毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 『夜になるまえに』 | トップページ | ル・デッサン »

『潜水服は蝶の夢を見る』

もしかしたら、いつなんどき、自分自身がこういった運命に身をさらされることもありえるのだろう。

映画『潜水服は蝶の夢を見る』

   http://chou-no-yume.com/

2007年カンヌ国際映画祭監督賞受賞・パルムドールノミネート/2007年アカデミー賞監督・脚色・撮影・編集賞ノミネートほか、ゴールデン・グローブ賞 監督賞・外国語映画賞に輝いたジュリアン・シュナーベルの最高傑作と評された作品です。

人生の最高潮の時点で、突然、身体がまったく動かず、唯一動かすことができるのは左目だけ。主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回の左目の瞬きで綴った自伝小説が、原作。ジャン=ドーの自伝は世界31ヶ国で出版され、大ベストセラーとなったそうです。

たとえ身体が潜水服を着ているように重くて動かなくても、僕には記憶と想像力がある―――。言葉をひとつひとつ選んで、左目の瞬きで、文字を文章を作ってゆく。瞬きで語る主人公も、綴ってゆく言語聴覚士も、どんなにか辛抱強く、気の遠くなるような、伝えたいという表現したいという、その思い。斬新で効果的なカメラワークと主人公の独白に、観ているうちに自分自身が次第に、自分自身の体の自由がきかなくなって、重い潜水服をつけて海の奥底に沈んでゆく感覚にとらわれました。詩情あふれる独特の映像美と軽やかに舞う蝶の姿は、まさにジャン=ドーの魂の飛翔。これまでの自分と向き合うことで主人公の想像力が蝶のように自由に羽ばたきだすさまは、まさにどんなに深い絶望が訪れても、その中に差し込むひとすじの光、生きる力なのだと。

『バスキア』でジャン=ミシェル・バスキアを、『夜になるまえに』でレイナルド・アレナスを、そして『潜水服は蝶の夢を見る』ではジャン=ドミニク・ボビーをと、3作ともに実在した人物を基にした作品を監督してきたシュナーベル。今度はいったいどんな作品を作り出すのだろうと、とても楽しみでもあります。

人気blogランキングへ

« 『夜になるまえに』 | トップページ | ル・デッサン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画に出てくる言語療法士(正確には言語聴覚士)をやっています。
マイナーな仕事なので、映画で出てきて、ちょっと嬉しかったりしてconfident
産後に見た唯一の映画です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/42522439

この記事へのトラックバック一覧です: 『潜水服は蝶の夢を見る』:

« 『夜になるまえに』 | トップページ | ル・デッサン »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。