこ]です。北大路魯山人 が絶賛したのが穴水の[くちこ]です。口一杯に芳醇な香りが広がります。能登の地酒にもぴったりあって、とっても最高でした!

20081128_223827563

お刺身もやはり、ぷりっぷりで、とっても甘くてお美味しかったです。ゆっくりとくつろいで、楽しくお喋りしながら、お食事を楽しむことができました。贅を凝らしたたくさんのお料理は、加賀屋さんのおもてなしの心が伝わってきました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

presentリンク先 楽天

         お正月は加賀屋さんのおせち・海鮮鍋で

presentリンク先 楽天 

            能登の珍味 くちこ

辨天の湯と花神の湯

和倉温泉を訪れたのは初めてで、どんなお湯なのかと楽しみにしていましたspa和倉温泉は、1,200年もの歴史があり、地下の花崗岩に含まれる水晶をくぐり抜け、透明なお湯が絶えることなく湧き出ています。江戸時代に東海道中膝栗毛を著した十返舎一九が効能を書き記しているほど、全国でも著名な温泉の一つなのだそうです。源泉100%の飲み湯コーナーがあったので、おそるおそる、さかずき一杯程度を飲んでみました。塩化物泉で高張性(高濃度)のため、とっても強い味で、塩辛かったです。

婦人専用大浴場は”辨天の湯”(べんてんのゆ)と“花神の湯”(かしんのゆ)があり、どちらも広々としていて、ゆっくりと過せます。

http://www.kagaya.co.jp/kagaya/spa/spa_lady.html

”辨天の湯”は、海に突きだした“空中露天風呂”と岩造りの“野天風呂”で、開放的な入浴が楽しめます。

20081128_93146501 能登

20081128_93216735

色とりどりのイタリア製タイルが鮮やかな“花神の湯”は、斬新なデザインの天井と、ガラス越しに広がる海とのマッチングが絶妙な空間です。華やかなでお洒落な浴場は、どこにも見たことがないような造りで、とても驚きましたshinehttp://www.kagaya.co.jp/kagaya/spa/spa_lady.html

cloverローズウッドの香り 
cloverレモングラスの香り 
cloverローズマリーの香り 
cloverグレープフルーツの香り 
cloverゼラニウムの香り
cloverイランイランの香り 
cloverラベンダーの香り 

と、シャンプー・トリートメント・ボディソープとも5種類のアロマの香りを楽しめるなんて、さすが、加賀屋さんです。

お湯はとてもさらさらとしていて、お肌もすべすべにshine

浴槽の向こうに広がる七尾湾を眺めながら、ゆっくりと和倉温泉 加賀屋さんのお湯を楽しみましたspa

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

夕景の七尾湾に思ふ

20081127_73838672

加賀屋さんのお部屋の窓からは、

風光明媚な七尾湾、和倉の浦が広がります。

美しい夕景のひとときです。

ゆっくりと飛んでゆく鳥たちも、この景色にあいまって

のどかな風情を醸し出しています。

20081127_73927047

これまでの 母の苦労も うちとけて  

       茜色に染まりたる 七尾の海に

長年、ずっと働きづめで苦労をしてきた母。

少しでも母に喜んでもらいたい、

楽しいね、しあわせだなぁって感じてもらいたい。

しばしの間、母とふたり、七尾湾の夕景を

        ゆっくりと見つめていました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

加賀屋さんにて

加賀屋さんの予約にあたっては、いろいろと調べたのですが、なかなかいいお値段です。思案していたところ、お世話になっている方にお願いして、御取り計らいいただいて、特別ルートで予約をしていただきました。

ちょっぴりどきどきしながら、いよいよ加賀屋さんへ。

チェックインの際に、笑顔で

「富澤さま、お待ちしておりました。

ご予約いただいたお部屋よりも、

ひとつ上のランクのお部屋を

ご用意させていただきました」

さっそく、嬉しいサプライズですshineshineshine

20081127_73810344

客室係りの方の丁寧な案内を受けながら、広い加賀屋さんの中をお部屋へと案内していただきました。途中、空中に浮かぶ大きなラウンジや能登や加賀のお土産を扱うたくさんの売店、いくつかの劇場などなど、とても豪華な造りに驚きました。

Room141 和倉温泉

きれいな広々としたお部屋にびっくりです!

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

和倉温泉 加賀屋

金沢からサンダーバードに乗って、

JR北陸本線から七尾線を通って、和倉温泉へ。

和倉温泉 加賀屋

http://www.kagaya.co.jp/

20081125_85854547

母がかねてから、加賀屋さんに行ってみたいと言っていたので、今回、こうして金沢を訪れることができたのをよい機会にと思い、和倉温泉の加賀屋さんに泊まることにしましたshine

和倉温泉の加賀屋さんというと、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で何度も各部門や総合部門第1位に輝いているところですcrown

http://www.ryoko-net.co.jp/event1.php

明治39年の創業以来培われた加賀屋伝統の心のこもった、おもてなしの心をぜひにと思い、訪れました。加賀屋のおもてなしの心は、いつもお客様の満足を第一に考え動いた、創業故先代の女将小田孝の信条から生まれました。小さな気くばり、心くばりを基本にした客室係のサービス。
そして、今ではどこでも見られる習慣、女将によるお部屋回りの挨拶は、ここ加賀屋で始まりまりました。小田孝は、お客様には「できません」とはいわないようにして、一人一人のお客様と真剣勝負をするつもりで、サービスにあたりました。その心が、今も受け継がれ、加賀屋でなければ体験できない「心のこもったおもてなし」が受け継がれているそうです。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

金沢のお天気

石川県は、四季がはっきりとした冷温帯気候です。基本的に夏は高温多雨、冬は寒く降雪量が多い雪国です。

北部に位置する能登は大陸性気候の影響が強く、寒暖の差が大きいものの、南部の金沢、加賀などは、温暖な気候となります。

sunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunrain

金沢に住んでいた頃、こういった言葉を教えてもらいました。

『 弁当忘れても 傘忘れるな 』

天気が変わりやすく、雨や雪が降ることが多いのです。

sunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunraincloudsunrain

この秋の北陸の旅の間は、

毎日、本当に素晴らしい秋晴れに恵まれて

楽しく過せましたnote

さて、では明日は、いよいよsign01

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

「金沢」の由縁

金沢をはなれる前に、

「金沢」ってどうして「金沢」と言うのかしら?とshine

「金沢」という都市名は、昔、芋掘り藤五郎が山芋を洗っていたら、砂金が出たため、「金洗いの沢」と呼ばれたという伝説によります。「金洗いの沢」は、兼六園内の金沢神社の隣りにあり、現在は「金城霊沢」と呼ばれています。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

昔、加賀国石川郡山科に藤五郎という男が住んでいた。加賀の介 藤原吉信公の子孫だと言うが、山芋を掘っては売る貧しいその日暮らしをしていた。

 ある日のこと、大和国初瀬の長者、生玉の方信夫妻が、娘の和子を連れて訪ねてきた。なんでも、和子は長谷寺の初瀬観音の申し子で、観音の夢告があったから、和子は藤五郎と夫婦にならねばならないと言う。そして娘を押し付けて帰っていった。和子は財宝を沢山持参してきたが、藤五郎はそれをみな周りに配ってしまった。

 二人が夫婦になった後のある日、方信が砂金一袋を贈ってきた。藤五郎はそれを持って買い物に出かけたが、途中で田の雁を見つけて砂金の袋を投げつけ、手ぶらで戻ってきた。それを知った和子が「あれは貴い黄金というものなのに」と呆れ嘆くと、藤五郎は「こんなものが尊いと言うなら、いつも掘る芋の根にいくらでも付いてくる」と言い、山から砂金混じりの土の付いた芋を掘ってきて沢で洗った。後に、この沢は金洗いの沢と呼ばれることになった。今の兼六公園の泉はその跡で、金沢の地名もここから起こったものである。

という伝説にもとづくものだそうです。

富沢が金沢の由縁をお伝えしましたkaraoke

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

金沢駅へ

新鮮で美味しい海鮮丼を堪能して、ホテルに荷物を取りに行き、タクシーで金沢駅へ。

Motenashidome31

金沢駅東口に近づくと、びっくりsign01

見上げるほどの大きな大きな門とガラスのドームですshine

http://www.pref.ishikawa.jp/toshi/keikantaisho/kako%20jushou/H17/motenashidome.htm

加賀宝生(かがほうしょう:能楽の流派のひとつです)をモチーフとし、木製の集成材により和風建築的に構成された「鼓門(つづみもん)」は、「伝統と創造のまち金沢」をイメージさせます。藩政時代から盛んだった「能」や「素囃子」に用いられた「鼓」をイメージしたデザインとなっていて、確かに、よく見ると二本の柱は鼓を立てた形に見えます。

アルミ合金とガラスを素材とした「ガラスドーム」は、雨に濡れないようにそっと傘を差し出す金沢の人のやさしさ、もてなしの心を表現しているそうです。これらが、周辺の景観とも調和し、金沢の新たなシンボルとして、憩い・やすらぎ及びにぎわい創出に寄与する景観となっています。

平成17年の春に出来上がったそうで、私が住んでいた頃にはなかったものです。金沢の玄関口として、新しいシンボルのもてなしドーム・鼓門。さわやかな秋の風を感じる10月の初めの金沢でした。

さて、金沢駅に着いて、もうお帰りですか?       いえいえ、旅はこれからです。この秋の北陸の旅のメインイベントは、ここから始まります。明日をお楽しみにshine

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

近江町市場寿し

20081119_84931063

お昼ごはんには、

近江町市場で

行列のできる店

【近江町市場寿し】へ。

いくつか市場内にお食事できるところがあったのですが、母とここがいいねと選びました。「安い」「うまい」「新鮮」の三拍子揃った板前さんが握る行列のできるお店だそうです。市場直送の新鮮な魚が味わえるとあって、観光客はもちろん地元での評判も高く、金沢の台所・近江町市場へ来たら是非happy01sign01おすすめです。

20081119_84950876

地物をはじめとする新鮮な魚介類が、いっぱいに盛られた特上海鮮丼1,680円を戴きました。ぷりっぷりの美味しいネタが見事にうまく相まって、絶妙な美味しさを醸し出しています。同じ海鮮丼なのに、不思議と東京で戴くお味と違うんですね。市場ならではの新鮮なネタは、やっぱり最高ですcrowncrowncrown

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

新鮮な魚介類をたっぷりと!

母が、妹のところへお魚などを送ってあげたいというので、近江町市場で、お買い物しました。あちこち見て回っているとどこもびっくりするようなお安いお値段と、たくさんの魚介類に目移りして迷ってしまいます。

20081120_84450094

20081120_84421157_2

20081120_84438001

ようやくこちらのお店でと決めて、たっくさんの新鮮な甘海老に、袋にいっぱい入った牡蠣など、地元、石川県で採れたての旬の新鮮な魚介類を箱いっぱい詰め込んで送ってあげました。

金沢に住んでいた頃、こうして近江町市場で、お買い物して、自宅でおなかいっぱいになるくらい、甘海老やウニなどを食べたり、牡蠣の土手鍋をしたりしたのを懐かしく思い出していました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

近江町市場にて

金沢城公園をのんびりと散策し、森八本店でお目当ての「しば舟」を買い求めて、今度は、金沢市民の食の台所、近江町市場へ。http://www.ohmicho-ichiba.com/

20081119_90108516

近江町市場(おうみちょういちば)は、約280年の歴史を誇る市場。市場には全部で7ヶ所の入口があり、その点を線でつなぐと「女」という字になるといわれます。金沢・能登の特産品や加賀野菜、魚介類などの生鮮産品を主体にした約180店舗がずらりと並んで、地元の買い物客はもちろん観光客にも人気があり、終日賑わいをみせています。私が住んでいた高岡町からは、自転車で5分ほどのところにあり、金沢に住んでいた頃、いつもここ、近江町市場に来ていました。

加賀蓮根、丸大根、金時草(きんじそう)をご存じですか。くちこ、黒づくり、コウバコって食した事がありますか。ずらりと並ぶ、加賀、能登のたくさんの食材に、母もとても興味深そうです。お店の人にあれこれと尋ねている様子をほほえましく見ていました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

花王富貴

森八本店で、とても美しいお花をみつけました。

20081103_174706969_2

【 花王富貴 】 

「 古来、その美しさ、あでやかさの故に

 百花の王と讃えられながら、凛として佇む姿には

 古の貴人のごとき風格すら感じられます。 」

20081118_213424907

【 花王富貴 】牡丹 (ボタン)です。原産地の中国では「花王」「富貴花」などと呼ばれ、国を代表する花として親しまれているボタンは昔から“百花の王”と呼ばれてきました。日本へは、奈良時代の聖武天皇のころに渡来したといいます。元来は根を漢方薬に用いたのですが、とても花がきれいなので、平安時代ごろから観賞用に植えられ、江戸時代にはさかんに品種改良がほどこされました。そして豪華絢爛な品種がさかんに生み出されてきました。

こちらの大輪の花は、お菓子で出来たものだそうです。この見事な八重咲きに見入っていると、花言葉の「壮麗」「高貴」「富貴」という言葉がぴったりですね。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

森八のしば舟

日本三名菓の一つと言われている森八の「長生殿」。

http://www.morihachi.co.jp/03product/index.html

森八は、1625年(寛永2年)に創業。この「長生殿」(ちょうせいでん)という上質な和三盆糖をもちいた落雁の一種は、加賀藩三代藩主 前田利常公の創意と小堀遠州卿の命名により生まれた三百数十年間変わらぬ製法を守り続けている銘菓です。森八というと、他にも「千歳」や「黒羊羹」などが有名なのだそうですが、叔母へのお土産に、森八本店に「しば舟」を買い求めに行きました。

「しば舟」(しばふね)というのは、小波を型どって焼き上げた煎餅におろしたての生姜と 砂糖を使って仕上げた風味豊かな生姜煎餅です。表面が砂糖で化粧引きされており、うっすらと雪のかぶった舟を連想させます。柴舟は、柴舟小出の「柴舟」が有名なのだそうですが、http://www.shibafunekoide.co.jp/ 

叔母は、森八の「しば舟」の方が好みとのことで、本店でのみ扱っていると聞き、森八本店へ。

歴史と風格を感じる店内には、美味しそうなお菓子がずらりと。ありました!森八の「しば舟」です。お土産のほかにも数枚買い求めて、母と戴いてみましたが、ほんのりと生姜の風味が味わい深く、品のあるとても美味しい「しば舟」でした。

20081103_174611688

 

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

日本三大銘菓

歴史あるお城が発達した町には、美味しいお菓子があります。これは、茶の湯が盛んとなり、それにともなってさまざまなお菓子が出来て、和菓子の文化が盛んになったことによるものだと思われます。

日本人は数字の中でも「三」を好むようです。
ものごとや人物を「三」でくくることって多いですよね。観光地などでも,「ここは日本三大○○の一つですよ。」と説明されることがありますね。

日本三大銘菓なるものがあるのを初めて知りました。

誰が、どういう基準で決めたのか、よく分からないのですが、三大銘菓とも四大銘菓とも言われるそうです。

   shine【日本三大銘菓】shine

crown金沢森八・長生殿(石川県金沢市)

 http://www.morihachi.co.jp/

shine画像&リンク先 楽天

crown長岡大和屋・越の雪(新潟県長岡市)

 http://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/

crown松江風流堂・山川(島根県松江市)

 http://www.furyudo.jp/

crown福岡松屋・鶏卵素麺(福岡県福岡市)

http://www.joho-fukuoka.or.jp/seikatsu/kensan/meika/meika04.html

みなさんは、いくつお召し上がりになったことがありますか?

私は、金沢森八・長生殿と福岡松屋・鶏卵素麺を戴いたことがあります。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

剣梅鉢

20081103_174530376

 

石川門にて、屋根瓦の庇(ひさし)を見上げると、

そこには、加賀前田家の家紋 剣梅鉢が。

加賀前田家の家紋 

「梅鉢」 剣梅鉢(けんうめばち)。

中央に鉢と呼ばれる太鼓の鉢のようなものを囲んだ形です。

Kamonn41加賀前田家は菅原家の子孫、故に「梅鉢」を家紋にした、という説があるそうです。しかし、加賀前田家の出自は不明の点が多く、加賀前田家は菅原家の子孫であるというのは、伝説であるとも言われています。学問の神と讃えられる「菅原道真」は、「梅鉢」を家紋に用いていたとされていますが、しかし菅原家は「梅鉢」に縁もゆかりもなく、「梅鉢」を家紋としていた事実は存在しないといいます。

これは加賀の前田家が行った領民政策の1つで、前田家の家紋こそが「梅鉢」なのです。前田利家は、自らも菅原道真公に心酔していたようで、民衆に人気の高い菅原道真公の威光を利用し、「前田家は菅原家の末裔である」と称したのです。そして、天神様の家紋までが「梅鉢」となってしまいました。

道真公が生前、梅の花を愛し、歌にも詠んだとことから「菅原家=梅鉢」という方程式が出来上がってしまったのは、自然の流れなのかもしれません。

『ニュースステーション』の中継のときに、この剣梅鉢についても触れ、今では、最中(お菓子のもなかです)をはじめさまざまなところに使われていると紹介したのをよく覚えています。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

思ひ出の石川門

20081103_174455501

石川門

金沢城の搦手門(からめてもん)(裏門)として重要な位置にあり、河北門、橋爪門とともに金沢城の「三御門」と呼ばれました。櫓(やぐら)と櫓を長屋でつないだ重厚な枡形門に造られています。宝暦の大火(1759)の後、天明八年(1788)に再建され、現在に伝わっています。昭和25年(1950)国の重要文化財に指定されました。

金沢城公園で、ひときわ思ひ出深い石川門。

「今、私がいるのは金沢城 石川門の前です」

懐かしいこのフレーズ。

北陸朝日放送時代、『Nステ』(ニュースステーション)の全国中継で、ここ金沢城の歴史や能登の御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)を紹介し、金沢城をライトアップするというものでした。スタッフ総勢60名あまり、お伝えするのは、新人アナウンサーの富澤です。私の一番の思ひ出のお仕事でもある『ニュースステーション』の全国中継。そう、ここ金沢城だったんだよなぁ。ものすごーく大変で、やり甲斐のある中継で、人生一番の大仕事となりました。思ひ出の石川門です。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

秋晴れの金沢城

翌朝も、秋晴れのとてもさわやかでよいお天気に恵まれました。

ホテルの直ぐ目の前は、金沢城です。母と一緒に朝食の後、金沢城を散策しました。

金沢城公園

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/

20081103_174337141金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれ、小立野(おだつの)台地の先端に位置する金沢城(かなざわじょう)。石川県金沢市丸の内にある戦国時代から江戸時代にかけての平山城跡で、加賀藩主 前田氏の居城でした。また、隣にある兼六園は、金沢城に付属してつくられた大名庭園です。

20081103_174354266金沢城は1546年に本願寺が金沢御堂を創建したことに始まります。その後、1580年に織田信長の命を受けた佐久間盛政が金沢御堂を制圧入城し尾山城としました。1583年に前田利家が入城し1869年(明治2年)まで加賀藩前田家十四代の居城として金沢城が置かれました。金沢城はその後終戦まで陸軍の拠点として用いられ、その後1995年まで金沢大学キャンパスとして利用されていましたが1996年から金沢城公園として一般に開放されるようになりました。

20081103_174412813度重なる火災によって消失した金沢城は1999年に着工され2001年7月に菱櫓・五十間長屋、橋爪門続櫓が完成しました。菱櫓・五十間長屋、橋爪門続櫓は、1809年金沢城再建時の姿に可能な限り忠実に復元されているそうです。菱櫓・五十間長屋、橋爪門続櫓の施設内入場以外は無料で開放されており、無料で見れる範囲でも見所が多く、充分楽しめます。

広々とした秋晴れの金沢城公園を母と一緒にのんびりと散策して楽しみました。加賀百万石の息吹を現在に伝える金沢城。こういった歴史的にも素晴らしい場所を気軽に楽しめるというのは、あらためて、金沢ってよいところだなぁと感じました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

夜のタイムスリップ

美味しかったお食事を楽しんで、ぶらりと散歩しながら、夜の金沢の街を歩きました。

Oyamay31Oyamay21_2香林坊をあとにして、右に尾山神社のライトアップで静かに輝くステンドグラスを見やりながら、ゆっくりと進みます。尾山神社は、加賀藩祖・前田利家公と正室・お松の方を祀る神社です。ステンドグラスが美しい和漢洋の三様式を折衷した独特の形をもつ神門は重要文化財に指定されています。

ほどなくして、母と、そう!ここだねーと。左側の高岡町の或る角を入ったところにあるマンション。ここだったよね。私が住んでいたのは。懐かしい。本当に懐かしいなぁ。この広い通りはオフィス街でビルが立ち並ぶ中、一本奥に入るととても静かで、金沢ニューグランドホテルや武家屋敷跡にも近く。

ここ金沢に住んでいた当時のいろんなことを思い出していました。なんだかタイムスリップして、私が住んでいた頃の金沢を訪れたような、とても懐かしく不思議な気持ちの一夜でした。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

ヤッホー茶漬け

金沢の片町や香林坊には、たくさんの美味しい食事を戴けるお店がありますが、このちょっとユニークなお店の存在を知ったのは、今春でした。

  志な野 ( しなの )

石川県金沢市片町1-10-10   電話 076-222-0323

「ヤッホー茶漬」こと「志な野茶漬」。

片町で飲んだことがある金沢人なら知らない人はいないくらい有名!なお店だそうです。

・店内では「やっほー」のみが、合言葉(お茶漬けはおかわりし放題)

・メニューはしなの茶漬け700円だけ。他にもおでんとかありますが、誰も注文しない

・ご飯は何杯食べてもいいが、ご飯にのせる具が皿の上に置いてあって、それがなくなるとお代わりはできない。おかずは少しづつ、鮭、たらこ、梅干し、じゃこ、野沢菜とか10種類ぐらい。だしをかけて食べるが、結構、美味しいそうです。

・おかわりの際に、客の方も、ヤッホーといって茶碗を差し出さないと、いけない。聞こえるように大きい声で言うように!

昔は、店主の親父さんが突如「やぁぁぁぁっ!」と始まると、
エールを贈られた客「ほぉぉぉ!」という掛け合いがあった?とも。

夜中でも外に並んでまで待っている人がいることも。

決してエンタテイメントのみならず、ある種のシュールさがある。

どんなお店なのだろう?と、

ぜひ体験してみたい、食してみたいヤッホー茶漬けです。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

金沢のお刺身はあまーい!

どこがいいかなぁ、このお店はどう?いや、ここではなくて・・・もうちょっと先に行ってみる?

母とあちこちお店を見てまわりながら、ぐるっと片町から香林坊をめぐりました。なかなかここはというお店がない中、香林坊109まで行くと、はす向いの近くのビルの地下に入っている1軒のお店に目がとまり、母がここはどうかしらと。

入ってみると、そこは観光客向けというよりは地元の人たちが気軽に食事を楽しめる雰囲気shineお値段もどれもそう高くはなく、手ごろな感じでいろいろと楽しめそうです。

20081103_174300501

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

お刺身の盛り合わせをいただいてみました!

これが、あまーいcrowncrowncrown

新鮮なお刺身って、こんなにあまくて美味しいの!?とびっくりするくらいheart01

ぷりっぷりのとってもあまくて美味しいお刺身ですshine

20081103_174311157

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

鴨の冶部煮も、とても美味しく、母も、どれも美味しくてよいところだったねと喜んでいました。

母の選択眼は大正解でしたcrown

金沢を訪れたら、また気軽にふらっと入ってみたいお店です。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

鴨の治部煮

20081103_174311157

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

【鴨の治部煮】 (かものじぶに)

代表的な加賀料理のひとつです。

懐かしくて食べてみたいなぁって思いました。

加賀百万石文化は武家文化です。昔から金沢の人は口がおごっていて、今も残る郷土料理はご馳走としての料理が殆どだそうです。加賀料理の特徴は甘辛くとろみがあり、それは、寒い時期が長いこの地方独特のものです。治部煮には武士が猟をした獲物の鴨や雉の肉が使われたそうです。いわば武家文化の郷土料理です。治部煮は輪島塗りの“治部煮椀”に盛って供する習慣があります。外様ではありますが徳川御三家同格の扱いの全国最大の藩であったことがうかがわれます。「治部」という名の由来は、この料理を考え出した人の名前という説とじぶじぶと煮るからという説があります。鴨の甘みを生かした煮汁でいただくお料理。 味わいがあり、表面がとろっとしていて、とても美味しいのです。

材料(4人分)
ブナシメジ 200g
鴨(鶏)胸肉 2枚
1/2束
すだれ麩 1枚
わさび 小1本
片栗粉 1カップ
百合根 1個
酢・塩 少々
筍(水煮) 300g
煮汁A
だし汁…300cc、みりん…25cc、塩…少々、薄口しょう油…30cc
煮汁B
だし汁…600cc、酒…100cc、みりん…70cc、砂糖…大さじ1・1/2、しょう油…70cc

(1)鴨肉は余分な脂を取り5mm厚でそぎ切りし、切り口を包丁の刃先で軽く叩いて、片栗粉を両面にまぶす。

(2)芹は根元を切り落とし、根元に近い部分を紐でくくり、鍋で塩を加えた熱湯に芹を入れさっと湯がき直ちに氷水に落とし冷やす。ブナシメジは石づきを取り小房に分け、煮汁Aを入れブナシメジをさっと煮て味を含ませ引き上げる。百合根は薄切りにし、酢と塩で下茹でする。

(3)すだれ麩は2等分し、縦に4等分したら、結び、(2)の煮汁で煮る。

(4)鍋に煮汁Bを沸かしその中に片栗粉をまぶした鴨を入れ沸騰させとろみをつける。

(5)わさびをおろし、少量のボールに入れ煮汁を少し加えて泡たて器で溶きのばし、(4)に加える。

(6)芹はブナシメジの煮汁を適当にとり軽く温め、器に盛り付け煮汁を後から注ぎ、わさびのおろしを上に添える。

本来は、天然の真鴨を使うようです。ご自宅で合鴨や鶏胸肉などで作られてみてはいかがでしょうか。芹(せり)を使うのがポイントのひとつです。百合根のほくほくとした食感も、私は大好きです。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

香林坊・片町の夜

少し部屋で休んでから母と散歩がてら、

         歩いて香林坊・片町へ。

北陸最大とも言われる繁華街の香林坊・片町shine

香林坊(こうりんぼう)は、石川県金沢市の中心部にあります。町名の由来は、諸説ありますが、比叡山の僧であった香林坊が還俗して(「げんぞく」とは、僧侶から俗人に戻ることです)、この地の町人向田家の跡取り向田香林坊(むこうだこうりんぼう)となり、以来、目薬の製造販売に成功して「香林坊家」として繁栄したという説が有力とのこと。再開発された映画街の広場には、この由来にちなんで、メグスリノキが植生されています。ショッピングや映画を楽しむことができる昼夜とも賑やかな金沢の繁華街です。

片町は、夜となると多くの人が集まります。犀川大橋から香林坊に至る国道157号沿いにある金沢を代表する繁華街です。数多くの飲食店が集中し「金沢の夜の顔」です。そもそも金沢城下の始まりとされる尾山八町は現在の香林坊あたりまででしたが、その後、城下町の拡大に伴い犀川近くまで町が広がりました。町名の由来は、片側に掛け作りの家が並んだことから「片町」と呼ばれるようになったといいます。片町商店街には飲食店のほか、九谷焼、輪島漆器などを揃えた店舗が立ち並びます。

街中を歩いていると、見慣れた懐かしい景色が心にしみわたるかのよう。あぁ、ここの通り、覚えてる。こんなふうに今はまた発展してきているのだなぁ。そうそう、ここにこのお店あったよね。

どこのお店がいいかなぁと話しながら、お母さんの入りたいお店でいいよと、お店の選択を母に任せてしまい、香林坊・片町の夜の雰囲気を懐かしく味わっていました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

金沢にて

Kotsu1和田屋さんでのご披露宴お開き後、

ご新郎ご新婦にご挨拶をして、

加賀一ノ宮駅へ。

初めて乗る北陸鉄道は、

とても、のどかなあたたかな感じでした。

そして、“鶴来”を経て“野町駅”から金沢入りしました。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

『金沢』

新旧渾然として

古い街並みと、新しい建物が一体となった独特の街の香り。

あぁ、懐かしい。そう、こういった感じだったよね。

まるでタイムスリップしたかのような不思議な気持ちになりました。

1036s1

片町・香林坊を通り、母が待つ、KKRホテル金沢へ。

KKRホテル金沢

http://www.kkrhotelkanazawa.gr.jp/

母を新潟から招いて、一緒に秋の金沢や北陸路を旅しようと楽しみにしていましたshine

ここKKRホテル金沢は、金沢城公園の大手堀の目の前にあり、その隣には兼六園。香林坊や片町までも歩いてゆける距離にあり、とても便利です。静かでお部屋もとても綺麗で、朝食も美味しく、とてもよかったです。おススメです。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

手取川

【手取川】(てどりがわ)

霊峰 白山を源流とし、急流なるが故に旅人たちが「手を取り合って」渡ったと いう手取川。石川の通称で呼ばれた時代もあり、郡名および県名の由来となっています。

白山連峰の麓に位置する松任平野に手取川の醸造元、吉田酒造店さんはあります。

清酒   手 取 川

http://www.tedorigawa.com/

柔らかな味わい、まろやかな旨口と深みのある香りは、石川の清廉なイメージにぴったりのお酒で美味しいですよねshine

shine画像&リンク先 楽天

注目されるのは、吉田蔵 大吟醸

今後も人間の感を大切にした酒造りをわざとして継承していく為、蔵内を敢えて2つに仕切り「山本蔵」と「吉田蔵」を作り、ベテラン能登杜氏「山本輝幸」の技術をここ10年で社長の子息「吉田行成」に継承していくことを目標としているそうです。特に吉田蔵 大吟醸は新酒鑑評会入選を目指し若き杜氏が心血を注いだ酒です。

shine画像&リンク先 楽天

そして、手取川 ・大吟醸 鳥越城

名水百選の湧き水で仕込んだ大吟醸酒 限定品です。
手取川源泉近く鳥越村(とりごえむら)の協力で、名水百選にも数えられる鳥越の湧き水を仕込み水として仕込んだ究極のお酒です。
水・米・仕込み・熟成など徹底的にこだわりった酒。
味わいにおいて、 香り、口当たり、のど越し、すべてがバランスの良い逸品です。古今巡錫、つわものどもの夢の跡を語る渋く厚い男性的な旨口酒。
手取川蔵の最上位の酒です。

shine画像&リンク先 楽天

こうして見てゆくと、日本酒の奥深さを感じます。これからの寒くなる季節に、美味しい日本酒いいですよねshine

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

加賀の銘酒 菊姫

【菊姫】

石川県白山市鶴来新町にある加賀の銘酒です。

http://www.kikuhime.co.jp/

【菊姫】は、「菊酒」、「菊理媛神」(くくりひめのかみ)(白山比咩神社御祭神)にあやかり命名されたと伝えられています。

http://www.kikuhime.co.jp/ (加賀菊酒考より)

天下の銘酒・加賀菊酒とは、この菊姫のことです。菊姫さんは、とにかくこだわりの酒蔵であり、 菊姫の原料米は、普通酒にいたるまで山田錦を使用し、出来上がったお酒にしても、おりさげや色抜きは極力少なくしています。(おりさげ・澱下げとは、貯蔵しているうちにお酒の中に溶けているタンパク質が変化して不溶化するため、透明度が落ちてくることがあるそうです。そこで、柿渋などの「澱下げ剤」を使ってにごりの原因となるタンパク質を沈殿、除去します。)

菊姫が、その年ごとに最高の造りと認めた吟醸酒をさらに十余年の歳月をかけ、ゆっくりと熟成した酒。それが「菊理媛」です。
名前の由来は「菊姫」同様、白山信仰の御祭神「菊理媛(くくりひめ)」から来ています。つまり、「菊姫の中の菊姫」を象徴する酒として誕生した「菊理媛」。とてもしっかりとした味わい深い菊姫大吟醸は戴いたことがありますが、こういった菊理媛(くくりひめ)や黒吟という限定のお品は、また格別のお味なのでしょう。

shine画像&リンク先 楽天

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

白山比咩神社

20081103_174214688_2

秋晴れのとてもよいお天気に恵まれ、

挙式前に、白山比咩神社を参拝して、御朱印を戴きました。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

「加賀一ノ宮」として尊敬され、「白山(しらやま)さん」として親しまれている

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

http://www.shirayama.or.jp/

一宮・一の宮(いちのみや)とは. 江戸時代以前の日本諸国で最も社格の高い神社のことなのだそうです。さすがとても立派な造り。北陸鎮護の大社です。

霊峰白山(はくさん)をご神体とする白山神社の総本宮。創建は紀元前91年とされ、養老元年(717)に大師が白山を開山してからは、全国に3000余りの宗徒を数えるほどに隆盛を極めました。白山比咩神社は、白山比咩大神【しらやまひめのおおかみ】(菊理媛神【くくりひめのかみ】)・伊弉諾神【いざなぎのかみ】・伊弉冉神【いざなみのかみ】の三柱をご祭神として、御祀しています。

全国に奉斎されている三千有余の白山神社の総本宮として“白山信仰”の中心をなしています。後に末社三宮であった現在地の鶴来町に移り、山頂にある神祠は奥宮として祀られています。

境内にある宝物館には狛犬一対(重要文化財)前田家ゆかりの品々を展示しています。

加賀百万石の所縁の地、あたりには歴史を感じさせる石碑や神社・仏閣が立ち並びます。

20081103_174235954_2

松尾芭蕉の句碑を見つけました。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

『 風かをる 越しの白嶺を 国の華 』

 風かをるこしのしらねを くにのはな

俳聖 芭蕉翁が、奥野細道の途次に白山の姿を讃えて詠んだものです。

ご縁あって、本当に素晴らしい白山比咩神社を訪れることができて、とっても嬉しかったです。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

和のオリジナルウェディング

ご披露宴の前日に石川県入りして、初めて新郎新婦お二人にお目にかかりました。半年あまりの間、ご新婦さまから、さまざまな話題におよんだ、明るく楽しいメールをいつも戴いていて、お会いできるのをとても楽しみにnote本当にさわやかで素敵なお二人で、お人柄のよさが伝わってきましたshine

挙式を「加賀一ノ宮」として尊敬され、「白山(しらやま)さん」として親しまれている

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)にて

http://www.shirayama.or.jp/

20081102_193156891_2神社の境内にある和田屋(わたや)さんにてのご披露宴という

http://www.tsurugi-wataya.co.jp/

和のオリジナルウェディングshine

当日は、秋晴れの素晴らしいお天気に恵まれsun紋付袴姿の凛々しいご新郎と、真っ白な白無垢姿がとても美しいご新婦heart

20081102_193215204白無垢でご披露宴へ皆様のお出迎えをする際、白無垢に薄紫色のレースをかけられていて、美容着付けの先生がご趣味でご自分でレースの生地に色を染めて、縫われたとのこと。初めて拝見したのですが、とても品よく、素敵でした。また、ご新郎のお父さまがお二人の小さい頃の写真を元にビデオを作られて、みなさまにご覧いただくなど、とてもあたたかみのあるセンスのよい和のオリジナルウェディングでした。石川県でアナウンサーをしていたことをきっかけにご縁を戴いて、こうしてお二人の一生に一度の大切な日のお手伝いが出来たことが、とっても嬉しかったですshineこうしてまた石川県を訪れることができ、私自身にとっても、とても大切な一日になりました。

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますheart01

秋の石川~新潟 北陸の旅

20081102_80723469A few years ago.(数年前のことです)

4月の或る日、

1通のメールを頂きました。

その方は、関東のご出身で、現在は石川県にお住まいで、半年後の10月に、ご結婚をされるとのこと。

ついては、ご披露宴の司会者にと、私のホームページをご覧いただいてhttp://homepage2.nifty.com/sunflower15/ お声掛け下さったのです。

『嬉しい!石川に行けるんだshine

一生に一度の大切なご披露宴の司会にと、ご依頼いただいた嬉しさももちろんのこと、局のアナウンサーとして勤務していた北陸朝日放送を退職してから、石川県を訪れるのは初めてです。

20081102_80738297

こうして、半年あまりの間、

メールのやりとりでお打ち合わせをすすめ、

数年前の10月の3連休の日に、石川県小松市へとむかいましたairplane

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますshine

ガーベラ

6150201ガーベラは、とてもポピュラーなお花のひとつですねheart01

キク科のガーベラ属。温帯及び熱帯アジア、アフリカの原産で、日本へは明治末ごろやってきたといわれています。発見者であるドイツ人の自然学者ゲルバーの名前からガーベラと名づけられたそうです。

パステルカラーのガーベラには、ゆっくりと元気のパワーを与えてくれ、気力を回復させてくれる作用があると言われています。

花言葉は 『崇高美』 『神秘』。

花言葉のように、神秘的なパワーが秘められている花なんですね。

ちょっと疲れている方がいたら、ガーベラを贈って元気を出してもらいましょうshine

11月の誕生花はガーベラです。

毎月の誕生花をご紹介していますshine

人気blogランキングへ

clover【人気ブログランキング】と【にほんぶろぐ村のライフスタイルブログ】にチャレンジしていますshineブログの右上からです。どうぞよろしくお願い致しますshine

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。