毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 『飢餓海峡』 | トップページ | クラシックピアニスト 安達朋博さん »

悪人正機説

善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。

                        歎異抄より

映画『飢餓海峡』を観て、主人公の犬飼が、後に事業で成功し多額の寄付を行うさまや、伴淳さん演ずる弓坂刑事が、何度か手をあわせ念仏を唱える場面を見ていて、この歎異抄の悪人正機説(あくにんしょうきせつ)を思い起こしました。

悪人正機とは、浄土真宗の教義の中で重要な意味をもつ用語で、阿弥陀仏が救済したい対象は、生きとし生けるすべての衆生であり、他の仏には見放されてしまった「悪人」こそ、救済の対象であるという意味です。

三國連太郎さん演ずる犬飼は、自らの行いで自らが救われたいという気持ちがあったのではないかと。また、伴淳さん演ずる弓坂刑事が悪人の中にも人間性を見い出したいと丹念に事件を掘り起こしてゆくさまは、何か悪人正機に通ずるものを感じました。

そして、この『飢餓海峡』は、黒澤明監督の『羅生門』を想起させるミステリアスな部分を持っています。

観る人にさまざまなことを深く考えさせる作品でした。

                  人気blogランキングへ 

« 『飢餓海峡』 | トップページ | クラシックピアニスト 安達朋博さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いやーまさかこのブログで「悪人正機説」がでてくるとはおもいませんでした。昔辛かったころ親鸞聖人を勉強した事を思い出しました。少し堕落しはじめているなーー。何て反省しきりです。
思い出させてくれてありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/41931563

この記事へのトラックバック一覧です: 悪人正機説:

« 『飢餓海峡』 | トップページ | クラシックピアニスト 安達朋博さん »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。