毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の29件の投稿

生まれてはじめての!

Fw0496_011昨夜29日(土)は、2007調布市花火大会でした☆この時期に花火大会と思われるでしょう。ここ2年ほど、会場近くまで行って観ているので、今年もぜひと思っていましたが、お天気が朝から雨模様だし・・・そんなところへ、夕刻、友人から思わぬ電話が。テーブル席のチケットを譲ってくれるというのです。もう仕事を終えて、急いで調布に向かいました。布田駅から有料席の会場まで花火を見上げながら思いっきり駆けて行きました!譲ってもらったのは、SA席といって一番の特等席。席からグラウンドをはさんですぐ向こうの多摩川べりで打ち上げるのです。その大迫力たるや、まさに言葉を失うくらい、本当にびっくりしました(^0^)!こんなにまじかで花火を見たのは、生まれて初めてです。何のさえぎりもない、空いっぱいにいろとりどりのカラフルな花火が打ち上がるたびに、まさに星が煌めいてふってくるかのよう☆涼しい秋の夜風に吹かれて観る花火は、また風情があります。調布の花火は、10,000発の花火を70分間ノンストップで打ち上げてゆくのです。ドーンドーンと、ひとつまたひとつと花火が高く高く打ちあがるたびに、ゆく夏を思ひ、火の光の饗宴に、ほおっと感嘆の声にならぬ声を上げ。素晴らしい大迫力の花火、私の家族や大切な人たちに見せてあげたいなぁって。夏の締めくくりとして、こんなにも花火をまじかで観ることが出来て、最高によい思い出になりました。生まれてはじめてのこの感動は一生忘れません☆☆☆☆☆

万年筆が似合う彼

20070928_145127157みなさん、万年筆って、日頃、使われていますか?私は、お手紙を書くときに使います。なかなか慣れないと上手く書けないのですが、インクのさまざまな色あい、匂い、趣きがあって、もっと万年筆を使いたいなぁと思います。

万年筆ベストコーディネイト賞2007

http://www.heartline.jp/form/index.html

万年筆が似合う芸能人の男女、各1人ずつを選出して、表彰するものです。 事前に各20人の名前が掲載されている中で選ぶ訳ですが、私の最愛の人、寺尾聰さんの名前を見つけました!

20070928_145245735私は早速、寺尾さんに投票しました♪

みなさまへ、伏してのお願いですm(__)mどうか寺尾さんへのみなさまのあたたかいお心を、何卒よろしくお願い致します☆寺尾さんを表に出して下さい!表彰式は、きっとTVや新聞等で報道されるはず。寺尾さんのお姿が見たいのです♡だって、昨年12月に25年ぶりのCD「Re-Cool Reflections」を出されて、昨年の暮れは全国縦断(と言っても松山・大阪・東京・札幌の4箇所。  うち東京と札幌の2箇所を制覇!

http://sunflower15.cocolog-nifty.com/happy/2006/12/index.html 

※今宵あなたと ※人生最高のクリスマスに詳しく)のディナーショー♪そして、今年はダイヤモンドやリポビタンファインのCMに。しかし、本当に欲のない方で始終、TVや映画にというのではないので、まことに最近のお姿がなかなか見られないのです。投票すると抽選で世界の筆記具が当たるとのこと☆

よろしければ、ぜひ応募なさって下さい!

締め切りは、9月30日です。お早めに☆

BAR HIGHLANDER

20070928_74001313ゆったりと名画を楽しんだ

あとは、ひと息つこうと、

別館1階にある

「BAR HIGHLANDER」へ。http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/bar/highlander/index.html

“スコティッシュバー”「BAR HIGHLANDER」は、200余種を誇るスコッチのコレクションや世界各国のビールが楽しめるとのこと。Gargeryそして、Bitbrugerというおすすめのビールを頼み、おつまみには生ハムを。生ハムは、イベリコ豚使用の最高級品「ハモン イベリコべジョータ」。ビールもとっても美味しくて、生ハムもとても味わいが深く、今までどこで食したものより最高!  今日、一日をふりかえって本当に充実した楽しい夏休みだったね♪美味しいお食事、たくさんの素晴らしい芸術にふれることができて。日々の喧騒から離れた特別な場所、ホテルオークラで、こんなにも楽しめるなんて、本当に素敵☆本当の『贅沢』って、癒しやくつろぎがあり時間的にも精神的にもゆとりを持って、ゆったりとした気持でいることなのねと。

あなたと一緒に、とっても素晴らしい贅沢な夏休みを過せて本当にしあわせ♡最高の一日でした☆

秘蔵の名品アートコレクション展

さていよいよ、今回の一番のお目当てでもある

『第13回 秘蔵の名品 アートコレクション展』へ。http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/event/art07/

Syslay1ホテルオークラの別館に会場があると。別館を訪れるのは、私は初めて。この展覧会はホテルオークラが企業・団体・個人が所有している作品を集めて公開している展覧会で、普通の展覧会などではなかなか出てこないような作品がとても多く見られる展覧会なんだよ、と彼。彼は以前にも来たことがあると。私は、初めてでした。毎年お盆の頃の恒例となっている展覧会とのことで、チャリティーイベントとして企画され、利益やカタログ代などはいくつかの団体に寄付されるとのこと。展覧会場は大きく西洋洋画、日本画、洋画のコーナーに分かれていて、ホテル独特のふかふかの絨毯の上を歩いて作品を楽しみました。それにしても、ルノワール、ピカソ、パウルクレー、モディリアーニ、シスレーなどの名画がずらりと。また、藤田嗣治、佐伯祐三、東山魁夷、円山応挙、横山大観、上村松園などいずれも大家と言われる素晴らしい作品ばかりです。普段のホテルでも美術館でもない、なんだか、とっても特別な空間で多岐にわたった作品を近世から近代までゆったりと楽しみました。

20070813_3206861私が気に入ったのは、日本画の鏑木清方「雨月物語」と上村松園「鼓の音」。日本画の繊細さ、品のある凛とした佇まいをとても美しいと感じました。ゆっくりと観たあとは、彼とどの作品が一番よかったか、この作品はどうかしら?と一緒にもう一度一周してまわりました。さすが、秘蔵の名品と銘打っているだけあって、たっぷりとたくさんの名画を堪能でき、とても大満足でした。

アジアへの憧憬

20070926_100320922大倉集古館のコレクションは、大倉喜八郎・喜七郎父子の蒐集によりますが、ケンブリッジ大学に留学し、英国紳士のたしなみを身につけた息子と違い、父親は生きた時代もあって、アジアに深く眼を向けていました。
大倉集古館がここは中国なのかしらと思わせるような、中華風の独特な雰囲気であるのは、そういったところにもよるのでしょうか。

館内は、ひんやりとした空気が流れ、すっと落ち着いた静寂。大倉コレクション「アジアへの憧憬(しょうけい)」と題して、東南アジア・インド、朝鮮といったアジア諸国の仏教美術、中国の絵画、陶磁・漆工などの工芸品、陶俑や銅鏡などの考古遺物に加えて、宋元版本の貴重書を含む中国の古典籍と極めて多岐に亘った汎アジア的な視点から東洋のコレクションが紹介されています。http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/shukokan/asia.html

Item11Item41細やかな陶磁・漆工などの工芸品から、見上げるほどの大きな仏像まで、古くは、春秋時代・紀元前 3世紀 とさかのぼり、氏の熱心な東洋美術への感心が伺え、とても興味深かったです。年に5回ほど企画展を行い、様々な視点から作品を紹介しており、この「アジアへの憧憬(しょうけい)」は今月末まで。お庭には大きな大倉喜八郎の像もありました。

さて、いよいよ次は、今日の一番のお目当てのところへ。

大倉集古館

Lm_250img11鉄板焼 さざんかで美味しいランチの後は、大倉集古館へ。ここは、初めて知りました。

帝国ホテル、大成建設、サッポロビールなどの創業に関与した大倉財閥の創始者・明治の実業家、大倉喜八郎がhttp://www.geocities.jp/kazumihome2004/13-1.html1917年に開館した日本初の私立美術館とのこと。明治維新後の世相や廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により、日本の芸術品が海外に流出されるのを惜しんで集めたコレクションが中心になっています。国宝「普賢菩薩騎象像」など絵画・彫刻工芸品・能装束といった多岐にわたる日本の美術品2,000点と35,000冊の漢籍を所蔵。その後、ホテルオークラの創始者で息子の大倉喜七郎がhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%80%89%E5%96%9C%E4%B8%83%E9%83%8E近代日本画にまで所蔵品の幅を広げて、収蔵品はこの親子2代で蒐集したものだそうです。

20070924_234407876伊藤忠太氏http://one-y.com/pc/human/ito.html(氏が建築設計の実務にあたり造営された神社仏閣はあまたあり、その主なものは、伊勢両宮、平安神宮、明治神宮、靖国神社、築地西本願寺、不忍弁天門龍門等)設計による大倉集古館外観と入り口です。

今まで訪れたどの美術館とも、まったく違う、歴史の趣きを感じさせる雰囲気。さぁ、中に入ってみましょう。

鉄板焼 さざんか

えっ、ここ?すごいなぁ!                             本館11階の鉄板焼 さざんか。http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/restaurant/sazanka/index.html

特選和牛をはじめ、新鮮な魚貝類や野菜を目の前で焼き上げてという、鉄板焼 さざんか。名前は聞いたことあるけど、私は訪れたのは、今日が初めて。「夜は、とってもいいお値段だけどね。ランチだとそうでもないんだよ。」って彼は言うけど。 さざんかランチ 山\4,725を。まず、シェフがこちらのお肉ですと、大きな和牛サーロインの塊りのお肉を、運んで来て見せてくれる。 お肉まで見せてくれるところなんて、初めて!やっぱりオークラは違うんだなぁ。それにしても、美味しそうなお肉☆お肉の良し悪しはわかるもの。だって、うちはもともと、お肉屋さん。小さい頃から美味しいお肉を見て、お客さまに提供して、食してきた。生ビールを頼んで、目の前で、シェフがあざやかな手さばきで、お肉を上手に焼き上げてくれるのを楽しむ。フランベで、ちょっと炎も上がったりして、一連のこの目の前の饗宴は、見ていてとっても芸術的☆お肉の焼き上がりに、より一層、期待が高まる♪

Photo_menu011さぁ!ようやく和牛サーロインが(^0^)口に入れると、それはやっぱり、どこで食したのとも違う。なんて、やわらかでお肉の旨味が存分に伝わってくるんだろう。美味しい!とっても美味しいね♪ゆったりとグラスの赤ワインをかたむけながら、とびきり美味しい和牛サーロインをじっくりと味わいました。

コーヒー とデザートとシャーベットは、席を移してソファにゆったりと座りながら。シャーベットも私が頼んだのは、赤米を使ったというめずらしいもの。外は、まだ猛暑だけど、ガラス一枚隔てたここは、とっても涼やか♪このままここでお喋りしていたいけど、さぁ、そろそろ次に行かないと。本当に、素晴らしく美味しい鉄板焼   さざんか ランチでした☆☆☆☆☆

贅沢な夏休み

私のblogは、日々毎日がとても充実していて、みなさんとお話したいことがたくさんあり、オンタイムでUPされていないことを、ここにご案内申し上げます。

今年の夏休み、お盆休みは、都内にて。うち、本当にゆったりとした贅沢な、いや、考えてみるとかえって  リーズナブルともいえる、ある夏の日の私の休日。

待ち合わせは、ホテルオークラ東京の本館ロビー。http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/index.html 

Img_index031一歩足を踏み入れると静寂なこの広々とした空間は、そこに集うものの空気を一変させてくれます。階段を数段下りたところに広がるその空間を灯すのは、創業時からオークラを彩ってきた、幾重にも連なるランタンです。窓の障子に目をやれば、庭の竹林が美しいシルエット描き、壁には日本伝統の文様である麻葉柄。ここには、洋の佇まいであるホテルに、和のやすらぎともたらす昔ながらの日本の美があります。 そして驚くべきことは、このロビーを見下ろすように設けられた2階のホワイエから眺めてみると、ロビーに設けられたソファとテーブルとが、白と紅との梅の花を模っているということ。この緻密な空間設計に、外国から訪れる多くのゲストは「最も日本を感じることができる場所」と。

ちょうどお昼の待ち合わせ、彼がランチを予約してくれているとのこと。どこのレストランに連れて行ってくれるのかしら?とっても楽しみ♪

足をむけては寝られない

足をむけては寝られないというくらい本当にお世話になっている人がたくさんいる。中でも、北陸朝日放送から東京にやってきて、これまで長きにわたって、いつもいつも事あるごとに相談にのってもらい、アドバイスを受け、まるで親戚縁者のようにすっかりと頼りにさせていただいてきた方。昨日は、その方のお誕生日!一緒にお食事ということで、こちら、海鮮丸に♪http://r.gnavi.co.jp/b452700/ 

20070922_90259141いつも贔屓にしているとのことでお店からは、ドーンとお刺身船盛りが☆鮑にウニ、鯛にと、ホント美味しい!こんなに新鮮で美味しいお刺身は、なかなかないよね(^0^)!お店のスタッフは店長はじめ皆イケメン&美人さん揃い♪それというのも、みな俳優のたまごだったり、芸能のお仕事しているとのこと。日本酒をかたむけながら、腰を痛めたときも、交通事故に遭ったときも、仕事でもプライベートでもと、これまで本当に何でも話して、幾多の多難をくぐりぬけ、いつもいつも支えてもらってきたことへの感謝を☆明るく常に前向きであり、なによりも人と人とのつながりを大切にするその広いお心を思うと、私も、もっともっとちゃんと見習ってゆきたいと思いました。

自由が丘にて

「富澤さん、髪とってもいいですね。サラサラですよ♪」とブランコのTくん☆「そう(^0^)!ありがとう☆」「シャンプーとか変えました?」「確かにシャンプーは変えたわ」えーとそれから髪にあと・・・と考えながらすぐに気付いた。あっ、シャンプーもあるけど、きっと自由が丘でのmienoさんにお世話になっているからだわって☆ http://www.mieno.net/

この春から、自由が丘のmienoさんでカラーモデルをお願いしている。普通にカラーをこちらでお願いすると、120分で12,600円。しかし、営業終了後、店内で、私とスタッフのKちゃんだけで、ボサノヴァ&ソフト・ジャズがゆったりと流れる中、貸切でカラーをしてもらうのです。カラーの材料代だけでと、とってもリーズナブル♪それもとってもシャンプーが上手で、すべてにわたって丁寧に行ってくれて、もう心地よくてzzz Kちゃんの素直で優しい人柄も合わせて癒しの空間を作ってくれています☆とっても心地よくて本当に感謝してます!

東京湾納涼船

東京湾納涼船って、みなさんご存知ですか?http://www.tokaikisen.co.jp/packtour/summer2007/noryo/index.html

To_0307031_27月から9月24日まで

竹芝桟橋から毎日19:15出航して、

レインボーブリッジをくぐり、ぐるりと東京湾を一周してというもので、お友達に誘ってもらって、先日、初めて楽しんできました♪

20070920_24816969大型客船さるびあ丸は、

実際に伊豆七島に運行している船とのこと。

どういったものか、まったく知らなかったのですが、それはもう大変な賑わいです!浴衣姿の人も多く、船上の夏祭りといった感じ(^0^)☆イベントも各種あり、浴衣ダンサーズなるものも。http://www3.ocn.ne.jp/%7Etkk/nryo/yukata_dancers.htm

海から眺める東京ベイエリアの夜景は、最高!海風に吹かれて生ビールを楽しみ、東京湾ドックやチヂミなどの屋台料理を味わったり♪ご一緒させていただいた方々は、みなさん初めてお目にかかる方ばかりだったのですが、とっても楽しく素敵な方々で☆♡(*→‿◕ฺฺ*)本当にありがとうございました。 

サザンの曲がながれ、夏の醍醐味を感じさせる東京湾納涼船!船上での夜景観賞もでき、この夏のとてもよい思い出になりました*。:(* ◕ฺิ‿◕ฺ ฺ人)♦゚☆。

目指すはここ!

Kat21走りまわって倒れそうになって、

ようやく辿り着く。

そして、あぁ、目指すはここだったのだなぁと気付かされる。

昨日は、青山のBLANCOでカットを☆髪を切ってもらうだけでなく、いらないものをすべてとり払ってくれる土屋さん☆ http://www.blanco.co.jp/contents/designer_list.php?id=1

もう本当になんてステキなんだろう♪ここにいる人たちはすべて、アシスタントのスタッフ彼らも(特にTくん!)別名、土屋ROOMと言われるこの3Fのフロアも、世界中どこを探してもみつからない、ここだけの特別な場所!洗練された素晴らしい場所で身も心もリラックス♡新しい自分に生まれ変わる。完璧にしてもらって、とっても満足☆さぁ!今日はキメなきゃ☆

人生が変るとき

20050907_21453614111私の中で今日、9月17日は

大切な記念日です。  

幼いころ、そう小学生時代って

一番のびのびとして何ものにもとらわれず

幸せで楽しい毎日でした。

もう一度、そんな一番素直でしあわせな自分になれたらって。  太陽を向いて大きな花を咲かせて、夏の陽を浴びてきらきら輝く ひまわりのように。

ひとつの出会いが人生を大きく変える。今日という日があったからこそ、今の自分がある。本当に心から感謝しています。      あなたに出会えたから、いまのしあわせな自分があることを、   いつも深く心において、また笑顔で楽しくがんばります!

ヱビスビールゼリー

10789_pc_m1銀座の社交場、

銀座ライオン7丁目店にて

昭和のレトロな雰囲気でたっぷりと楽しんで、さて入り口のレジカウンターに行くと、なにこれ?と。

エビスビールゼリーって、えっ!?ビールがゼリーになったの!  おもしろいー(^0^)♪こんなのがあるんだぁと。1個150円。6個で化粧箱入りで1,000円とすすめられて、6個入りを買い求めました。

母に食べさせてあげようと、先日、ようやく封を開けて、冷蔵庫で冷やし、食してみました。「ヱビスビール」といえば、本場ドイツの伝統を受継いだプレミアムビール。そんな「ヱビスビール」を贅沢に使った黄金色のゼリーです。ふたを開けた瞬間に広がるビールの香りが、たまらなくかぐわしく感じてしまいます。甘すぎず、かといって、苦味があるわけでもなく、ほんのりと甘酸っぱく、さっぱりした味わいに、私も母も美味しいね☆と。まさにヱビスの贅沢さ。優しい口当たりは大人の食感。ゆたかな味わいを楽しめます。今度みなさんもぜひお召し上がり下さい!

銀座の社交場

20070915_90954704以前から銀座七丁目の

この辺りを通るときに

そのレトロな造りから

どういったところなんだろうと、

気になっていました。

銀座ライオンは、

今春、73周年を迎えた1934年(昭和9年)創建の歴史と伝統のあるビヤホ-ルです。http://r.gnavi.co.jp/g131800/

設計は新橋演舞場を手がけた菅原栄蔵氏。サッポロビールの前身である大日本麦酒(株)本社ビルとして、竣工し、その1階にビアホールとして開店したのが、この銀座七丁目店とのこと。内装は、壁や床、照明など、竣工当時からほとんど手を加えられていないため、歴史の変遷を感じさせ、とても雰囲気があり美しかったです。

20070915_91014282製作に3年をかけた

正面の巨大ガラスモザイク壁画と

高い天井に囲まれた空間は

まさに足を一歩踏み入れると、

タイムスリップしたかのよう☆昭和ロマンにあふれています。総席数は、280席とびっくり!の広々とした空間。本当にどのテーブルも賑わっていてみな笑顔でビール片手に♪中には毎日通っていらっしゃる常連さんもいるとか。

20070915_90846891工場直送のビールは

地下の大タンクで1日寝かせるため、

まろやかでスッキリとした味が

楽しめ、お料理も昔風のナポリタンスパゲッティやアイスバインに限定販売のローストビーフなど、ビールに合うものばかり☆美味しいビールそしてワイン好きの私たちは、赤のフルボトルを頼んで、グラスを傾けながら一番奥の左端に座って、この銀座の社交場をこころゆくまで楽しみました。

私の財産

Jzk31たくさんあります!

家族、仕事、たくさんの友人たち、

本当にかけがえのない

たくさんの財産に日々囲まれ、尊い時間を過しています。

母は、私にいつも言ってくれていました。

「お金や宝石は人に奪われることもあるかもしれない。でも、身につけた教養や知恵や才能などは誰にも奪われないよ。そういった本当の財産を持っていれば、どんなことが起きても心ゆたかに生きていける。だから自分を磨きなさい。」と。

実際、いろいろなご縁でこれまで資格などをたくさん取得してきました。

http://homepage2.nifty.com/sunflower15/profile1.htm

知識の吸収や楽しい体験、思い出もすべて通ずるところがあるように思います。誰でも豊かな財産を持って生まれている。自分の内側に秘めた財産をいかに見出すか。それが本当の豊かさのように思うのです。 

実は彼のことが好き

20070905bo04b1年の差があるけど  

わぁー! それにしてもなんて 爽やか☆

すごくステキな笑顔♪

果たして彼は連絡をくれるだろうか

そんなことを考えているうちに目が覚めた

ちょっとドキドキ☆そして不思議な気分の目覚めだろう

同じ車に乗って一緒にお話していたハニカミ王子こと石川遼くん。本人はまだ会ったことないけど、夢の中でもドキドキでしたฺ(ฺ♡ ◕‿◕ฺ)

ゴルフの第29回県アマチュア選手権。15歳の石川遼選手(松伏)がトータルイーブンパーの144と、自身が昨年記録した大会最少スコアに並び、2年連続2度目の優勝を果たしました!それにしてもインタヴューの受け答えもしっかりしていて、この子の方がいいねと母とニュースを見ながら話していたのが、夢に登場した一因かしら。実は、仕事の一環で石川くんの通う杉並学院に伺うことも。いつかハニカミ王子本人に会ってみたいな♡ それまでは、また夢の中で☆

 

フレー!フレー!

Sst051ここは、寝てはならない。

眠いけど寝てる暇はない。

だって、通り過ぎる歯医者さんの誰もが、

ホントかっこいい!なんでみんなこんなにイケメン揃いなんだろう☆(✿ฺ ◕‿◕ฺ)σ

確か大学の同期や後輩って言ってたよね。そんなことをうつらうつらと考えているところ、吾郎ちゃん登場。

「顔を見たかったから呼んだんだ。」

わぁ!なんて素敵なことを言ってくれるんだろう♡

私もとっても会いたかったもの♡ヾฺ(ฺ♡✪ฺ∇✪ฺ)oc

久しぶりに会った吾郎ちゃんは、やっぱりカッコイイ☆

一番かっこよくてホント惚れ惚れしてしまう♪ d(* ◕‿◕ฺ *)b ♪

「疲れているんじゃないの?大丈夫?」と。

仕事のことを話すと真剣な眼差しで聞いてくれた。

「そうか、がんばれ!フレー!フレー!葉子☆」

いやぁん♡→ܫ←♡吾郎ちゃんに応援してもらった♡

「葉子」って呼んでもらった!すごく嬉しい♡♡♡

もっともっと自分を磨いてがんばらなきゃ!

スーパー.ハイC

41sd9gx3r0l_aa240_1先日、神さまのもとへと遣わされた

ルチアーノ・パヴァロッティ氏を偲んで

彼のオペラのアリア集を聴きました。

三大テノール~ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの三人の素晴らしいオペラのテノール歌手として名声を博したルチアーノ・パヴァロッティ氏。伸びやかな美声でたちまち世界的な人気を獲得しました。技術的に困難な高音を軽々と繰り出す名技から、「スーパー.ハイC」「キングオブ.ハイC」とも。2006年冬のトリノ五輪開会式での熱唱が最後の舞台となり、そのパヴァロッティ氏が歌う「誰も寝てはならぬ」で荒川静香選手が女子フィギアスケートで初の金メダルを獲得したのはみなさまの記憶にも新しいところでしょう。十八番のラ・ボエーム「冷たい手を」も素晴らしいです♪アリア集は、とても親しみやすい曲ばかりで、ここしばらくは毎朝、スーパー.ハイCにつつまれて、心あらわれるさわやかな一日が始まります。

実は好きだ

20070909_152954876実は好きだったのが、三田寛子さん。http://www.creemintl.co.jp/indivisual_mita.htm

中村橋之助さんの奥さんである。

デビュー当時からその素直さと彼女の話すおっとりとした京都弁がなんとも心地よく、レコードまで買った覚えがある。CMソングにもなったその曲のフレーズをサビの部分だけまだ私、歌えるもの♪

1982年にデビューした新人アイドル達、それはそれは多かったこと! 81年の終わりにデビューしたため82年組として扱われた松本伊代に始まり、中森明菜・小泉今日子・三田寛子・石川秀美・早見優・堀ちえみ、といった有名どころから坂上とし恵、松居直美・伊藤さやか・伊藤かずえと、その質の高さと豊かな個性と時代の流れとが見事にかみ合い、アイドル・ブームを生み出しました。

今では゛梨園の妻゛となり、将来の歌舞伎役者となる3人の男児をもうけ、だんなさんである中村橋之助さんと3人の息子、つまり「4人の歌舞伎役者」を抱える゛梨園の妻業゛を最優先しているところもまた賢夫人といえるでしょう。

新橋演舞場

13005747_1242_11確か以前に、

ここ新橋演舞場に来たのは、

市川猿之助さん主演の

「スーパー歌舞伎」のとき。

派手な宙乗りで猿之助さんの代表作となったもので、記念にテレホンカードを買ったのを覚えている。

新橋演舞場は、そもそも大阪にある演舞場や京都の歌舞練場を手本に新橋芸者の技芸向上を披露する場として建設され、1925(大正14)年にオープンした劇場。 開場以来、春秋二季に新橋芸妓による「東をどり」を主に公演しているというのは、初めて知った。伝統と斬新さを合わせもち、ミュージカルや新派など豊かな演目が好評を得て、歌舞伎、新派劇、松竹新喜劇、新国劇、前進座、歌手のお芝居などを上演している。今度は、父や母をお芝居見物に連れ来てあげたいなぁ。

憑  神

Chirashi_s1松竹に勤める友人が、

ときおり思い出したように連絡をくれて、

昨夜はお芝居に誘ってもらいました。

今回は、新橋演舞場にて浅田次郎氏の話題作、映画にもなった話題の幕末娯楽時代劇「憑 神(つきがみ)」です。http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/0709/index.html

幕末の江戸。下級武士の別所彦四郎が、ひょんなことから朽ちかけた祠(ほこら)に出合う―。三巡…?出世稲荷と名高い三囲稲荷と字が違えど、困ったときの神頼み!と、手を合わせたのがはじまり…。なんと現れたのは、神は神でも憑神さまだったのだ!ということから始まり、さて、貧乏神・厄病神・さらにグレードアップして死神と、三巡して神さまがやってきます。主人公の彦四郎役には、中村橋之助さん。大きな舞台でも、さすが見栄えがします。カッコイイし、上手いし、台詞まわしもよく、楽しい♪他の役者さんとの間合いも素晴らしいです。なんといっても「命を輝かせる」「どれだけ生きたかではなく、どう生きたかが大切」という彦四郎の言葉には、とても心動かされるものがありました☆映画はまだ未見なのですが、機会を作って見てみたいです。幕末の江戸の様子や歴史のおさらいもできて、舞台の魅せかた、表現もとても迫力があり、本当に楽しい観劇となりました☆9月26日まで新橋演舞場にて。ぜひおすすめです!

残暑払い!

一週間前の8月31日(金)品川にて成城会メンバーでおでんと焼酎、和食での残暑払いを楽しみました♪久しぶりに会う友人たち、またこのブログ「ハッピーサンフラワー」を通じて初めてお会いした方など、本当に多彩なメンバーのみなさんです☆この8月に再会した私の高校時代の同級生にも声を掛けて、参加してもらい、ひとりひとりの自己紹介は、あれこれと質問もとんで話しの輪が広がりました。

20070907_93613813_2吉の家(きのや)品川店

http://r.gnavi.co.jp/g075318/ のおでん

美味しかったですね!

大根の大きいこと☆びっくりです♪

20070907_93637985_2うどん唐揚げは、斬新で面白かったですね。

初めていただきました(^0^)

食事も美味しく、お酒もすすみ

久しぶりに会う友人たちとの語らいは、

いつまでもつきなくて、2次会へと。今度は品川駅の高輪口でまた盛り上がりました!本当にもっともっといろんなお話をしたかったです☆ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました! またぜひみんなで集いましょうね(^0^)!

JS・レネップ

大きな感動をたくさんもらった「レ・ミゼラブル」をたっぷりと楽しんで帝国劇場をあとに。フランス革命時の話だったのだから、ここは、本当は赤ワインで乾杯!といきたいけれど、もうこの時間ではフレンチはと、話しながら有楽町へ。

ドイツ居酒屋 JS・レネップ http://r.gnavi.co.jp/a722200/

ドイツ直輸入の樽生ビールとドイツ料理が味わえるビアホール。 木をふんだんに使った素朴な造りの店内。それぞれがビールをかたむけ賑わっているさまは、さきほどの舞台でのテナルディエ夫妻の営む宿屋(料理屋)のよう。

20070906_81744032_2 ビールが美味しい!

ドイツビールってこんなに美味しいのね!

酵母入り小麦ビール「ヴァイツェンビア」など

ドイツ直輸入の樽生ビールが多数取り揃えてあり、

どれも味わい深くて本当に美味しい♪

ソーセージ3種の盛り合わせやレバーペースト&ライ麦パンをほおばりながら、「レ・ミゼラブル」の感動の場面をまたたくさん話して楽しみました。いつまでも、いつまでも話しがつきないミュージカル「レ・ミゼラブル」の宵でした☆

20年前のキャスト

20年前に「レ・ミゼラブル」を観たという彼。あのときも本当に素晴らしいと感動したよ。今宵も本当によかった。最高だったね。

20年前の出演者を調べてみたんだ。

ジャン・バルジャン 加賀丈史  滝田栄 

ジャベール   加賀丈史   滝田栄  村井国夫

エポニーヌ   島田歌穂  本田美奈子

ファンテーヌ  岩崎宏美

 コゼット    斎藤 由貴

 マリウス    野口 五郎

テナルディエ  斎藤 晴彦

テナルディエの妻  鳳 蘭

Sp011Sp021Sp031「レ・ミゼラブル」を観たのは、

私は今回が初めてだけど、

この初演時のキャストは私にもわかる。

本当にそうそうたるメンバー!なんでも20周年記念のスペシャルキャストとして、加賀丈史さんや岩崎宏美さんなど何人かは、再び「レ・ミゼラブル」の舞台を務めたとのこと。

この初演のときのキャストは、かつてない大々的なオーディションによって選ばれたんだよね。新劇畑からオペラ畑まで多彩な背景を持つ人々で、その多くはこの「レ・ミゼラブル」の舞台をステップにミュージカル俳優として羽ばたいているんだよと。いまや「レ・ミゼラブル」はミュージカル俳優の登竜門ともみなされているんだ。そんなふうに話してくれる彼の紅潮した顔を見ながら、本当に20年ぶりに同じミュージカルを観ることが出来たという重みを一緒に感じていました。

ヴィクトル・ユゴー

20070904_94933579「レ・ミゼラブル」(ああ無情)を書いたヴィクトル・ユゴーとは、どんな人物だったのでしょうか。ヴィクトル・ユゴー(1802年2月26日ー1885年5月22日)フランスロマン主義の詩人・小説家であり、七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家でした。作家としては大成功をおさめるものの、波乱に富んだ人生を歩んだとのこと。私は、「レ・ミゼラブル」は、実話なのだろうかと思ったのですが、当時の政治や革命が記され、またフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活を物語の背景として描いたもので、原作はロマン主義フランス文学の大河小説であるそうです。ユゴー自らの半生を投影させているとも言われた「レ・ミゼラブル」は、本作の売れ行きが悪ければペンを置く覚悟をしていたとも。しかし、発売当日は長蛇の列ができ、本作は飛ぶように売れ、一般人はもちろん労働者たちは本作を貸し合い、回し読みをしていたということを初めて知りました。

神に心を預ける

Img011パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンと警官ジャベールの対決は、この「レ・ミゼラブル」での大きな主題のひとつでしょう。ジャン・バルジャンを執念深くどこまでも深く追い回すジャベール。ジャン・バルジャンは、教会から一夜の恩を受けたにもかかわらず、銀の食器を盗みますが、しかし、牧師は、ジャンを許し、さらに銀の燭台までジャンに授けます。ジャン・バルジャンは、この日から誠実に生きることを誓い、心を神に預けることになりました。数十年後、ジャンは、”仮”出所であることを隠しつづけ、仕事で成功し、後に名誉ある市長となります。そして、車輪の下になった人を助ける際に見せた怪力に、また革命のバリケードでの闘いの際にと、何度も、ジャン・バルジャンは警官ジャベールと対決します。観ている私も、どうなるのだろうと、どきどきしました。しかし、神に心を預けたジャンは真実を告げ自らの危険もかえりみず勇敢に立ち向かいます。ジャベール刑事は、自分の愚弄を恥じ、とうとうセーヌ川に身を投げてしまいます。神に心を預けた者の強さ、信念の確かさが、どんな無慈悲な人間の心にも存在する「良心」に呵責の念を強めたのでしょう。

戦う者の歌が聴こえるか

Img021ミュージカル「レ・ミゼラブル」は、さまざまな縦糸と横糸で織りなす人間ドラマの中のひとつとして、貧困にあえぐ民衆・学生たちが革命に立ち上がるという大きな場面があります。学生等はバリケードを築き、腐敗政府軍との革命戦争が始まります。この学生たちの革命シーンが、とってもよかったねと彼。自分も負けてはいけない、さあ!立ち上がるんだ!と奮い立たせる気持ちを呼び起こしてくれるよ。一致団結して戦うこの革命シーンは、本当に体の中に眠っていた何かを目覚めさせてくれる、明日へ向っての強い力をもらえました。

戦う者の歌が聴こえるか?

鼓動があのドラムと響き合えば

新たに熱い生命がはじまる

明日が来たとき そうさ明日が!

学生たちが民衆と共に革命へと立ち上がる、自らの明日に向って決してひるまず戦っていこう!目にうっすらと涙を浮かべてそう語る彼を見ていて、私も心の琴線に触れて涙がこぼれました。

LA BODEGA

興奮と感動のうちに、幕が下りて休憩に。みな予約していた食堂での夕食などに向う人などそれぞれ思い思いに。帝国劇場の地下から国際ビルにつながっていて食堂街が広がっている。スペインの街角にあるバルのような賑やかな雰囲気の今年6月にオープンしたばかりというLA BODEGAへ。グラスの赤ワインをふたつ、そしてスペイン・バルの定番メニュー、タパス(つまみ料理)を。ハモン・セラーノ(スペイン産生ハム)の味もとてもよく、フランスパンにトマトやバジルなどがのったものを食しながら、美味しいスペインワインで乾杯!この歌が素晴らしかった、あの場面がよかった!と口々に感想を述べながらスタンディングでサッとお腹を満たして。再び帝国劇場へ。わずかな時間でしたが、また行ってみたいと思う美味しいワインとお食事でした☆

ピンチョス(串や楊枝に刺した、一口サイズのつまみ)をはじめ、 新鮮な魚介を使ったメニュー、パエリアなど、豊富なラインナップ。  スペイン産ワインを常時70種類も揃えています。

BAR ESPANOL LA BODEGA 

http://www.aki-nai.com/labodega/index.html

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB1
 03-5222-7160

ランチ 11:00~14:30 
カフェ 14:30~16:00
ディナー 月~金 17:00~23:00
     土・日・祝 17:00~22:00

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。