毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 越後のごっつぉ~ 越 州 | トップページ | 山形牛一頭盛り! »

コロー 光と追憶の変奏曲

8月の最後の日曜日。コロー展を観に、国立西洋美術館へ。

コロー 光と追憶の変奏曲

http://www.corot2008.jp/

19世紀フランスの画家カミーユ・コロー(1796-1875)。世界中の芸術家たちや美術愛好家たちを魅了してきましたが、しかし意外なことに、その名声と人気にもかかわらず、コローを中心にすえた本格的な展覧会は日本はもちろん、海外においてもごく稀にしか開催されていないそうです。

数々の詩情あふれる風景画の数々に心癒されます。

91_2

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー

『モルトフォンテーヌの想い出』 

ルーヴル美術館 1864年 

この作品はナポレオン3世が購入し、フォンテーヌブロー宮に飾っていました。現在はルーヴル美術館のイコンのひとつになっています。

独特の煙るような詩的表現は、光と木々の旋律的な線描、フォルムの非対称性を取り入れ、コロー芸術の叙情的で物悲しい、音楽的な転調を感じます。

11_2

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー

『真珠の女』  

ルーヴル美術館 1858-68年

コローの代表作のひとつで、彼がとても愛着を持っていて、決して売らなかったといいます。

髪の上の軽やかな葉冠、額にかかった一枚の葉が誤って真珠とみなされたことから『真珠の女』と呼ばれるようになったそうです。この手を組み合わせたポーズ、どこかで見覚えがありませんか?

そう、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』のポーズを踏襲しています。表情にはまだ子供っぽさを残しながら、ルネサンスの女性の雰囲気を漂わせ、超越的な美しさをもつその顔は、本当に美しかったです。見る角度によって、気高いその表情が少しずつ違って見えました。

コローは目で見た現実を夢想で支え、追憶の中に息づく作品を作り出してきました。ゆったりと観ていると、ゆるやかな時のながれる詩情あふれる世界にいざなわれ、素晴らしいひとときでした。

人気blogランキングへ

« 越後のごっつぉ~ 越 州 | トップページ | 山形牛一頭盛り! »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/42365547

この記事へのトラックバック一覧です: コロー 光と追憶の変奏曲:

« 越後のごっつぉ~ 越 州 | トップページ | 山形牛一頭盛り! »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。