毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 『エディット・ピアフ 愛の讃歌』 | トップページ | ラミティエ »

『プロヴァンスの贈りもの』

明るい陽光、乾いた空気、丘に広がるブドウ畑と古い館、緑の庭園と咲き乱れる花々、ハーブの香り、そして極上のワインと美味しい料理。それを目で味わうだけでも充分にハッピーな気分になれます。

『プロヴァンスの贈りもの』

http://jp.franceguide.com/home.html?NodeID=1129&EditoID=88417

0011とことん英国人でありながら終の住み処にプロヴァンスを選んだ人生の師が美しい人生という最高の贈り物を描いた本作には随所に英国的笑いがちりばめられ、ライバル心剥き出しの英国人とフランス人の対比も楽しく。ロンドンの敏腕ビジネスマンが、南フランスの地で人生を見つめ直す様を描いたヒューマンドラマです。巨匠リドリー・スコットが、30年来の友人でもあるピーター・メイルのベストセラー小説を映画化。『グラディエーター』でもスコットと組んだラッセル・クロウが主人公のビジネスマンを演じます。また、主人公の少年時代を『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモアが好演。南フランスのゆったりした空気をとらえた美しい映像も必見です。『エディット・ピアフ 愛の讃歌』のマリオン・コティヤールが、えっ?同じ人なの?というくらい、とても美しく。木陰でのディナー、自然に囲まれたゆたかな暮らし、こんな土地でのんびり暮らせたらどんなにいいだろうと思わずにはいられませんでした。海外のセレブは、自分のワイナリーを持つのは、ひとつのステイタスだと聞いていましたが、リドリー・スコット監督はプロヴァンスにぶどう園を持っているのだそうです。 恋愛映画

フレンチを楽しみながら、美味しいワインが飲みたくなってきました。

« 『エディット・ピアフ 愛の讃歌』 | トップページ | ラミティエ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

前回の「エディット・ピアフ 愛の讃歌」といい、今回の「プロヴァンスの贈りもの」といい、両方とも観たいと思っていて見逃した映画です。

うらやましいです。
私も観たいと思いますが、たぶんDVDになるしょう。

でも映画はやっぱり映画館で観るのが一番!!
葉子さんを見習わないと。

ピーター・メイル作品何作か読んだことがあります。
面白そうな映画ですね。
とても興味があるので、機会があったら
みてみます。

キノッピーさんへ

いつもありがとうございます

そうだわ!今度、成城会で
名画座での映画鑑賞&お食事会というのはいかがでしょうか
映画の感想を語り合いながら、
美味しいワインとお食事をいただく

そのときは、ぜひお越し下さいね


dell_pe2400さんへ

いつもありがとうございます

dell_pe2400さんは、
ピーター・メイル作品なども
お読みになるのですね。
とても読書家でいらっしゃるのですね
なんだか詩的な言葉がちりばめられた
とっても素敵な映画でした

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『プロヴァンスの贈りもの』:

« 『エディット・ピアフ 愛の讃歌』 | トップページ | ラミティエ »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。