毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の31件の投稿

案 山 子

20071028_222512969元気でいるか 

街には慣れたか 

友達出来たか

寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

城跡から見下ろせば 蒼く細い河 

橋のたもとに造り酒屋のレンガ煙突

この町を綿菓子に染め抜いた雪が消えれば

お前がここを出てから初めての春

手紙が無理なら電話でもいい

 ゛金頼む゛のひと言でもいい

お前の笑顔を待ちわびる お袋に聴かせてやってくれ

   「案山子」(かかし)  作詞・作曲・唄 さだまさし

NHKで先日の土曜に「秋の夜長もさだまさし」を。年に数回NHKで深夜に放送されるもので、ラジオのようにどんどん戴いたお葉書をさださんの軽妙なお喋りとともに紹介していくもので、今回は久しぶりに観ることができました☆次回は「年の初めはさだまさし」で、1月1日の深夜に放送です。楽しみ!意外に思われるやもしれませんが、私、さださん好きなんです☆コンサートも行ったことあります。レコードやCDももちろん。中でも、この「案山子」は、18歳で田舎から出てきたばかりの頃、何度も聴いては  涙していました。

お前も都会の雪景色の中で 

ちょうどあの案山子のように

寂しい思いをしてはいないか 

身体をこわしてはいないか

今もこうして歌いながら、涙がとめどなくあふれてきます。          私にとっての大切な曲です。

鹿 鳴 春

あの人は、本当に私のことをよくわかってくれている。 何が好きでこういうことが向いている向いていないとか、私の心理状態など、本当に理解してくれいていることが、このうえなくありがたい。

今日は疲れきっているだろうという日のDinnerに選んでくれたのが、銀座一丁目の鹿鳴春。なんでもこちらの会長さんとお仕事でお付き合いがあるとのこと。中国料理だと聞いていたが、伺ってびっくり!広東料理、それもふかひれ料理の専門店とのこと。

鹿鳴春  (ロクメイシュン)

http://www.koritoreru.com/rokumeisyun/index.html

シンプルで落ち着いた店内で、ビールをひと口戴いただけで、身体中のストレスがぬけてゆくかのよう。あぁ、癒されるぅ☆

鹿鳴春コース 5,000円を 

・前菜三種盛り合わせ
・銀座 鹿鳴春 特製・フカヒレ春巻き (長さ30センチ)
・海老とカリフラワー、獅子唐のさっぱり塩炒め
・グレープフルーツ入り黒酢の酢豚
・フカヒレ入りほうれん草スープ
・叉焼炒飯
・デザート

20071030_12910766香港の五つ星レストラン出身の総料理長 朱衛雄(シュ・ウェイフォン)氏による”医食同源”をテーマにしたお料理は、塩分や油などを極力控え、素材本来の味と食感を最大限に引き出すヘルシーな広東料理。品良く、美しく、しかも美味しい!グレープフルーツ入りの黒酢の酢豚などは、これで揚げたお肉なの?というくらい、さっぱりとしていて、しかも今までに食したことがないような味わいがありました。フカヒレ入りほうれん草スープは、こーんなに大きなフカヒレ♪というくらい、美味しいフカヒレが何枚も☆ フカヒレは薬膳としての効用も高いとのこと☆もう最高!

今度、両親が東京に来たときには必ず連れて来てあげようって決めました☆

行こう!ヨーロッパ

もう、お夕飯を作るのも後にして、見入ってしまった。

“世界の芸術巡り” http://www.ntv.co.jp/q/oa/20071028/01.html

2泊3日10万円で世界の芸術をいくつ見られるかというもので、フランス・イタリア・ヴァチカン・スペイン4カ国5都市を駆け回るという。

200pxmona_lisa1ルーブル美術館のレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた有名な「モナリザ」から始まって、「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」、オルセー美術館でのゴッホの「自画像」、「ノートルダム寺院」、彫刻「ダビデ像」「ヴィーナスの誕生」「最後の晩餐」「ゲロニカ」などなど、それはもうたくさん!すごぉい☆   この行程で私も行ってみたい!ヨーロッパ☆まだ行ったことが一度もないのですが、すごぉくヨーロッパに行ってみたいと思いました!街並みそのものが芸術のヨーロッパ。行くときは、ハネムーンでと思っていたが、この行程は美術好きのダーリンでないとキビシイ。かくなるうえは、誰か連れてってなどと言ってないで、ハワイ以来、封印していた海外ひとり旅を解いて、http://homepage2.nifty.com/sunflower15/hawaii.htm

3日でなくて、ゆっくりたっぷりと世界の名画・芸術に触れてみたいと思いました♪

狩野永徳

先日、読売新聞で記事を読んで、昨夜土曜の夜の楽しみであるテレビ東京の「美の巨人たち」を観て、     とても魅かれました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/onair/index.html

狩野永徳展 京都国立博物館にて。http://eitoku.exh.jp/index.html

Highlight_image011_2狩野派は、日本絵画史上最大の画派であり、室町時代から江戸時代末期まで400年もの間にわたって活動し、常に画壇の中心にあった専門画家集団です。親兄弟の血族関係を主軸としており、その子孫のひとりである狩野永徳は、織田信長、豊臣秀吉といった天下人に仕え、安土城、聚楽第、大阪城などの障壁画を制作。しかし、代表的な作品は、建物とともに滅びてしまったというものが多く、真筆とされる現存する作品は、わずか10件にもみたないと。また寺社仏閣、有力大名からの相次ぐ作画要請で仕事に追われて、過労で48歳という若さで命を縮めてしまったとも。写真の唐獅子図屏風は高さ2m以上もあり素晴らしい迫力があってというのを知って、最も爛熟した絵画の黄金期桃山時代に生を受け「時代を表現するために生まれ、時代は彼のために用意された」とまで評される狩野永徳展、ぜひ京都まで行ってみてみたいと思いました。誰か私を京都に連れてって♪

秋の成城会

20071027_94553657_2昨夜は、新宿 茶茶花(チャチャハナ)にて、秋の成城会で集まりました。新宿ゴールデン街にある、知らなかったら通り過ぎてしまうくらいに看板も小さく隠れ家的な雰囲気の「京風おばんさい」のお店です。店内に上がると、床や壁がホンノリと光る不思議な内装に驚かされます。歌舞伎町の喧騒が嘘のような別世界にて、お互いに初めてという方が多かったのですが、でも、そんなのまったく関係なく!すぐに楽しくお話できて(^0^)♪初めてお目にかかることができた故郷新潟の先輩、Oさんのユーモアあふれる会話運び、勉強になりました☆久しぶりに会ったKちゃん!相変わらずおしとやかで可愛らしく♪近日出発のトルコ旅行の旅行談、ぜひまた聞かせてね!初参加のSさん、新潟出身の人が多くてちょっぴり安心して楽しまれたのではないでしょうか。いつもあたたかくフォローして下さるMさん、またぜひ旅のお話聞かせて下さいね!やっぱりあなたは、何でも知っているのねぇと感心するほど、知識の宝庫のIくんと、みな本当にご一緒させていただけてありがとうございました。秋の夜に本当に楽しいひとときでした♪またみんなで集まりましょうね!

iPodnano

20071026_81143469iPodnano  iPodなの!

とってもご機嫌な毎日です♪

以前からいいなぁって

思っていたiPodnano☆プレゼントで戴いて使い始めたのですが、こんなに薄いのにこんなにたくさん曲が入って、もう最初に聴いたときには、「すごぉい!」こんなにいい音なんだぁと感動(^0^)!

朝は、ヴィバルディの「四季」で眠っていた脳を目覚めさせ、今日のようなちょっぴりぐずついた雨模様のお天気でも山下達郎氏のたからかな歌声で目の前に広がるのは真っ青な夏の海♪とっても重い荷物を持っていてもDiscoMusicのリズミカルなビートで階段を駆け下りて、夕方の疲れきった身体を寺尾聡さんの甘く優しい歌声が包んでくれる♡あぁ、なんて素晴らしい♪iPodnanoで楽しいMusicLifeです☆

ラピュタガーデン・アルトモンド

20071025_70109094昨夜は、かねてから行って  みたいと思っていた

青山

ラピュタガーデン・アルトモンドでのパーティがあり、お友達と伺いました。

http://www.tsuiteru.com/gr/altomond/

こちらは、ドラマのロケ場所でもよく使われていて、とってもスタイリッシュかつラグジュアリーなイタリアンレストランです。東京タワーや六本木ヒルズを臨み、眺めがよく、 プール付きのテラスなど、アーバンな雰囲気。
『上質な空間で上質な人たちとラグジュアリーな時間を楽しむ』をモットーにしたエクスクルーシブな会って、どんな方々がお集まりなのかと。

Jazzの生演奏にスプマンテ(イタリアのスパークリングワインです)にワイン、お食事は見た目も美しくとっても美味しいイタリアンフード。
≪buffet≫
-カニとエビのピンチョス
-スパニッシュ生春巻き
-本鮪のカルパッチョ
-パニーニ イタリアーノ
-イタリアンカプレーゼ
-豚しゃぶ バンブーソース
-アルトモンド風ガーデニングサラダ
-生ハム3種盛り合わせ
-サーモン・アボガドロール
-チキン(ウ゛ァッファーローウイング)フライドピンチョス
-アンダルシア風パエリア
-リングイーネ・ペスカトーレ
-もち豚ラグー 木の子のクリームパスタ
-骨付きもち豚のロースト パプリカマヨネーズ
-アルトモンド特製デザートブッフェ

どれも、ホント美味しくて、さらにデザートがたくさん種類があって、たっぷりと楽しみました♪

そう、それで、どんな方がいらっしゃっていたかというと、とってもみなさん楽しく個性的な方々で、輝くパワーを感じました!お洒落な雰囲気のパーティでたくさんの素敵な出会い、これからもこのご縁を大切にしてゆきたいなぁと♡ 秋の夜にとっても楽しいひとときでした☆

Mrs.Hanの店

また新しいよき出会いをいただきました☆

お仕事で知り合った方から、一緒に食事をとお誘いいただき、自由が丘へ。人生の3分の2以上がアメリカでの生活というとても理知的なお嬢さんをご紹介いただき、 3人で和やかに美味しく楽しい時間をご一緒させていただいたのは、「Mrs.Hanの店」。

20071024_64522954こちらは、韓容子さんと兄・姉の3人が共同経営するお店で、今年で14年目。店名の由来は、韓兄姉妹の母の味を伝えたい、という想いでつけられたそうです。韓国料理 = 焼き肉(プルコギ)というイメージが日本では根強くありますが、実際には、日本食と比較にならないほど野菜類、海の幸山の幸とバラエティーに富んだ韓国料理があるとのこと。

20071024_64500751辛いのかな?って思ってましたがびっくりするような辛さではなく、とっても美味しい旨味のある辛味です。どのお料理もボリュームたっぷり、お野菜もいっぱいで栄養満点!豆腐サラダ・鶏春巻き・テジチム・サムギョプサル・スンドゥプチゲ・石焼ビビンバとそれはそれはたくさん戴きました☆美味しい「韓国家庭料理」を戴いて、元気パワーをしっかりとチャージ♪とってもおすすめのお店です。いろんなお話を伺えて、また新しいご縁をいただけたことに心から感謝しています。       本当にありがとうございました☆

所在地 :東京都世田谷区奥沢 6-33-14 
営業時間 : 平日 17:00-2:00 (L.O. 1:30) 日・祭日 17:00-11:00 (L.O.10:30)
電話 : 03-5707-2051
定休日 : 年中無休 (正月三が日のみ休業)

アクセス : 東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車。大丸ピーコックの前の道を左折し、大井町線の線路を渡って100mほど行った右側のビル2階です。

人生の目的

20071023_3104001先日、テレビ東京系の

「カンブリア宮殿」の再放送を

観ていて、とても心魅かれる言葉に出会いました。

愛知県・豊橋市にある、

樹研工業の代表取締役社長 松浦元男 氏 。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/bn/060828.html

世界に通用する技術力とユニークな経営術。見るからに本当に屈託のない、Happyを感じさせる方。自らをしあわせですねとおっしゃっているのが 印象的でした。

なかでも、

「お金持ちになることを考えてはいけません。

有名になることを考えてはいけません。

偉くなろうと思ってはいけません。

これは人生の結果であって、これを目的にすると、

とんでもないことになる」

一生懸命、やった結果として、お金持ちになったり、有名になったりするのはよいのだそうです。この部分を目的にしてはいけないと。私は、もしもそういったことを目的にしていたら、次第に孤独になるのではと思いました。

みなさんの人生の目的はなんですか?

稲 門 祭

この週末は、一年近く前からとっても楽しみにしていた  早稲田大学の稲門祭に行ってきました。http://www.waseda.jp/alumni/tomonsai/index.htm

開校以来の卒業生・教職員OBをキャンパスに招き、ホームカミングデイも同時に行われるというものです。恩師や旧友、あるいは現教職員や在学生との同窓生同士の交流がはかられます。

今年は、早稲田大学は創立125周年とのことで、それはそれは盛大でした。私はとてもお世話になっている方々が早稲田大学のOBで大勢いらして、みな実行委員などで時間をかけていろいろと準備されたりと、とてもはりきっていらっしゃって、ぜひその勇姿を拝見したく、お伺いするは・ず・でした。

そう、伺えなかったんです(><)あんなに一年も前から本当に楽しみにしていたのに。一昨年に初めて伺い、とっても楽しく!☆昨年は仕事で伺えず。今年は必ずと思っていたのに、直前で仕事が・・・。仕事を入れないで伺えばよかったのですが、早稲田OBのおひとりの方からのお声掛けで、人手が足りないという感じだったので、自ら引き受けてしまい。終日、慣れない仕事でとても大変でその日の夕方には体調も思わしくなく。喉も痛めてしまいました(T_T)

今年は校友講演会に東国原知事もいらしたり、

http://www.waseda.jp/alumni/tomonsai/kouen.htm

大隈講堂や都内のライブハウスでは、校友による音楽祭や早稲田ナイトが開かれるなど、見所もまた盛りだくさんで、本当に行きたかったのです。http://www.waseda.jp/alumni/tomonsai/ongaku.htm

こんなふうな日記を書くことは初めてなのですが、伺えなくてとても残念だったので、その思ひを昇華させたくて書きました。本当にOBのみなさまお疲れさまでした。

早稲田大学創立125周年本当におめでとうございました。

南部鉄器

Nanbutetsu_photo_011以前から、憧れていた

南部鉄器。

夏に友達が故郷岩手のお土産だからと、南部鉄急須を買って来てくれました。貧血気味の私は、鉄分を摂りたいとかねてから思っていたので、とっても嬉しかったです。

みちのく岩手では、豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれて、古くから鋳物づくりが発達したそうです。特に南部、伊達両藩ではこれらを熱心に保護、推奨し、育成に努めました。現在では、盛岡と水沢が有名で、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいるそうです。

南部鉄器について  http://iwachu.co.jp/reki/rekisi.htm

温かいお茶が美味しくなる季節です。

伝統工芸品の素晴らしさを味わいつつ、ゆっくりとこの 南部鉄急須で美味しくお茶を入れて楽しみたいと思います♪

宝石箱や~!

G114700rc_4_11場所を移して

御徒町駅前の吉池直営店の海鮮居酒屋 

うまい処 池田屋 吉池総本店へ。 http://r.gnavi.co.jp/g114700/

お刺身の盛り合わせが運ばれてきて、びっくり!こんなに、どのお魚もキラキラと輝いていて、もう一目見ただけで、とびきり新鮮なのが、よくわかります☆                まるで、お刺身の宝石箱や~!一口、口に入れると、  しあわせ気分でいっぱいに♪

「魚専門店 吉池」直営店だから入荷する新鮮魚貝類は大人気。お酒もお食事のメニューも和食・洋食・中華と実にたくさんあって充実しており、どれも美味しいのです!大広間もあり、これからの時期、パーティーなどにもぴったり♪店内は広々としていてテーブル・席に余裕があり、ゆったりとくつろげで楽しめますฺ(ฺ♡ ◕‿◕)ぜひ、みなさまお運び下さいませ☆

寿司処 しゅん 

0205shunkashutou011好きなもの3つ挙げて!と言われたら、

間違いなくお寿司(^0^)!がランクイン☆

寿司処 しゅん 御徒町店 http://r.gnavi.co.jp/g114706/

生牡蠣や焼き牡蠣、かに味噌の甲羅焼きにお造りと、

たくさんご馳走になりました!とろけるような穴子が絶品☆私の大好きなウニもとっても新鮮で美味しかったです♪しゅん オリジナルの地ビールやお酒もあり、お酒は、もちろん、新潟のお酒。今宵は八海山を戴きました。さすが、評判のお店です。本当に美味しかったです!お寿司大好きの私、大満足の夜でした(^0^)☆何より、久方ぶりにお会いできたあなたに、心からとろけていました✣ฺ⋛⋋ฺ(ฺ✿ฺ´◕‿◕ฺ`✿ฺ)σ

秋の成城会のお知らせです☆

20071016_182030657みなさま、お元気ですか。

すっかり秋らしくなりましたね。

秋を楽しんでいますか?

秋の成城会のお知らせです☆

ぜひ、みんなで集まりましょう(^0^)♪

10月26日(金)の午後7時~

場所は新宿 茶茶花(ちゃちゃはな)にて。

http://www.jellyfish.bz/shop/tokyo/chacha-hana/chacha-hana.html

隠れ家的、京都おばんざいのお店です。季節感を大切にした、薄めの味付けで素材のうま味を引き出しているお料理です。昭和初期の一軒家を改装した店内は     ゆったりとくつろげる雰囲気。ぜひしっとりとした、大人の雰囲気でご一緒いたしましょう♪

女性は、会費4,000円 男性は、会費5,000円くらいの目安で。集合などの詳細は、個別にご案内しますので、  参加しまーす!という方は、お早めにブログへの書き込み、若しくは、rasasayan15@yahoo.co.jp へお申込み下さいませ。お待ちしています(^0^)☆

『ホリデイ』

『ホリデイ』  ジューさまにうっとりと♡ お洒落な雰囲気を楽しみました

http://www.holiday-movie.jp/top.html

20071016_182259438傷ついた心を癒すため、見知らぬ土地に旅立つ事を衝動的に決心したアマンダとアイリス。ネットを通じて知り合った二人は、ロスとロンドン近郊にあるお互いの家を2週間だけ交換する事に。こうしてロスからロンドンにやってきたアマンダは、同棲していた恋人と手ひどい別れをしたばかり。一方のアイリスは、片思いしていた同僚の婚約発表により失恋…。新しい土地で彼女たちを待っていたのは、美しい家と思い掛けない出会いでした。

大人の恋を描くことに定評のあるナンシー・メイヤーズ監督(恋愛適齢期・ハート・オブ・ウーマン)が、“ホーム・エクスチェンジ”という題材を使って妙齢の女性の新しい恋を演出。キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレットという最高のスターを得て、ロマンチックな物語に仕上がっています。

20071016_182200969_2もちろん、それぞれの恋の相手、ジュード・ロウとジャック・ブラックの男性陣も魅力たっぷり。私のジュード・ロウさま♥⋛⋋ฺ(ฺ* ◕‿◕ฺ *)σ スクリーンいっぱいに広がる彼のはにかんだ笑顔は最高です!それぞれの気持のゆれやエピソードに、あるある、そういうことってあるよねーと。2組の恋の行方を、アメリカとイギリスの時差を利用しながら同時進行していく語り口、随所に古きよきハリウッド映画の精神が見え隠れするなど、監督の映画へのオマージュも随所に込められていて、あたたかな気持になれるとても良質な作品に仕上がっています。美味しいフランス料理のランチに素敵な映画の二本立て、とっても楽しくリフレッシュできた一日でした!

『ドリームガールズ』

想像をはるかに超える面白さ!

『ドリームガールズ』

http://www.uipjapan.com/archive/dreamgirls/top.html

20071006_194424204トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した極上のエンターテインメント作品です。コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折の物語を、数々の名曲に載せて描いています。『シカゴ』で脚本を担当したビル・コンドンが監督と脚本を担当し、コーラスガール役にはグラミー賞受賞者のビヨンセ・ノウルズが扮して、共演者にはジェイミー・フォックスやエディ・マーフィなどの人気と実力を兼ね備えたスターが顔をそろえるなど、見応え十分☆ビヨンセ率いるコーラスガールたちが披露する歌声と魅惑的なパフォーマンスは圧巻です!本年度アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞のジェニファー・ハドソンの歌は、観る者を唸らせます。私も感動で涙がこぼれました。本国アメリカでは、彼女が歌うたびに、映画館でスタンディングオベーションが起こっていたというのも納得です。実は、この映画、ダイアナ・ロスとシュープリームスをモデルにして描いたものと。当時のファッションや世相、所属していたモータウンレコードや業界の内幕など、とても興味深かったです。映画館を一歩出ると、We are dreamgirl´s♪と口ずさみながら足取りも軽く☆今年度、私の中では、ベスト1☆という作品になりました!最高です☆☆☆☆☆

L´Abondance

20071015_12838266_2今日は映画デート♪

彼が新しいお店へと連れて行ってくれるという盛夏の 土曜のランチ:*(*´◕‿◕ฺ`人)*:。

どこまで行くのぉ。駅からずっと歩いて、到着したここは、

まるで別世界!びっくり☆

店内は豊かに実ったぶどうと葉のイメージで、

とってもお洒落で優雅な雰囲気♪ 

L´Abondance  http://www.l-abondance.com/

20071015_12553438まずは、シャンパンで乾杯し、喉を潤して。アミューズ 前菜 ポタージュ 主菜 デザート コーヒーのMenu B(\3,045)を。           

アミューズのあと、選んだのは、前菜で海の幸のニース風サラダ仕立てと春野菜のコンポーゼと生ハムのサラダ。

20071015_12638501まず、そのたっぷりとしたボリュームに驚きです!そして、トウモロコシのポタージュは、とても甘みがありさっぱりとして美味しく。主菜は、スパイスとハチミツ風味で煮込んだ豚モモ肉のラグー仕立て、玉葱のコンフィー添え。そして、和牛ミンチ肉とフォアグラ、キノコのパイ包み焼き、マデラソース。味付けもとても工夫が凝らされていて、

20071015_12745313お店の方もLunchはお特です!とおっしゃっていた のはそのボリュームや美味しさから言っても、納得です(^0^)☆赤ワインを1本お願いしましたが、ワインの品揃えもよく、とても美味しかったです♪  そして、こちらで焼いているというパンは、初めて!こんなに美味しいパンは♪というくらい自然な味わいのあるパンでした☆ 

フランスの伝統的手法をベースにしつつ和の食材も柔軟に取り入れた料理は、目で楽しみ、舌で味わう極上の芸術品。デザートの盛り合わせも、もちろん大満足でした!店名のラボンダンスとは、仏語で「豊穣」。店名にふさわしい豊穣の味わいを堪能できるレストランです。とってもおすすめです!

   

新聞配達に関するハガキエッセイコンテスト

20071014_1457672_2昨日は、

「新聞配達に関するはがきエッセーコンテスト」の表彰式があり、司会を務めさせて頂きました。

今年で4年目の司会になります。

日本の新聞の発行部数は約5,200万部。そのうち94.3%の新聞が、約43万2,000人の販売従業員によって毎日、読者の手元まで戸別配達されています。 新聞配達に関するちょっといい話、日ごろ感じていることや心温まるエピソード、新聞配達での経験などを400字程度のエッセーにまとめ、応募があったものです。

http://www.readme-press.com/essay/14time/index.html  

20071014_63557657はるばる滋賀や福島などから  みなさん表彰式においでになっていて、受賞の喜びのスピーチもどの方もとても立派で、本当に感心しました。特別審査員にはタレントの江口ともみさん。人間のふれあいが感じられる新聞というメディアを通してとても優しい目線での感想をいただきました。そばで見ていてもとても素敵な方でした。受賞作品を、ぜひ上記でご覧下さい。本当にあたたかな、涙がこぼれるほど、どの作品もとても素晴らしいです。 私はいつも心をこめてご紹介させていただいています。 昨年は、朗読を聞いていて、取材に来ていた新聞記者の方が号泣されていました。こうして今年もまた司会を務めさせていただけたことが、本当に嬉しかったです。地域にもよりますが、今朝の朝刊にエッセイコンテストの記事、若しくは新聞週間についての特集等が載っているかもしれません。「新聞」をもっともっと身近に感じていただけましたらと思います。

金木犀の香り

20071008_185008454少し曇り空のある秋の朝。

窓を開けて、しばらくすると、

すぅーっといい香りが。

朝の目覚めをうながすかのように、風に運ばれて、

部屋の中まで、金木犀の香りが入ってきた。

爽やかな金木犀の香りの中で、

ゆっくりと深呼吸してみる。

あぁ、秋なんだなぁ。

大家さんのお庭の柿の木も色づきはじめてる。

一日、一日を大切に。今のしあわせを心から感謝して☆

静 夜 思

20071006_150228047神社から帰ってくると、

叔母の家のすぐそばの灯篭に

ふと目がとまりました。

静 夜 思 

牀前看月光
疑是地上霜
挙頭望山月
低頭思故郷

静夜思(せいやし)   李白(りはく)
牀前(しょうぜん)月光(げっこう)を看(み)る
疑(うたご)うらくは是(こ)れ地上(ちじょう)の霜(しも)かと
頭(こうべ)を挙(あ)げて山月(さんげつ)を望(のぞ)み
頭(こうべ)を低(た)れて故郷(こきょう)を思(おも)う

後に「詩仙」とも言われた唐の詩人李白の「静夜思」。  秋の静かな夜、寝台の前に月の光が白く差し込むのを見て、地上に降った霜かと思ったほどだ。頭を上げて窓の外を見ると、山の端に月が輝いている。その月を眺めていると、故郷のことが思い起こされ、頭は知らず知らずうなだれて、望郷の念にひたるのである。

今から千年以上も前の「静夜の思い」ですが、ちょうど現に自分が、その青白い月光を浴びつつ郷愁にひたっているさなかに、ひときわこの詩が感慨深く、李白と同じ境涯にひき入れられました。この詩の中には一種の哀愁がこもっていますが、なにかそこはかとない永遠な美しさを感じたふるさとの夜でした。

夏 祭 り

ちょうどお祭りだからということで、叔母の家に呼んでもらいました。近くに住む祖母も招かれていて、久しぶりにみんなに会えてとっても嬉しかったです。話題のつきない  楽しいお喋り、たくさんのご馳走が並び、うちうちで囲む食卓のあたたかさ。食事のあとは、花火を楽しみました。少しはなれたところで打ち上げられている花火は、ドーン。ドーンと。打ち上がる速度もゆっくりで、パッと開いて、しばらくしたあとで、静かにドーンと音が聞こえてくる。あぁ、なつかしい。このゆったりとしたリズム、これが小さい頃から見ていた花火だよね。神社でカラオケ大会もあるということで、みなで行きました。境内では、叔父といとこが、炭火焼きのやきとりと生ビールを供して。やきとりをほおばりながら、生ビール片手に見るカラオケ大会。おひねりも飛んでいて、見ていてもとても楽しく。やさしい月明かりの中、ふるさとのお祭り気分をたっぷりと味わいました。

ふるさとの夏休み

20071006_150205032なんだか、この景色を見ているだけで、涙がでてくる。やっと帰ってこれた。

久しぶりの帰郷。

越後湯沢からほくほく線に乗り込むと、田んぼと遠くに山々が広がる、懐かしいこの景色。私の生まれ育った 新潟そのもの。今日は、初めてほくほく線ゆめぞら号に。http://www.hokuhoku.co.jp/5yumezora/index.html      日本初のシアター・トレインゆめぞら号は、トンネルに入ると突然電車の天井が巨大スクリーンに変わって、最新のコンピューター・グラフィックで作られた映像が臨場感たっぷりに夢の世界へと誘ってくれます。たくさんの魚たち、イルカやクジラなどもでてくる海の世界に、あちこちで子供たちもキャッキャッと歓声が。私もしばし見とれて 楽しんでいるうちに、十日町へと到着。

アリババと四十人の盗賊

Koteis311小学校の頃は、えーと、学芸会。

確か、3年か4年生のとき。

一学年一クラスのわが中津小学校

http://www1.ocn.ne.jp/~nakatsu/ での学芸会の出しものは、「アリババと四十人の盗賊」の劇でした。

その中で、私の役は、゛語り゛。そう、マイクの前でト書きの部分を紹介してお話をすすめてゆく゛語り手゛だったのです。そのとき、マイクの前に向った自分を今でも覚えています。緊張したかな?どうだったかなぁ。       本を読むことも、さされて国語の教科書をみんなの前で読むのも、幼い頃から大好きでした。こうして、アナウンサーという話す仕事に就いた事の始まりは、「アリババと四十人の盗賊」もそのひとつであったように思います。

歌  姫

Moirko21文化祭の帰り道、考えた。

初めての文化祭は、

まだ小学生のとき、

幼なじみのお姉さんの高校の文化祭に行って、確か、  ホットケーキを食べたよね。覚えてる。みんな年上だし、なんだか初めての文化祭でどきどきしたっけ。

それはそうと、私は学生時代、文化祭で何を?

中学?http://www1.ocn.ne.jp/~tsunan/                                           んー、思い出せない。                                                                               えーと、確か高校http://www.tookamachi-h.nein.ed.jp/のときに、クラスの中でバンドを組んで、ボーカルで        「翼の折れたエンジェル」を歌ったなぁ。写真同好会では、モデルで。2年のときは、一学年上の先輩のクラスのカラオケ大会に出て松田聖子の「ピンクのモーツァルト」を♪              

大学http://www.musashino-u.ac.jp/のときは、仏教文化研究所の代表で、学園祭のステージで、中森明菜の「DESIRE」を振り付きで熱唱!

あれ?私って、歌ってばっかり(ฺ✿ฺ´◕‿◕ฺ`✿ฺ)

文 化 祭

仕事で、都内の高校に伺っています。そんな中、うちの文化祭があるからおいでよと、お世話になっている先生にお声掛けいただいて、秋晴れの一日、某私立高校の文化祭へ。仕事でのつながりもあって、教頭先生にまずはご挨拶をさせていただきました。続いて、進路の先生ともお話させていただき、その後は、校舎を案内していただくことに。それにしても、ここで2千人あまりの生徒さんが通っているとはびっくりです。とても機能的にまとめられた建物は、スカイデッキなどもあり、屋上からの見晴らしもよく。あちこちで、模擬店があり、そうめんや、アイスクリーム&お化け屋敷、ホットケーキ等々。ミニスカートの女子生徒さんが焼いてくれたアイスとチョコレートがかかっていてとっても可愛らしいホットケーキとお茶をご馳走になりました(^0^)☆とっても美味しかったです♪ちょうど、吹奏楽部の演奏会が始まるとのことで、拝見することに。地域の方や父兄、友達たちなど大勢を前にして、堂々とした演奏ぶりは、とっても素晴らしかったです! あぁ、今日のこの日のために一生懸命、みんなで練習してきたんだなぁと、その気持がとても伝わってきました。構成もなかなか工夫を凝らしていて、たいしたものだなぁと感心しきりです。一番、印象的だったのは、先生が、どの生徒さんに対してもきちんと向き合って、注意すべきところは注意し、たえず周囲に目配りをしていらっしゃるのをそばで見ていて、本当にすごいなぁって思いました。 とてもたくさんの熱い思いを感じた一日でした。本当にありがとうございました☆

『バーバー』

20071006_100000141髪型を変えるように

少しだけ人生を変えたい

ようやくあの夏の日からしばらくして、秋に新宿武蔵野館にて

『バーバー(2001)THE MAN WHO WASNTEN´T THERE』を。http://barber.asmik-ace.co.jp/top.html

1949年夏のカリフォルニア。義兄が営む理髪店で毎日客の髪を刈り続ける寡黙な男エド・クレイン(ビリー・ボブ・ソーントン)は、当時のベンチャービジネスでもあったドライクリーニングと出会い、クリーニング屋を始めるための資金稼ぎとして、妻の不倫相手をゆすってしまう…。ちょっとした恐喝は、様々な悪夢を巻き起こし、事態は思いもよらぬ方向へ。

『ファーゴ』(は、2回劇場で)や『オー・ブラザー!』で、もうこの独特の世界観が大好きになったイーサン&ジョエル・コーエン兄弟の9作目である『バーバー』。初の全編モノクローム作品(カラー・フィルムで撮影し、そこからモノクロ・ネガフィルムに現像)は、理髪店の三色サインのズームインから始まる。そのファーストシーンだけで、もう感動!タバコをくゆらすビリー・ボブ・ソーントンの渋さに、コーエン兄弟ならではのそこはかとないユーモアセンス、たまらなくカッコイイ。ドライクリーニングのために人生を狂わされていく主人公およびその周りの人々を、文字通りドライに描いていく作品です。私、好きなんです。こういう感じも。こうして書いていて、懐かしいなぁ、また観たいなぁって思いました。

偶   然

一瞬、それを見たときに、「えっ?」とは思っていた。しかし、もぎりのおじさんに尋ねて現実となった。「バーバーは?」「昨日までです。」(う、ウソでしょうー><)確かにさっき、階段を駆け登ってくるときに貼られていたポスターは『アメリ』。友達に詫びて、ともかく『アメリ』を観ることに。http://www.albatros-film.com/movie/amelie/

979452_1411フランスで『デリカテッセン』『ロスト・チルドレン』で知られるジャン=ピエール・ジュネ監督が、モンマルトルの街で夢見がちに生きる若い女性の軽やかな日常を描いた、ポップなヒロイン・ムービーです。 22歳のアメリ(オドレイ・トトゥ)は、ある日“他人を幸福にする喜び”に目覚めて密かな悪戯にひたっていくのですが、やがてひとりの青年に恋したことで、メルヘンの世界から現実へ踏み出す必要へと迫られていきます…。

どこかお人好しでお節介、そのくせ自分からはなかなか翔び立てない小悪魔アメリがキュートでとっても可愛らしく。遊び心たっぷりの映像と音の演出も小粋で楽しく。フランス本国では、公開一週間で120万人もの観客を動員。その後もロングランヒットをつづけ、評判を聞いて、シラク大統領やジョスパン首相までもが、鑑賞したといいます。そして日本でも驚異的大ヒットを記録し、「観た人を幸せにする映画」という監督自身の弁を見事に裏付けることにもなった快作であり、私も観たいと思っていました。『アメリ』は偶然が偶然を呼ぶ映画ですが、こうして偶然にも『アメリ』を観ることになるとは。どこで感じたこともないような楽しく不思議な感覚を味わえた『アメリ』。誘われるようにした観たある夏の思い出でした。

そこつもの

とうとうしびれを切らして、私から電話を。「今、どこ?」「下高井戸の改札のとこにいるよ」「ホント?私も改札のとこにいるんだけど。改札のどのあたり?」確かに、改札を出たところにいるという友達。えっ?もういったいどこにいるのよぉ?!とやりとりしていて、ふっと我にかえった。「ごめん、今すぐ行くから、下高井戸シネマの前に行ってて!!」なんと私がいたのは、ひとつ手前の明大前の改札(><)駅員さんにもう一度、下高井戸シネマの場所を尋ね、そこから一駅、慌てて走りました。私ったら、なんてことー(><)もうすごいこんな思い込みをして。こういうときに中学時代の陸上スキー部の足が生かされます。必死に走ってようやく着いた下高井戸シネマ。友人はすでに到着済み。「ごめんー」(><)って言いながら、もぎりを目指して階段を駆け上がり、そこで見たものは・・・

あの夏の日

20071003_93930610何年か前のことになりますが、私には映画の師匠がいました。師匠であるその人は、映画会社に勤務していて、立場上、たくさんの映画の招待券や試写会の案内がきており、よく誘っていただいたり、使いきれないからと、私にチケットを送ってきてくれたり。そんなあるとき、下高井戸シネマのチケットをいただいて。作品を確認すると私の観たかった「バーバー」!友人に声を掛け、下高井戸駅の改札で待ち合わせた、とある晩夏の土曜の夕方。午後6時15分の待ち合わせでしたが、6時過ぎに着いた私は駅の改札で、下高井戸シネマの場所を尋ねて確認し、改札を行き交う人を眺めながら、のんびりと待っていました。午後6時15分。友達の姿はまだ見えません。あー、何かこの前に用事があるって言っていたものなぁ。気長に待っていたのですが、午後6時20分を過ぎても現れない。あれ?どうしたんだろう・・・

最高の仲間たち

なんの迷いもなく憂いもなく心から信頼できる仲間たち!昨夜はお仲間のひとりがお誕生日ということで、ぜひみんなでお祝いをと、集まりました(^0^)!ずっと前から、指折り数えてこうしてみんなで集まるのを心から楽しみにしていました。なんといっても、みんな本当に明るく楽しい♪最高に素敵なみなさんです。こうした仲間の輪の中にいることが、本当にしあわせを実感します☆

お誕生日のお祝いは、ご本人のリクエストで焼肉 京城 にて。http://www5a.biglobe.ne.jp/~keijyou/index.htm 

20071002_95126204松阪牛・近江牛の中でも最高級のA-5のお肉を供してくれる、とびきり美味しい焼肉やさんです!旨味がギュッとつまった松阪牛のそれはそれは美味しいこと♪どこで食する焼肉ともちがいます。こちらはホントおすすめです☆☆☆みなでワイワイとにぎやかに食べる焼肉はまた美味しさも格別です♪焼肉のあとはすぐそばにあるカラオケやさんへ。思いっきりみんなで歌って、最高の笑顔がはじけます!当のご本人もスティービー・ワンダーの「Happy Birthday」やビートルズの「Birthday」を歌ってご機嫌です♪こうしてみんなでお祝いできて、本当によかったです。またみんなで、ぜひ集まりましょう!私の大切な最高の仲間のみなさんは、私に とってかけがえのない財産です。

『どんど晴れ』

この半年間、毎朝、楽しみにしていた

NHK 連続テレビ小説『どんど晴れ』。http://www3.nhk.or.jp/asadora/dondo/index.html

20071001_65257313民話の郷・岩手県を舞台に、名門旅館に飛び込んだ横浜育ちのヒロイン・夏美が、伝統と格式の前で孤軍奮闘しながら成長していく様をさわやかに描く、笑いと涙の『女将奮闘記』。人の心のあたたかさ、思いやりの大切さ、古きよき日本の伝統~おもてなしの心を大切にと、爽やかな朝にぴったりの明るい素晴らしいドラマでした。行く先々でつらいことや苦しいことがたくさん待ち受けているヒロイン・夏美が、太陽のように周りを明るく照らし、いつも前向きで明るくがんばってゆく様子は、とっても勇気づけられる思いでした。

20071001_65319532タイトル「どんど晴れ」は、民謡の最後に使う「どんどはれ(めでたしめでたしの意味)」という言葉と、岩手の広く晴れ渡る空のイメージから取ったそうです。民話の世界では、人間本来の感情をむき出しにし、ぶつかり合うことで、最後に「どんどはれ」が訪れるとのこと。「来者如帰」来る者帰るがごとし~いらしたいただいたお客さまには、我が家に帰ってきたようにくつろいでもらえるおもてなしを。「来るものに安らぎを 去り行くものにしあわせを」相通ずるこのふたつの言葉は、  とても重みがあり印象深かったです。私もそういった思いで、ブログ「ハッピーサンフラワー」をはじめ、いつも過してゆきたいなぁと思います。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。