毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 偶   然 | トップページ | 文 化 祭 »

『バーバー』

20071006_100000141髪型を変えるように

少しだけ人生を変えたい

ようやくあの夏の日からしばらくして、秋に新宿武蔵野館にて

『バーバー(2001)THE MAN WHO WASNTEN´T THERE』を。http://barber.asmik-ace.co.jp/top.html

1949年夏のカリフォルニア。義兄が営む理髪店で毎日客の髪を刈り続ける寡黙な男エド・クレイン(ビリー・ボブ・ソーントン)は、当時のベンチャービジネスでもあったドライクリーニングと出会い、クリーニング屋を始めるための資金稼ぎとして、妻の不倫相手をゆすってしまう…。ちょっとした恐喝は、様々な悪夢を巻き起こし、事態は思いもよらぬ方向へ。

『ファーゴ』(は、2回劇場で)や『オー・ブラザー!』で、もうこの独特の世界観が大好きになったイーサン&ジョエル・コーエン兄弟の9作目である『バーバー』。初の全編モノクローム作品(カラー・フィルムで撮影し、そこからモノクロ・ネガフィルムに現像)は、理髪店の三色サインのズームインから始まる。そのファーストシーンだけで、もう感動!タバコをくゆらすビリー・ボブ・ソーントンの渋さに、コーエン兄弟ならではのそこはかとないユーモアセンス、たまらなくカッコイイ。ドライクリーニングのために人生を狂わされていく主人公およびその周りの人々を、文字通りドライに描いていく作品です。私、好きなんです。こういう感じも。こうして書いていて、懐かしいなぁ、また観たいなぁって思いました。

« 偶   然 | トップページ | 文 化 祭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/16674346

この記事へのトラックバック一覧です: 『バーバー』:

« 偶   然 | トップページ | 文 化 祭 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。