毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の31件の投稿

『ちりとてちん』

半年間にわたって、たっぷりと楽しませてもらったNHK朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』http://www.nhk.or.jp/asadora/chiritotechin/

W13_21上方落語という未知の世界を知り、個性的な出演者が本当に魅力的で、笑わせてくれて、泣かせてくれて、最高のかけがえのないドラマでした。緻密で温かい素晴らしい脚本をもとに、「人から人へ伝わる何かへの愛おしさ」を描いたドラマでしたが、ヒロインの青木喜代美役 貫地谷しほりさんは、もともと上手な女優さんという評判でしたが、この半年間でまた一段と成長され魅力あふれる素敵な女性になったなぁって思います。

W26_31落語や伝統の若狭塗り箸、どれも受け継がれてゆく大切な日本の宝です。そして、母親という家庭の中での太陽としての存在に、私も、自らを重ねて、母への感謝の気持ちでいっぱいになりました。ラストは、出産をおえて病院のベッドの上でしあわせそうに微笑む若狭、いえ、落語の高座を降りたのですから、青木喜代美のワンショットで。男の子?女の子?どちらが生まれたのか、なーんにもわからずじまいのエンディングに、これはもう間違いなく、スペシャル版、もしくは、『ちりとてちん2』があるのだわ!と思いました。『ちりとてちん』のみんなにまた会えるのを心待ちにしています♪

日本の伝統美

E07a0f18bab86566720d80736a6afd6c1歌舞伎座には、イヤホンガイドのレンタルがあり、これはぜひおすすめです。物語を詳しく演目の進行に合わせて説明してくれます。そして、役者さんたちの声もひろってくれるので、とてもわかりやすいです。歌舞伎はむつかしいものではなく、歴史的事実を演劇化した時代物、その当時の世界を描写した世話物というくくりがあり、その中で、主従、親子、夫婦、兄弟の間のそれぞれの感情の襞を視線ひとつ、指先の動きひとつでにわたるまで、例えば、悲しみをぐっとこらえ品格を重んじて、見事に演じきっていました。観ているうちに、どんどんとその世界に引き込まれました。

初代松本白鸚 二十七回忌追善 ということで、口上というものも、初めて観ました。幸四郎丈・染五郎丈・松緑丈・吉右衛門丈・雀右衛門丈が思い出話などを語り、素顔の一面が垣間見え、私は、白鸚丈のお芝居を観た事がないのですが、皆さんの思い出話を聞いているとそのお人柄が偲ばれました。幕間には、イヤホンガイドで27年前の白鸚丈のインタビューが流れ、おおらかで優しそうな語り口に、とても立派な方だったんだなぁ、白鸚丈のお芝居も観てみたかったなぁと思いました。

Ad32b168623051a3f4bb7bc67fd794881一番最後の春興鏡獅子は、染五郎丈演じる小姓の弥生が、将軍の前で踊りを披露し、飾られた獅子頭を手にすると獅子の精が乗り移るという内容です。前半は気品のある女方、後半は荒々しい獅子の精という対照的な役を1人で踊り分ける点に見どころがあり、獅子になってからの毛振りも、豪快でものすごい迫力でした。この毛振りは、頭ではなく「腰で振る」のがコツといわれ、美しく振るにはかなりの技術を要するそうです。可愛らしい胡蝶の精の子役たちの可憐な踊りや美しい御着物を身にまとった染五郎丈の艶やかな踊りを観ていると、夢見心地です。また、迫力ある長唄の熱演に圧倒されました。歌舞伎の色づかいというものは、とても鮮やかですがまさに日本の美。総てが本当に美しいものでした。長きにわたった脈々と受け継がれる伝統を感じられ、歴史の中から新しいものをたくさん学ぶことができた、本当に素晴らしい歌舞伎見物でした。

歌舞伎美人  http://www.kabuki-bito.jp/

歌舞伎への誘い

http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/kabuki/jp/index.html

歌舞伎を楽しみましょう

歌舞伎座百二十年
初代松本白鸚 二十七回忌追善
二月大歌舞伎

夜の部(午後4時30分開演)
一、寿曽我対面  

二、初代松本白鸚二十七回忌追善 口上

三、一谷嫩軍記 熊谷陣屋

四、春興鏡獅子

20080329_71933219 一、寿曽我対面

 工藤祐経    富十郎
 曽我五郎    三津五郎
 曽我十郎   橋之助
 化粧坂少将  孝太郎
 小林朝比奈  歌 昇
  大磯の虎   芝 雀
鬼王新左衛門  東 蔵

20080329_71933219_2 二、初代松本白鸚二十七回忌追善
   口上
         幸四郎
        染五郎
        松 緑
        吉右衛門
        雀右衛門

20080329_71852626_2 三、一谷嫩軍記
  熊谷陣屋

   熊谷直実  幸四郎
    源義経  梅 玉
    弥陀六  段四郎
    堤軍次  松 緑
    藤の方  魁 春
     相模   福 助

20080329_71833157_2 四、新歌舞伎十八番の内
  春興鏡獅子
 小姓弥生後に獅子の精 

            染五郎

こういったプログラムだったのですが、前から3列目と舞台のすぐそばだったので、役者さんの表情などもとてもよくわかりました。まず、びっくりしたのが、台詞を言っている人以外は、微塵も動かないんです。ピタッと止まったまま。御着物や重い鎧兜などをつけて、微動だにせず、その精神力の高さが伝わってきました。歌舞伎って、こう漢字がつらつらと並んでいると、とっつきにくいと思われるかもしれませんが、舞台を見ると、テレビなどで拝見しているお顔ぶれで、スター勢揃いといったところ。すごぉい!中村富十郎・ 坂東三津五郎・ 中村橋之助。そして、松本幸四郎・中村 吉右衛門(お二人が兄弟というのは初めて知りました)、 市川染五郎と、本当に素晴らしいですshineまさに千両役者、勢揃いです。

歌舞伎座 再デビュー

歌舞伎座を訪れたのは、大学卒業のとき以来。北陸朝日放送での勤務が始まったら、こうして日本の伝統を楽しむこともむつかしいだろうと思って、一人で観に行ったのを覚えています。

お友達に招待していただいて、

         歌舞伎座 再デビューshine

松竹二月大歌舞伎 

    http://www.kabuki-za.co.jp/

20080328_94417954「歌舞伎」は傾く(かぶく/意味=「流行の先端を行く」)という言葉から生まれたそうです。明治22年(1889年)11月21日、歌舞伎座はその第一歩を踏み出し、以来、100年以上の永きに渡って歌舞伎を上演しています。現在の歌舞伎座の建物はとても歴史を感じますが、昭和26年(1951年)1月に建てられたものだそうです。

20080328_94325469 一歩中に入ると、そこに流れる空気がちがいます。気分は江戸の正月を楽しむといったところ。

お席は前から3列目!こんなに近くで見れるの!と嬉しさでいっぱいですshine

京都・奈良の桜  

いよいよ、東京も桜が美しく咲きはじめましたねcherryblossom

桜というと、去年の春に母の誕生日のお祝いに、二泊三日で訪れたshine京都・奈良の春爛漫 桜紀行shineを思い出します。

http://sunflower15.cocolog-nifty.com/happy/2007/04/index.html

http://sunflower15.cocolog-nifty.com/happy/2007/05/index.html

http://sunflower15.cocolog-nifty.com/happy/2007/06/index.html

Dscf7920 【春爛漫 桜紀行】から【旅のあとがき】まで、まわったところなどを総て、1ヶ月半にわたってブログでご紹介させていただきました。古都の桜は、それは関東の染井吉野とはちがったまた趣きがあり、とてもたくさんの種類があって、本当に見事で!素晴らしかったですshine憧れの奈良ホテルにも宿泊し、吉野山も訪れることができました。お天気にも恵まれて、どこに行ってもちょうど満開の桜を楽しむことができて、母もとても喜んでくれていました。写真は、お気に入りの中のひとつ、平野神社の桜です。京都・奈良は、まだまだたくさん行ってみたいところがあるので、ぜひまた母と一緒に桜の季節に訪れたいと思います。

人生の金メダル

Pk2008032202197392_size01スウェーデン・イエーテボリで行われたフィギュアスケート世界選手権で初の世界女王に輝いた浅田真央ちゃん!喜びいっぱいの輝く笑顔が印象的でした☆フリーの演技開始後、まもなく、大きく転倒して しまいましたよね。でも、そこから見事に立て直して 完璧な演技を披露して、1位・金メダルとなりました。 17歳という若さで、アスリートとして、 この失敗を引きずってはいけない 気持を切り替えることが大切なんだと わかって、がんばってやりとおしたのは 本当に立派でした。金メダル、本当におめでとうございますshine

Pk2008032502198242_size01きっとそれは、誰にでもどんな場合にでも言えると思うのです。嫌なことがあっても、つらいことがあっても
気持ちを引きずったりしないで、切り替えてゆく。そういった姿勢でのぞむことが成功につながったり しあわせにつながったりするのかなぁって。

人生の金メダルshine目指して、私もがんばりたいと思いますheart

『ムーラン・ルージュ』

20080325_84257063 パリの街中で、作家を目指してモンマルトルにやってきた青年クリスチャン(ユアン・マクレガー)が声高らかにザ・サウンド・オブ・ミュージックのメロディにのせて歌い上げる。『サウンド・オブ・ミュージック』の名オープニングシーンのオマージュから始まり、たくさんの名曲・名画の有名なシーンが出てくる19世紀末のパリ、ムーラン・ルージュで繰り広げられる踊り子と若き作家との悲恋を描いたミュージカル。

『ムーラン・ルージュ』

http://www.foxjapan.com/movies/moulinrouge/html/index_a.htm

監督・製作・脚本は「ロミオ&ジュリエット」のバズ・ラーマン。スタッフの多くは「ロミオ&ジュリエット」で彼と組んだメンバーで、出演はトムクルーズと別れたばかりでふっきれたように私って綺麗でしょう!と華やかに舞うニコール・キッドマン、そしてユアン・マクレガー、ふたりの吹き替えなしのとても素晴らしい歌と、豪華なムーラン・ルージュや衣装で見ていてもまばゆいばかりの光り輝く美しい映像美。ハイテンションのムーラン・ルージュの舞台で芝居と現実がシンクロしていく中、二人の愛が燃え上がっていきます。ロマンティックで緩急にとんだ音楽と当時のムーラン・ルージュの華やかさも楽しめて、とっても迫力のある作品でした☆☆☆☆  

『サウンド・オブ・ミュージック』

20080324_13310376緑ゆたかな美しいアルプス山脈の俯瞰から始まり、爽やかに声高らかに自然の素晴らしさを歌う修道女マリア(ジュリー・アンドリュース)へのズーム。オーストリア・ザルツブルクを舞台に、トラップ大佐一家の家庭教師となった修道女マリアと子供たちの交流、大佐との恋を描いた景観と名曲に彩られたミュージカルの最高峰

   『サウンド・オブ・ミュージック』

『ウエストサイド物語』でミュージカルに革命をもたらしたロバート・ワイズ監督が、4年後に世に送り出したのが、この『サウンド・オブ・ミュージック』。1965年、アカデミー賞の作品賞、監督賞、音響賞、編集賞、編曲賞、5部門受賞の作品です。

主演は、ハリウッド黄金時代のトップスター、ジュリー・アンドリュース。伝統の美が漂う古都・ザルツブルクの街なみ。「ドレミの歌」「エーデルワイス」など、思わずメロディーを口ずさんでしまう、名曲の数々と心が躍る物語であり、この3時間の中には、たくさんの魅力でいっぱいです♪

時を経ても、物語のメッセージは色あせることはありません。マリアとトラップ大佐、そして、愛らしい7人の子供たちの歌声は、人と人との絆、人生を力強く歩んでいく勇気と喜びを、しっかりと伝えてくれます。明日に向って、希望に向って、明るく歌おう!劇場の大きなスクリーンで観ながら、何度もその素晴らしさに涙があふれてきました。今ひとたび、この素晴らしい音楽の調べに存分に身を任せて、最高の感動を味わいました☆☆☆☆☆

『ウエスト・サイド物語』

Wss1アメリカ・マンハッタンを見下ろした俯瞰図の導入部。   やがて、ニューヨークの町の若者たちへと。次第に高まるリズム。レナード・バーンスタイの音楽とともに、高くパンと大地を蹴って、揃って上げられた足。しなやかに踊りだす彼らを見ていて、私の身体中の血が波打ってくる。

1961年第34回アカデミー賞作品賞をはじめ

  10部門を受賞した『ウエスト・サイド物語』

作品・監督・助演男優(ジョージ・チャキリス)・助演女優(リタ・モレノ)・撮影・美術・音響・編集・衣装デザインの他、当然ながらミュージカル映画音楽賞を受賞☆

ハリウッドミュージカルに新しい風を吹き込んだこの作品を実際にスクリーンで観た素晴らしさは、なにものにもかえがたいものでした☆      ロミオとジュリエットを現代ニューヨークのスラム街に移した発想の斬新さ。『クール』『トゥナイト』『アメリカ』など数々の名曲も、驚くほど知っている!と、どれも聴いたことがあるメロディ♪ なにより、全編、流動感にあふれ、ミュージカルナンバーとモダンなダンスのダイナミズムに圧倒されますshineこんなにもパワフルですべてにおいて、センスがあふれ、色づかい、衣装、振付、カメラワーク、音楽・・・etc細かなところまで計算されつくした.完成度の高い最高の映画は、はじめてです!

それまで夢物語でしかなかった、ミュージカル劇に、ニューヨークのスラム街に於ける人種や貧困問題を鋭く描き込んだ社会派ロバート・ワイズ監督の視点の鋭さ。まさに不朽の名作です。ぜひ機会をとらえてご覧になられることをおすすめします☆☆☆☆☆

アクセルを踏み込んでゆけ!

20080322_12610579茂木健一郎氏のお話は、笑いもまじえて、聴いている人たちの心を見事に掴んだ、とてもわかりやすくためになる素晴らしいお話でした♪

周りの方々も、講演後、面白かったね、時間があっというまだったねと☆

脳科学というのは、いかに生きるかというための学問だそうです。みなさんも、ドーパミンという言葉をお聴きになったことがあるかと思います。ドーパミンは脳内ホルモンの1つで感性や意欲を作るホルモンです。イチロー選手へのインタビューの話しを紹介しながら、天才とは、努力の仕方を知っている人のことで、努力というのは、人間の脳は、簡単に出来すぎるようなことには、ドーパミンは出ないそうです。全力でやってできるようなことを、何かにチャレンジする!そうすると脳は変わっていきます!時間や可能性は無限にあるのです。根拠のない自信が大切であり、大丈夫!できる!と思うと、脳がよく働くそうです。

また、ドーパミンは、喜びを感じると出るもので、学びと深くかかわっています。学びとはよりよく生きるために必要な学びです。

何かをやる⇒ドーパミンがでる⇒前にやっていた行動が強化される

☆自分の人生がどうなるか?と考えた場合、

→ 不安に思う →自分の中にしっかりとした安全基地を持つことで、それは解消されてゆきます。 

→わくわく楽しみにしている(^0^)!→    アクセルを踏み込んでいって下さい☆

感動することは、心が傷つくことであり、    それは、向い傷なんです。             感動のある人生を送って下さい!!

とっても、たくさんのことを学ばせていただきました。以上、富澤がお伝えしました。

涙を人まかせにするな

20080321_91817922春。

新しい旅立ちのときですね。

ここ数年、お仕事で3月の春分の日には、読売育英奨学会の卒業式に臨みます。

その際に、記念講演があるのですが、今年は、茂木健一郎さんでした。 クオリア(感覚質)を鍵として、脳と心の関係を研究されてる脳科学者でいらっしゃって、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にもご出演されています。

茂木健一郎 クオリア日記

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/

ドラマや本(例えば「世界の中心で愛をさけぶ」「恋空」etc.)などで感動して流す涙。しかし、それは自分の涙ではないということ。

1987年の日本シリーズ。西武vs巨人との日本シリーズ第6戦、9回表2死。日本一までアウト1つのところで西武ベンチはタイムを要求。一塁手の清原選手が涙を流していたからだそうです。「巨人を破って日本一が達成できて嬉しかった」と後に清原選手は語っていました。プロ野球の清原選手の涙をあげて、PL学園での同期の桑田真澄選手の巨人入りに対し、巨人からの指名を逃した清原選手。そして目覚しい活躍とともに、憧れの球団・巨人を目の前にして掴んだ日本一。その時、清原は泣いた。 何かがカチッとはまって、自分の人生で一生懸命生きてきて、その中で、泣く、涙が出る。一生懸命、生きていないと泣けないんです!

涙を人まかせにしないで、自分の人生で自分の涙を流せる人生を歩んで下さい!

「私の人生だけの涙」私も自分の涙を流せる 人生を目指してもっと一生懸命生きたいと思いました。

   

そんな暮らしがしたい

20080319_224855422私が新潟で生まれ育った家は、周囲を田んぼに囲まれて、遠くには山々がつらなり、目の前には家の畑と庭にはたくさんの季節ごとに色とりどりの花々がありました。中学2年のときに町中に引っ越すまで、そこにいたのですが、大きなポプラの木も、葡萄棚も、桜の木もすべてよく覚えています。畑では、里芋、きゅうり、茄子、イチゴ、トマトなどたくさんの野菜が植えられていました。自家製のイチゴジャムの美味しかったこと!葡萄が実をつけるのを心待ちにしていたこと♪長い冬をぬけてようやく咲いた桜の木の下で、家族でバーベキューをしたこと。みずみずしい自家製のお野菜や魚沼産コシヒカリを食べて育ったこと。本当に懐かしいなぁ☆もちろん、畑仕事も田植えも稲刈りも手伝いました。恵まれた子ども時代だったと思います。自然に囲まれ、大地の恵みをたくさん受けたそんな暮らしがしたいです。

初めてです♪

東京ドームのらん展は、日本全国各地、また世界からもたくさんの人が訪れます。数年前になりますが、母と叔母が新潟かららん展を楽しむバスツアーで来て、ドームの入り口で待ち合わせをし、一緒に見て回って楽しんだこともありました♪

また、ドーム内には、蘭農園の直営の販売ブースがたくさん出ています。呼び声につられて、初めて!蘭の花を買いました。らん展には何度か行きましたが、蘭の花を買ったのは初めてです☆

20080319_9491995420080319_94938251_2

可愛らしいオリエンタルスピリットルドルフと、

凛とした白と鮮やかなピンクの胡蝶蘭。とても気に入っています♪ 3つで1,500円だったんです!まだつぼみもありますし、蘭の花はとても長く楽しめるとのこと。あたたかな窓辺において、大事にしてゆきたいなぁって思います♡

美しき蘭の花

花の美しさはそれぞれにありますが、蘭の花の華やかさはまた一段と素晴らしいものですshine

10万株の蘭が東京ドームを埋めつくす、世界最大の蘭のフェスティバル、

世界らん展日本大賞2008。

http://www.jgpweb.com/sokuhou.html

20080318_903103131991年から18回を数える世界らん展、私は今回で5回めくらいでしたが、本当にいたるところに蘭の花がたくさん!こんなにも美しく咲かせて、工夫を凝らした素晴らしいディスプレイは、ただただ感心するばかりです。

20080318_91753782

今年の大賞や優良賞はとてもスケールの大きな作品でした。左の3位に相当する優良賞はファレノプシス属ソーゴー ユキディアン‘ピントンキング’です。純白の豪華な花が96輪。 1.5メートル近く高さがあります。花の向きも揃っていて圧倒される豪華さです。出品者は台湾の方で、どうやって運んだのだろうと。

20080318_102226547今回の大賞 (左の)ユーロフィエラ レンプレリアナ ‘ヨウコ Y.サイトウ’と     

優秀賞(2位)カトレア トリアネ‘オカダ’(下記)は 

同じ方が受賞したそうです。

18回続く世界らん展日本大賞始まって以来の快挙!

茨城県に住む50坪の温室でランを丹精しているアマチュアの方とのこと。

小さい株を入手してコツコツと大きく育ててきたのだそうです。

20080318_102253907

20080318_91725704_2どれも本当に力作ぞろい。

ゆったりと楽しんでいると丹精込めて作った蘭の花を愛する気持がとても伝わってきました。

祈りをささげる

終演後、素晴らしい演奏会に感動して、上気した頬で外に出ると、そこは雪国のようにたくさんの雪が降りしきっていました。

そして、先達て3月9日の「N響アワー」。

20080316_23431297マーラー 交響曲 第9番 二長調から第一楽章 第四楽章をチョン・ミョンフン氏が指揮するとのことで、楽しみにしていました。演奏会の間は、氏の後姿しか見れませんが、TVの前の特等席は、しっかりとチョン氏の表情までこまやかにわかります。もう素晴らしい熱演で、カリスマ性が遺憾なく発揮された情熱的な指揮に釘付けに。まるで音楽の神さまに祈りをささげる敬虔な使徒のように、見事なまでにオーケストラと一体になった指揮と演奏は最高でした♪感極まって思わず自然と涙があふれてきました。本当に本当に素晴らしかったです!

韓国のスーパースター

この日のプログラムは、

   メシアン/キリストの昇天

ブルックナー/交響曲 第7番ホ長調   

               (ノヴァーク版)。                   

なにより注目は、指揮のチョン・ミョンフン氏。

Chung11953年韓国ソウル生まれ。幼少の頃よりピアノを学び、7才でソウル・フィルハーモニックとのデビューコンサートを。実姉ふたりもヴァイオリニスト、チェリストとして活躍しているそうです。ジュリアード音楽院で指揮法を学び、その名前が世界に知れ渡ることになったのは、パリ・オペラ座の音楽監督としての活躍によって(1989~94)。ベルリン・フィル、ウィーン・フィルなどの世界の超一流学団に客演し、現在は、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団とソウル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めているそうです。韓国の子どもたちのための音楽環境プロジェクトにも取組み、96年韓国政府より最高文化勲章「金冠」が授与されて、韓国初の文化名誉大使としても活躍しています。

マーラー、ブルックナー、メシアン、べートーヴェンは、チョン氏が最も熱心に取り組んでいるレパートリーであり、その力強く情熱的な音楽を志向する姿勢は、まさに生真面目なブルックナーの曲にはぴったり。初めて生で聴くNHK交響楽団の演奏は、やはり本当に音が澄んでいて素晴らしい!豊かな楽想の流れに透明感もあり、ただただ、うっとりとするばかりです。チョン氏の指揮ぶりを見ていても、曖昧さの無い決然とした音楽を構築する手腕の確かさを感じました。演奏も素晴らしい出来で、何度もブラヴォー!と声が上がり、大きな拍手がいつまでもつづいていました。

まさに韓国のスーパースターshine日本や世界各地でも21世紀の音楽界をリードするひとりと言われているそうで、チョン・ミョンフン氏とN響という素晴らしい組み合わせに最高の夜となりました。

N響デビュー

日曜夜の一番の楽しみは、夜9時からの     『N響アワー』(NHK教育テレビ)。彼からの恋の手ほどきならぬ、音楽の手ほどきをうけて。小さい頃から好きだったクラッシックに、よりいっそう親しむようになり、このプログラムは、かかさず観るようになりました。

N響=NHK交響楽団:その歴史は古く、大正 15年10月日本初のプロ・オーケストラとして結成され、新交響楽団として設立。日本における世界的なオーケストラであり、世界でもトップクラスの素晴らしい指揮者たちが客演しています。

http://www.nhkso.or.jp/

クラッシック初心者にも楽しめるようにさまざまなテーマを絡ませながら、N響の定期演奏会の模様が放映されます。いつも、なんて美しい音色なんだろう。どうしたら、こんなにも綺麗な澄んだ調べを奏でられるのだろうと。

20080314_231509516今冬、2月の凍てつく寒さの或る土曜日。ようやく念願叶って、N響デビューshineNHKホールへ、NHK交響楽団の演奏会に初めて行く機会に恵まれました。待ちに待ったこの日!本当にとっても楽しみにしていました♪心躍らせながら、NHKホールに入ると、なんだか客層もちがう感じです。クラッシックには、一家言ありますというこだわりを持っている方々といったところ。さて、一番の注目はshine

春の成城会のお知らせです♪

沈丁花のかぐわしい香りが立ちこめるまで、  三寒四温を繰り返しつつ、春は少しづつ近づいてきていますね。

お待たせいたしました!゛春の成城会゛のお知らせです♪

4月12日(土)午後6時30分スタートで

20080313_4211688トラットリア ディ ホッカイドウ ミア・アンジェラ成城 にて行います。昨日お話しましたように、とっても美味しいお料理と雰囲気のよいトラットリアです。 お一人さまワイン1本持ちよりのワイン会で、会費は、男性6,000円、女性5,000円です。ワインは、大体2,000円くらいのものをお持ちになる方が多いようです。ワインはそんなに強くなくてという方は、別途、ご相談下さいませ。お店に直接お集まり下さい。ご参加をお申込みの際、お持ちいただく、ワインの種類(赤・白・泡)と銘柄をお知らせ下さいませ。ミア・アンジェラさんの方で、ぜひお持ちになるワインにあったお料理をとご提案下さっております。お手数ですが、このブログ上またはrasasayan15@yahoo.co.jp にお申込みをお願い致します! その際には、

①フルネームでのお名前(ご本名)

②お持ちいただくワインの銘柄

③当日ご連絡ができる携帯電話の番号を必ず、お知らせ下さい。 

どうぞお気軽にご参加下さいね☆定員に達し次第、〆切りとなります♪どうかお早めにまずはご一報下さいませ。成城は、駅からすぐのところの住宅街に素晴らしい桜並木がたくさんあります。お店にお越しになる前に、少し桜並木のお散歩はいかがでしょうか?春の成城会に桜が美しく咲いていることを願って♪みんなで楽しい夜を過しましょう!ご一緒できますのを楽しみにしています(^0^)☆☆☆

ミア・アンジェラ 成城

一歩店内に入ると、あれ?ここは最愛の人とホワイトクリスマスを過した札幌グランドホテルかしらと思うような、優しい色調のステンドグラス、えんじ色ランプシェード。レンガ造りの壁、センスのよい洒落た写真に囲まれて、とっても素敵。

地元、成城学園前の南口に出来た北海道の食材を使ったイタリアンが楽しめるという トラットリア ディ ホッカイドウ ミア・アンジェラ 成城へ。

http://r.gnavi.co.jp/p437900/

20080313_4121141_2もうメニューを眺めているだけで、どれもとっても美味しそう♪前菜は、フルーツトマトと長沼産モッツァレラチーズ ブロッコリーのアンチョビ風味。お肉料理は、厚真産(あつまさん)桜姫鶏のフォアグラ挟み焼き。

20080313_4140094お魚は、真鯛のソテー越冬「インカの目覚め」のローズマリー風味を。北の大地「北海道」から産地直送でお届けするお野菜やお魚お肉の新鮮なこと☆焼き加減も絶妙で、素材の良さがとても生かされています。この「インカの目覚め」というジャガイモのホクホクとして美味しいこと!ドルチェのまちむら牧場のミルクを使ったプディングもgood!てきぱきとスマートにサーヴィスするスタッフの方たちは常に笑顔をたやさず、心地よく美味しく楽しい時間をもてるトラットリアでした。こんなに素敵なお店が成城に出来てとっても嬉しいです♪

【 トラットリア ディ ホッカイドウ 

                   ミア・アンジェラ 成城 】

世田谷区成城2-34-1 小泉ビルB1 

ランチ  11:30~15:00
ディナー 17:00~23:00

          03-5494-5455

人気blogランキングへ

☆画像&リンク先wine

第6回 国産ワインコンクール銅賞受賞!

鶴沼ツヴァイゲルト・レーべ [2006]
720ml (赤・辛口) 【 北海道ワイン 】

☆画像&リンク先present

小樽ワインのおいしさをそのままゼリーに。

おたるワインジュエリーセットwine

90,000hit本当にありがとうございます!

20050907_21453614111みなさま、いつも本当に

    ありがとうございますheart01

ブログ

「ハッピーサンフラワー」は

本日90, 000hitを

   達成いたしますshine

2005年9月7日からスタートし、現在、人気ブログランキングで総登録ブログ数、493,060件中、生活文化部門(ライフスタイル)1位ですheart01ここでも1位になることができましたshine本当にありがとうございますsign03どうかみなさま、ブログのページの右上の【人気ブログランキング】という箇所からポイントが入るシステムです。みなさまのあたたかいお心を引き続き何卒よろしくお願い致しますclover

90,000hitちょうど、若しくは超えて一番近かったというのを確認された方がいらっしゃいましたら、コメントへの書き込み、またはrasasayan15@yahoo.co.jp へメールをお送り下さいませ。(可能でしたら画像などもお送りいただけますと幸いです。)ささやかですが、私からプレゼントを差し上げたいと思います。

なぜ、ひまわり?って思われる方もいらっしゃると思います。私のふるさとである、新潟県津南町では、大きなひまわり畑があるんです。夏になると、そこは背の高いたくさんのひまわりが見事なまでに咲いていて、一度だけ行ったことがあるのですが、本当に素晴らしかったですshine太陽の方へ向ってsunいつも明るい方へ輝かしい未来へというひまわりのようにshine       そんなふるさとに咲くひまわりの花のように、  私もがんばってしあわせになりたいと思って「ハッピーサンフラワー」としましたheart

近いうちに4月12日の春の成城会のお知らせもご案内いたします。ぜひみなさま、お気軽にご参加下さいねhappy01

これからも「ハッピーサンフラワー」を  

       どうぞよろしくお願い致しますshine

ラジオは魔法の玉手箱

「朝までいっしょ!ラジオバイキング」という、ラジオ番組のDJをしていたときのお話をしましょう。

Kotei11何年か前のことになりますが、地方局のお仕事で東京から週1回生放送の深夜放送のラジオDJをやっていたことがありました。これが、午後10時にスタジオ入りして、午前1時から朝の5時までのON AIRsign03その後は、始発から2・3本目の電車に揺られて家路に着くというもので、音楽以外は、ぜーんぶ私のお喋りshineそして、話す内容も自分で考えるようにと。ディレクターの提案で詩を書いてくるように、それを番組冒頭で私が朗読したり(なんだか今から考えるとhappy02)、映画コーナー・歌手の方の特集・ファックスやお葉書をいただいて、リスナーの方とのやりとりがあったり。  嬉しかったのが、そのディレクターに「富澤!お前のとこだけだよ。お悩み相談のようなお便りがくるのはclover」と。そう、恋のお悩み相談から、いろんなご相談がありました。会ったことのないたくさんのリスナーの方たちに身近に思ってもらえて、なんだか目に見えない絆のようなものを感じていました。今こうしてブログを書かせていただいて、同じ思いを感じます。

番組のエンディングに私のお気に入りのナット・キングコールの【What a wonderful world】(この素晴らしき世界)をかけてもらってshineshineshine ラジオは魔法の玉手箱、そこから広がる世界をつくっていたよい思い出ですshine

フリージア

先日、お友達に会ったとき、今月のお花は?とtulip毎月、今月の誕生花をご紹介しますとブログでご案内しておりましたのをちゃんと見ていてくれていたとのことで、とっても嬉しかったですnote

0002151 3月の誕生花は、フリージアです。

    花言葉は「あどけなさ」shine

南アフリカ原産の香り高い純潔の花フリー ジアは  甘い香りが特徴です。まるで小さな子供たちが手をつないで並んでいるようなあどけない可愛らしさを連想します。見ているだけで、明るい気分になれるフリージア、鮮やかなHAPPY イエローが、なんだかしあわせを運んで来てくれそうですねheart01

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

TVのCMでやっていると、どんなものだろうと  観たいからというので、封切り直後にお供して『ライラの冒険 黄金の羅針盤』をmovie

http://www.goldcompassmovie.com/

20080308_194654126世界的ベストセラーとなったフィリップ・プルマンの児童文学を完全映画化したファンタジー・アドベンチャー。総制作費 SFファンタジー 最高の250億円!ファンタジーというと、『ロード・オブ・ザ・リング』を思い出していたのですが、『ロード』を手がけたニューラインシネマが製作を務めていると知って納得slate世界の果てへと旅する少女ライラの冒険哲学的なストーリーや幻想的な視覚効果・迫力の映像はアカデミー賞の視覚効果賞を受賞shineそして脇を固める個性的な登場人物たち(特に戦う゛よろい熊゛は最高ですheart01)と、とても楽しめました。しかし、ここではない、ダイモンを持つライラの世界は、結構、むつかしいですthink2回観てようやく頭の中で話しがつながるくらいでした。主人公ライラを演じるダコタ・ブルー・リチャーズは、1万5千人の中から選ばれた新人で、まったくの演技未経験。とってもおてんばで可愛らしくて、なかなか立派につとめてました。第2作が楽しみですnote

『ミッドナイトイーグル』

制作発表の段階から、ぜひ観なくては!

と思っていた『ミッドナイトイーグル』

                      をようやくレイトショーでmovie

     http://www.midnighteagle.jp/

20080308_10038438北アルプスの降り積もる雪、真っ白な山々の中で愛する者を守るために戦う男たちの姿shine大沢たかおさん、吉田栄作さん、玉木宏さんらがいずれも好演sign03もしかしたら、私たちの知らないところで、こういったことが起こっていて、知らずして私たちの生活が守られているのかとも思いました。原作は高嶋哲夫の同名ミステリーで、スケールの大きな山岳アクションです。(制作費10億円)

でも、一番感動したのは、最後のエンドロールに並んだ゛津南町゛の文字。そう、冬山のいくつかの場所でロケが行われたのですが、主要な部分を私のふるさとの゛津南町゛にて。゛津南町商工会議所゛から゛グリーンピア津南゛゛マウンテンパーク津南゛・・・とずらりと一番はじめに並んだふるさとの町の名を観て、喜びもひとしおでしたshine

終えてすぐに母にmobilephone

「今、映画観てたのsign01ほら、津南町でロケをした・・・」

「織田裕二の?」

「ちがうよー、それは『ホワイトアウト』って言って何年も前のだよ。(もちろん劇場で鑑賞)確かにそれも津南町でロケが行われていたよね。(さすが母、よく覚えてる。うちのお店の近くでもロケをしていたものね)」

「ほら、大沢たかおさんや吉田栄作さんが出てる『ミッドナイトイーグル』だよ。」

「あぁ、吉田栄作のね。津南に来ているって、言っていたものね。 去年も゛蔵゛という土蔵を喫茶店にしたところで吉田栄作が、コンサートを行ったんだってnote

「そうなんだぁ。津南にいたら、行ってみたかったなぁshine

この雪の寒い中でのロケは大変だったろうなぁ。胸に秘めた思いがとても伝わってきてshineすごく男らしくてカッコよかったなぁheart母から話しを聞いて、ふるさとを懐かしく思い、なんだか出演者の方々に親近感がわいてきた夜でした。

88,888hitありがとうございます!

20050907_21453614111ブログ

「ハッピーサンフラワー」は

昨日88, 888hitを

   達成いたしましたheart01

みなさまお一人お一人の

あたたかいお力のおかげで

こうして続けてくることができましたshine

本当にありがとうございますheart

2005年9月7日からスタートし、05年の暮れからは毎日更新させていただいております。  もうすぐだねと周りの方々からも、88, 888hitを楽しみにしてるからと応援していただいていましたが、こうして達成して初めて、その数の大きさにびっくりしました!8万8千888hitshineそして、ちょうど888本目の記事となりましたshine

現在、人気ブログランキングで総登録ブログ数、491,148件中、生活文化部門(全般)1位ですheart01本当にありがとうございますsign03どうかみなさま、ブログのページの右上の【人気ブログランキング】という箇所へのみなさまのお心を引き続き何卒よろしくお願い致しますnote

88,888hitちょうど、若しくは超えて一番近かったというのを確認された方がいらっしゃいましたら、コメントへの書き込み、またはrasasayan15@yahoo.co.jp へメールをお送り下さいませ。ささやかですが、私からプレゼントを差し上げたいと思います。昨日ももう少しだったんです!と何人かの方からメッセージをいただいております。もしも、ジャストという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さいね。

ブログって、不思議だなぁって思いました。まだお目にかかったことがない方々も、こうしてたくさんのよいご縁をいただいて、一緒につくってゆける場は、私にとってかけがえのないものです。ひまわりのように、いつも笑顔で、太陽を向いてしあわせをめざしてゆきたいという思いで、「ハッピーサンフラワー」を綴っています☆

これからも「ハッピーサンフラワー」を  

       どうぞよろしくお願い致しますshine

Maru´s Bar &Bistro Maru´s

願いを聞き入れてくれて、ちゃんとMaru´s Barを予約してくれていた。

お店の雰囲気も、久しぶりに会うオーナーのやさしい笑顔もちっとも変らない。めまぐるしく変わる六本木の街で、こうして以前と同じというものがあるって、何だか嬉しい。お食事をするならビストロの方がゆっくりできるかしらと、バーは食事の後にして、隣のBistro Maru´sへ。

20080306_82625016鮮魚のカルパッチョ・テリーヌ・蛤のエスカルゴ風・牛ほほ肉の赤ワイン煮込みと、どれもワインとぴったり。

20080306_82723172戴いたフランスボルドーの

Cotes de Castillon 2004は、

とてもバランスが良く、美味しい!

ゆっくりとお食事を楽しんで、今度はBarへ。

20080306_82753391カウンターに8席、4人掛けのテーブル席がひとつと、こじんまりとした店内には、ボトルワインがずらりと並ぶ。チーズの盛り合わせとグラスで赤ワインを。シャトー・ヌフ・デ・パフを1杯目。

20080306_82816797そして、2杯目には、シルバーオーク。香りが素晴らしい!カベルネソーヴィニヨンの存在感のなかに華やかな蜜の香り。そしてブラックチェリーのような美しい輝きの色。極上のカリフォルニアワインです。


懐かしのMaru´s Barで、新しいワインとの出会いを 
ゆっくりと楽しんだ六本木の夜でした。

六本木のワインバー

横山大観展を観た後は、国立新美術館をあとにして六本木へ。

Img10105264191「前からね、あなたと行きたいワインバーがあったの。出来てまだ間もないそのワインバーを訪れたのは、世にグラスでワインを飲ませてくれるワインバーというものが出来始めた頃のこと。チーズがね、こうたくさんのいろんな種類がプレートに並べてあって、チーズに添えられた生の干し葡萄を食べたのもここが初めて。ワインを、大きな大きなグラスでふわぁっとよい香りを楽しみながら、戴いたのもこのワインバー。こじんまりとしたそのバーで戴くチーズも添えられた干し葡萄もワインも、どれもとっても美味しいの♡あるときね、久しぶりにどうしているかなぁって、そこがお休みだったのはわかっていたけど、近くまで来たから、夕方、行ってみたの。そしたら、オーナーとちょうど会って、「富澤さん!今度、こっちにビストロを開くんです!」とまだ工事中の店内を見せて下さって。きっと嬉しかったのかなぁ。私にとっては、懐かしのワインバーなの。一緒に行けたら嬉しいのだけど。」

醉  心

なぜ?

出口のところのSHOPに広島の銘酒

【醉心】(すいしん)が置いてあるんだろう。

Taikan11横山大観は、日に二升三合、晩年でも一日一升は飲んでいたという酒仙。大変お酒が好きだったそうです。毎晩、お酒を嗜み、ときには、酒代に事欠くことも。そんなとき、広島の醉心(すいしん)という酒造りの社長が、大観にこういったそうです。

「あなたが一生飲むお酒を

                      うちで用意しましょう」

以来、1年に1作品を醉心のために描き、寄贈したそうです。

www.suishinsake.co.jp/taikan/taikan2.htm

今度、ゆっくりと醉心を戴きながら、買い求めた横山大観の画集を楽しみたいと思います。

生々流転

《生々流転》は横山大観55歳の作で、長大な画面にもかかわらず、どこにも破綻のない完璧な構成によって組み立てられたとても密度の高い作品です。

08011taikan01_31_2 大気中の水蒸気からできた1粒の水滴が川をなし海へ注ぎ、やがて龍となり天へ昇るという水の一生を、40メートルにもおよぶ大変長い画面に水墨で描かれています。「生々流転」とは「万物は永遠に生死を繰り返し、絶えず移り変わってゆくこと」という意味の言葉です。大観の壮大な自然観や人生観をも読み取れるダイナミックな作品ですが、一方で画面のところどころに鹿や猿などの生きもの、川に舟を浮かべる人などの小さなモチーフが描きこまれ、ささやかな生命に対する温かい眼差しもうかがうことができます。

人は、どこから来てどこへ行くのか。輪廻転生を水の転生に譬えたこの《生々流転》は、スケールの大きい、大観、渾身の作品であり、絵巻物が好きだったという大観が、なんだか、嬉々として筆を握っている様子が目に浮かびました。

横山大観~新たなる伝説へ

上野の森に絵を観に行くと、彼はいつも言う。横山大観記念館が不忍池のところにあるんだ。今度、連れて行ってあげるよと。

さまざまな展覧会でときおり氏の作品を観ることがあっても、こうしてまとまった形で鑑賞したのは初めてでした。

横山大観~新たなる伝説へ

http://www.asahi.com/taikan/intro/index.html

P811まず、入ってすぐの「屈原」に吸い寄せられるように大観芸術の世界に入りこんでゆきます。

P2s1岡倉天心とともに「近代日本画の巨匠」と言われ、輪郭線を使わず、色彩の面的な広がりにより空気を描こうとした朦朧体の技法など、その独自性は、観る人の心を無の境地へと誘ってくれます。

P9s1「富士山」「龍」を好んで描いた

大観の作品は、

自然の中に生きる人間の在り様を

強く心に響かせてくれました。

『刑事の現場』

あの人が帰ってきましたsign01私の寺尾さんがheart01『西部警察』のリキから早幾年shine

NHK土曜ドラマ 今月から『刑事の現場』【(第1回のみ:21:15~22:13)第2回以降は、21時から】movie

http://www.nhk.or.jp/dodra/keiji/index.html

Cast011まずは、NHK総合 3/1(土)16:00~17:00土曜スタジオパークに出演とのことnote

※私の寺尾さんへの熱き想いは、ハッピーサンフラワーの右下のカテゴリーで、【芸能・アイドル】の欄にshine

刑事ドラマに名作は数々あれど、私にとっては、寺尾聰さんが主演とのことで、もうそれだけで最高ですheart013月の土曜の夜は、とってもとってもしあわせな夜を過せることでしょうshineぜひご高覧いただけましたらと存じます。何卒、よろしくお願い致しますshine

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。