毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« アメリカ誕生の地~フィラデルフィア美術館 | トップページ | 箱根神社への初詣 »

印象派と20世紀の美術~フィラデルフィア美術館展

大変、見応えがあり、とても価値ある展覧会でした☆

フィラデルフィア美術館展 http://www.phila2007.jp/about.html

Img011珠玉のコレクションは、19世紀のコロー、クールベにはじまり、印象派を代表するモネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌを経て、20世紀のピカソ、カンディンスキー、マティス、デュシャン、  シャガール、ミロ、マグリットにいたるヨーロッパ絵画の巨匠たち、さらにホーマー、オキーフ、ワイエスなどのアメリカ人画家を加えた47作家の名作77作品を一堂に展示。きら星のごとき20世紀の巨匠の名作がずらりと出品されていて、日本人にもとても親しみのある作者名がつらなります。写真は、 ピエール=オーギュスト・ルノワール 《ルグラン嬢の肖像》1875年。ひとつひとつ、ゆっくりと観ていると、作品の輝きに魅せられて、ずっとその場に佇んでいました。

米国屈指の美術館としてその名を世界に轟かせているフィラデルフィア美術館ですが、これら第一級の所蔵品の多くは優れた個人コレクターから惜しみなく寄贈されたものだそうです。印象派や後期印象派そして現代美術のコレクションは世界最高レベルのものというのは、今回の展覧会を見て、納得です。二度、観たのですが、本当に素晴らしい時間を楽しめました。ぜひ、彼の地を訪れたいものです。

« アメリカ誕生の地~フィラデルフィア美術館 | トップページ | 箱根神社への初詣 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ペンシルバニァ美術館は、米国の美術館でも独特の位置づけの美術館のようですね。

米国の大美術館や博物館は、寄付によって成り立っています。一部の富豪層の税金逃れの逃避先で、会計報告なしで運営されている、と知人の岩淵潤子さんが言っていました。そこが日本との大きな違いです。
岩淵さんの本も面白いですよ。
キューレイターに興味がある人にはおすすめです。

当地でも、広島銀行がバブル時に集めた「印象派」をコレクションした
「ひろしま美術館」があります。
近くなので、街中のオアシスの意味で、
眺めのいい庭を眺めながら「紅茶とケーキ」を愉しんでいます。一度ご鑑賞あれ。

信天翁さんへ

なるほど、美術館のなりたちというのも
なかなか一般にはわからないものですよね。
広い世界にたくさんの美術品。
まだまだ観たいもの楽しみたいもの
たくさんありますね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/17672500

この記事へのトラックバック一覧です: 印象派と20世紀の美術~フィラデルフィア美術館展:

« アメリカ誕生の地~フィラデルフィア美術館 | トップページ | 箱根神社への初詣 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。