毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« ご存知のお方もござりましょうが | トップページ | 悪人正機説 »

『飢餓海峡』

みなさんは、この日本映画の名作をご覧になったことがありますか?

『飢餓海峡』 大変、迫力のある緊迫感とともに、人間の生きるべく道、心の葛藤が伝わってくる秀逸な作品です。

1965年昭和40年に製作された3時間に余る大作であり、原作は水上勉で、1954年に実際に起きた青函連絡船の転覆事故を物語の背景に使っています。

主人公の犬飼を演ずる三國連太郎さんが、粗野な中に、善と悪を併せ持つ性格を見事にこなしています。それにしても若くてハンサムなこと!体格も大きく、海外の俳優さんのようです。内田吐夢監督は、三國さんに、青函連絡船から「本当に飛び込んで、スクリューの泡にパカーンと浮いてくれ」と命じたとのこと。さすがにそれはできないと断ったというエピソードも。
また弓坂刑事を演ずる伴淳三郎さんが素晴らしいです。悪を憎むが悪人の中にも人間性を見出したい、執念の刑事を味わい深く好演しています。そして東京の刑事を演ずる若かりし高倉健さん。まだ駆け出しの頃でしょうか。伴淳さんとの対比も興味深かったです。

内田吐夢監督の演出は骨太で、この作品は16ミリ白黒フィルムで撮影され、その荒れた画面の効果で、戦後のすさんだ人間の心理が見事に表現されています。また恐山信仰がこの映画の雰囲気を盛り上げており、本当に衝撃的な素晴らしい作品でした。

人気blogランキングへ 

« ご存知のお方もござりましょうが | トップページ | 悪人正機説 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「飢餓海峡」は、私の知る邦画の中でも傑作です。原作もいいし、俳優もいいし、ミステリーものでは、野村芳太郎氏の「砂の器」と双璧です。左幸子の薄倖な娼婦役も素晴らしい!(水上しは、薄倖な女を描くのが上手い!)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/41920073

この記事へのトラックバック一覧です: 『飢餓海峡』:

« ご存知のお方もござりましょうが | トップページ | 悪人正機説 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。