毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 初めての都電 | トップページ | 『プロヴァンスの贈りもの』 »

『エディット・ピアフ 愛の讃歌』

学習院下で都電を降りて、早稲田松竹へ。

楽しみにしていた

『エディット・ピアフ 愛の讃歌』

           http://www.piaf.jp/

0011低く力強くしゃがれたユニークな声が魅力の伝説の歌姫 エディット・ピアフを、「愛の讚歌」「バラ色の人生」など名曲オンパレードの迫真の歌唱シーンも最晩年の老婆に成り果てた姿も、全身全霊を傾けてマリオン・コティヤールが熱演し、見事!アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝きました。貧しく孤独な子ども時代から47歳で死に至るまで、その波乱万丈の生涯には、必ず愛してくれる人が。常に愛されたいと切望し、また愛することにも貪欲だった彼女の感情面に注目して、その生き様をドラマティックに描いています。

あなたの燃える手で 私を抱きしめて

                                 「愛の讚歌」

この有名な歌が、フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフが、一生の男、最愛の人であるプロボクサーのマルセルを想ってピアフ自身が書いたものだというのを初めて知りました。愛に生きたドラマチックな人生。私は何も後悔しないといいきるだけの強さ。もう心の奥底から抉り取られるかのような涙、涙でした。その生涯は謎に包まれていましたが、フランスで最も偉大な歌手の一人として記憶され、彼女の葬儀の際には、パリ中が弔意を表わし、ファンで混雑して、第二次大戦後、パリの交通が完全にストップしたのは、ピアフの葬儀のときだけだったそうです。   

これほどまでに激しく魂を輝かせて。ステージ上で轟くような力を備えた声と華奢で小さな姿。エディット・ピアフ(ピアフは雀という意味だそうです)最高の人に最高の映画に出会えました。  高田馬場  映画館

« 初めての都電 | トップページ | 『プロヴァンスの贈りもの』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 ワァ~っ、すごく懐かしいですね。葉子さんが生まれる前ですが、ラジオに「シャンソンアワー」という番組がありました。その中で何度か聴いたような記憶があります。解説は小森和子さん(あの有名な映画評論家?)。もう50年くらい前ですcat。イヴ・モンタンとかイヴエット・ジローの歌もよく流れたと思います。
エディット・ピアフの歌ではありませんが、昔耳にした「モンマルトルの丘」とか「ミラボー橋」・・いまでも頭に残っています。
 あの頃は、「これがタンゴだ!」とか「L盤アワー」等々、ラジオの音楽番組はすごく充実していたなぁと思います。昔話ですみません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/40693278

この記事へのトラックバック一覧です: 『エディット・ピアフ 愛の讃歌』:

« 初めての都電 | トップページ | 『プロヴァンスの贈りもの』 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。