毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の28件の投稿

「麥 秋」 ~ 幸せとはなにか

20070227_224953751以前から観たいと思っていた、小津安二郎作品。         巨匠の呼び声は国内だけでなく海外でも高く、作品名はいくつか知っていた。「東京物語」「秋刀魚の味」。               でもこうしてスクリーンで観るのは初めて。              

しみじみと思った。1960年代の日本、スクリーンに映し出されるのは失われた古きよき日本。どこにでもある家族の風景は、ごくありふれた日常でありながら、そこにそこはかとない幸せを感じる。独身の娘をめぐってのしあわせになって欲しいとの家族のそれぞれの思ひ。そして娘が選んだ相手は、古くから知っていた兄の友人。原節子演じる娘・紀子のしあわせの選び方が、とても共感できた。ごく自然にそばにいる人に安らぎを感じる。幸せとはなにか、映画館のシートに身をうずめながら身体中で感じとっていた。

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

  鮨  源

20070227_22400981320070227_215937891_1鮨屋のカウンターが好きだ。              旬の美味しい魚、鮮やかな手さばき、  かろやかな身のこなしで鮨を握る板さんの様に見とれてしまう。軽妙洒脱な会話もリズミカルに。鮨屋のカウンターから見る景色は、そこには幸せを感じる。しあわせが満ち溢れている。帝国ホテルのインペリアルアーケードにも出店している高田馬場の鮨源。創業は1968年。一昨年の暮れ近くにも新宿高島屋でも戴いたが、四季折々の新鮮な魚介類を中心にしたネタの活きの良さが身上の鮨処。常にこだわった新鮮な魚を吟味している。
満足のゆく味わい、にぎりずしならではの
味わいを出すため、一つひとつ、心をこめて仕上げているのがよくわかる。店内は高級感が漂い、板さんの自信とプライドが充分感じられる。高田馬場駅から新目白通りに向かって少し坂を下ったところ。              ここにはしあわせを感じるひとときが約束されている。

 人気blogランキングへ

500本目☆

20070227_24649391今日でブログの記事が、ちょうど500本目になりました!こうして続けてくることができたのも、日々みなさまにあたたかいお心を頂戴しているおかげです。本当にありがとうございます☆実は、昨年中に本当はUPしようとしていた話題が2ヶ月分くらいあるんです。またちゃんとUPしていきますので、ぜひご覧になって下さいね!とっても充実していて、しあわせな毎日!と心から感謝しています(^0^)☆現在、362,000件あまりの総登録ブログ数のうち、人気ブログランキング日記その他部門で39位です☆ブログを始める前は、ブログって、なぁに?というくらい、まったくわからなかったのですが、こうしていろんな方とまたブログを通じて親しくさせていただいていて、富澤葉子は今日もがんばってます!通信のようでもあり、始めてよかったなぁ、続けてきてよかったなぁと実感しています。これからも、みなさんにより親近感を持っていただければと思っています。どうぞお気軽にコメントもお寄せくださいね♪現在、ブログの カウント数も41418です。50000HIT達成には、私からささやかなプレゼントをと思います。今後ともハッピーサンフラワーをどうぞ末永くよろしくお願い致します☆☆☆

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

六本木 KENTO´S

Roppongi021HEY  COME ON !みんなで週末の六本木の街へと繰り出して 六本木 KENTO´S へ。壁に飾られたエルビス・プレスリーや  コニー・フランシスの写真、木製の丸テーブル、リーゼントに   ポニーテール、ふわっとひらいたサーキュラースカート♪          ここ六本木 KENTO´Sは、オールディーズライブハウスの本家本元だそうです。           http://www.kentos-tokyo.jp/

20070226_121431219 古き良きアメリカの50年代、60年代に流行ったPOPS&ロックンロールの曲の生演奏を思う存分楽しみました!♪      Foot Steps【悲しき足音】Jambalaya ★ California Dreaming
Summer Holiday ★ The Peppermint Twist My home town ★ Lucky lips Moonlight Swim【月影の渚】 World Without Love【愛なき世界】Going Home To Mary Lou【恋の一番列車】Great Balls Of Fire   【火の玉ロック】etc.

20070226_121348579音楽に身をゆだね、笑いあいながらのノリノリでみんな一緒に踊ってました♪途中、遊びに来ていたというせんだみつおさんが、ステージに上がって歌を披露し、その上手さにビックリ(^0^)!お客さんみんなで一体となったここ六本木 KENTO´Sのバンドのステージングは、本当に本当に!楽しいんです☆            心から大好きな楽しく愉快な仲間たちと、大ハシャギの素晴らしい最高の夜でした♪
 

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

わるいごはいねがー!

20070225_3830563えーと、なに?これ?!「右のなまはげの口の奥まで手を3秒入れてけろ悪い事してねえ者はドアがあぐ」?えっ、なんだかコワーイ(><)!開くのかなぁホントに。おそるおそる手をなまはげの口に差し入れると、ギギッィーとやおら扉が開いた!あっーよかったぁ。秋田なまりの出迎えの挨拶。そして、席へと案内されて、久しぶりに集う楽しい仲間の笑顔に嬉しさいっぱいです♪

20070225_3857876 ここ 六本木の秋田料理「なまはげ」は、http ://namahage.hy-system.com/roppongi.html旬の素材を厳選してふるさと秋田や東北地方の美味しいものをたくさん食することができるお店です。あきたこまちで作られた秋田名物きりたんぽ鍋には比内地鶏なども入り、〆には玉うどんで!コースでお食事を戴いたのですが、  たくさんの郷土料理の数々はとってもボリュームがあってどれも大満足です(^0^)♪またお酒の種類も日本酒、焼酎ともに素晴らしく豊富♪

20070225_4008313なにより、待ってました!秋田名物「なまはげ」の登場です!     「わるいご(子)はいねがー!」の低い声とともにヌゥーッとこの鬼の面がのれんからあらわれると、キャーッ!!☆☆☆とあちこちで悲鳴と嬌声が♪もうみんなで大笑いして!自らなまはげのお面をかぶったり、なまはげとたくさん記念写真も撮って、本当に美味しく楽しい新春会となりました

  現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

あなたの声  

011_4にとてもよわいの。

というか、声のいい人が好き♡

低くて、落ち着きがあって、やさしく甘く響くあなたの声が大好き♪

もちろん、声がいいだけでなくて、きちんとお話しができて、

話していることがまっとうで、優しくて人間的に素敵な人がいいなぁ☆

とにかく、大学生の頃から、そうだった。声のいい人が大好き♡

理想は寺尾さん!寺尾 聡さん♡ 二番手は、・・・

  現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

チェシャムーン

20070223_115230157くっきりとあらわれてきた西の空の細い三日月。

不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫の口元のような

ルイス・キャロルの原作である「不思議の国のアリス」には魅力的なキャラクターが数多く登場しますが、チェシャ猫もそのひとつです。

アリスと禅問答のようなやりとりをしたかと思えば、しっぽからゆっくり消えていき、     最後は「ニヤニヤ笑い」だけが残るという奇妙な猫。

チェシャ猫が姿を消して冷たい笑いの口元だけを夜空に

残しているようなこれがチェシャムーン。

何年も前にあの人がくれた本に、『チェシャムーン』ってあったなぁ。

「 あの人の愛は  いずこに  チェシャムーン 」

 

  現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

冬の夕暮れ

Doubutus1暮れなずんでいく東京の街並み。        

夕日も落ちて、その明るさで

オレンジ色が山の際や街をすっぽりと包んでいる

そこから空に向ってのグラデーションの美しさ!                        

オレンジから、柔らかな少し明るさのあるオフホワイトの白                   

そしてやや深みをおびた水色の夜空には                            

明るさの残る空にあって、ひときわきらめく宵の明星が。

童話の中の影絵のようにひとつひとつの家がくっきりと。                                        

窓に灯りがともるころあたたかなやさしさが待っています。   

 

  現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

マルコポーロ 

20070220_122003172ここはどこ?って銀座すずらん通りの一角に不思議なお洒落な建物。パリの街角にあるかのようなそのお店に入っていくと、鼻をくすぐるようなよい 香りが。マリアージュ フレール 銀座本店はまさにメゾン ド テ、フランス流紅茶専門店と呼ぶにふさわしい紅茶の館。何処となく表れる紅茶の香りは、世界35ヶ国、500種類以上の銘柄を紹介し、茶葉の秤り売りをしています。品質の高い「魂の飲み物」として興じられるお茶は、フランス流紅茶芸術の世界へと昇華していきます。マリアージュ フレールhttp://www.mariagefreres.co.jp/

11_1これはカフェインが入っていないから、眠る前に飲んでも大丈夫だよと、何気なくプレゼンとされた「マルコポーロ」。わぁ!とってもいい香り♪フレバードティーのマルコポーロは、マリアージュ フレールの    ゜MUST TASTE゜外せない味わい。中国とチベットの花とフルーツの香りが甘く調和を保つなめらかな紅茶を使ったフレバードティーです。ゆったりと美味しいお茶を楽しみたいときは、マルコポーロを戴きます。 優雅にながれる モーツァルト、マロングラッセとマルコポーロ。至福のひとときです

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

マロングラッセ

20070219_142126313マロングラッセなんていう、ハイカラな食べ物は、新潟の津南町にいたときには、見たことも、もちろん食したこともなかった。それは落合恵子さんのエッセイの中で出てきたり、芸能人の方の楽屋の差し入れで名前が上げられるような、まったく想像もつかないお菓子でいったいどんなものなのかなぁって。それがこうして箱いっぱいに目の前にある。

20070219_145156985イタリア産の大粒栗をバニラシロップに漬け込んでつくったというマロングラッセ。気品あふれる味わいから゜マロンの宝石゜とも。体調を崩してしまったときにも、お見舞いにいただいたことがあった。お見舞いに飛んできて下さったその気持ちとともに、びっくりしたのと嬉しかったのが懐かしく。成城アルプスのマロングラッセは10月から5月の間のみだという。本当に美味しいものは、旬を大切にするのだなぁと。甘い、甘いマロングラッセがしあわせを運んでくれる。

「 あなたへの 思いをひと粒 マロングラッセ 」

   現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

女の情念

20070218_221644797 「だから何度見たって、おまえにはできないんだから」と母。一緒に行きたかったのに仕方なしに一人、 東京国際キルトフェスティバルへ。http://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/  ここ数年、毎年のように行っているのだが、母いわく、何度見ても同じと。でも友達から定点観測も必要なんじゃないと言われて、一人でもいいわと思い、東京ドームへ。 

20070218_221818751確かに毎年見ていると、今年は例年に比べて今ひとつ派手さがないようにも思えた。でも何度見ても確かに母のいうとおり、今の私には到底できそうにない。緻密な計算のもとデザインを決め、一針一針、キルトを作り上げていく。特別な規定も約束もない相対する位置に同じようなものを並べないクレイジーキルトというものを初めて見たがこれならできそうかしら。でも、こんなに大きな作品は、何年もの時間をかけて作りあげるのだから、本当にすごいなぁって思う。

日本キルト大賞の作品の数々も素晴らしく!http://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/6/

20070218_221705266_1写真の雪だるまは、何だか故郷、新潟の冬を思い出して  とても懐かしいような、可愛らしいものだった。それにしても どんな思いでこういった作品を作りあげていくのだろう。   女として生きる喜びのようなものが込められているのだろうか。ひと針ひと針に込められた情念を感じると、少しそらおそろしい気もした。単に、今の私にはできないのだけど・・・

   現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

マイレバノン

20070218_15402042220070218_154045688美味しい!どれをいただいてもお野菜たっぷりで さっぱりとしていて、こんなに美味しいんだぁ!  レバノン料理って☆恵比寿の「マイレバノン」でのお食事会にお友達と行ってきました。http://r.gnavi.co.jp/a717300/世界のグルメと呼ばれるレバノン料理は素材は魚、肉、野菜、豆、ヨーグルト等、バランス良くヘルシー でさっぱりした味つけです。レモン、オリーブ油,ゴマを用いた東地中海料理で、アラブ料理の中では洗練された料理として世界中で 有名だそうです。 レバノンビールやレバノンワインの赤白と、お酒もとってもお料理にぴったりで美味しく、中でも私は、白ワインがとても気に入りました。

20070218_15413717220070218_154201172メニューは、マイレバノンコースで5,000円。オムス(ひよこ豆のペースト)、ババガノーシュ(焼きナスとヨーグルトのペースト)、タブーリ(パセリ・ミント・トマト、玉葱、クスクスを塩とレモンで味付け)、キベ(スパイス肉団子)、フェタチーズ(羊乳)の揚げ物ロール、ほうれん草のパイ、シャワルマ(スパイスで味付けして焼いた肉)など。これらをピタパンというパンのようなものに包んで食べるんです。そしてミルクと杏で作ったデザートと一口コーヒー。どれをとってもとても美味しくいただきました。

オーナーは、以前フランスで薬学を学んでいたレバノン出身のリタ・ゴーンさん。日産自動車兼日産自動車の親会社ルノーの社長でもある、カルロス・ゴーン氏の奥さまです。すべてレバノンから取り寄せたという調度品に囲まれたエキゾチックな雰囲気の店内では、ちょうどお食事にいらしていたベリーダンサーの方がサプライズでダンスを披露していただき、魅惑的でとっても素敵でした♪とにかくびっくりするくらい美味しかったです!お話も弾んで楽しい一夜となりました☆

   現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

生き方を思ふ

20070217_55421016 今夜は、新高輪プリンスホテル国際館パミールにいるはずの私は、家でTVの前で地団太踏んで悔しがっていた(><)でも、考えてみようよ。寺尾さんは既に日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を2回も受賞していて、こうして毎年のようにノミネートされている。これは本当に素晴らしいこと!なんだから。でも、正直言って悔しい。派手な宣伝などでなく、地道に良い作品とめぐりあいを大切にするという寺尾聡さんの姿勢を、私は、心から尊敬している。「博士の愛した数式」。二度、映画館で観たが、観れば観るほど味わい深く、静かなそして大きな優しさに包まれる秀作である。観るたびにその思いは強くなるだろう。日本レコード大賞を受賞して、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を2度も受賞しているなんて、 このような類稀なる俳優さんは、寺尾聡さんをおいてほかにはないのだから。

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

私だけのお雛さま

20070216_4038376お雛さまは、本当は節分の翌日、立春から飾ると聞いているが、ようやく今日出してみた。やわらかな表情で微笑んでいる女雛と男雛。平安朝の着物の柄も雅やかなとても小さなお雛さま。 このお雛さまは、北陸朝日放送にアナウンサーとして勤務していたとき、守衛のおじさんの奥さまが作ってくださったものなんです。紙粘土で作られたお顔ときれいな千代紙のお着物。本当によく出来ていて、優しさで包まれるような趣があります。       世界中どこをさがしても、たったひとつだけの私のお雛さま。私の大切な宝物です。

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

成城アルプス

20070215_912437510571チョコレート、デパートなどで見ていてたくさんあってどれにしたらいいかわからない!ということがないように、バレンタインデーは成城ならではということで、ここ成城アルプスにしている。http://www.seijo-alpes.com/         落ち着いた店内に並ぶまるで宝石のようなショコラの数々、とっても美味しそう♪     1965年に「成城アルプス」は緑ゆたかな成城に生まれました。以前は包み紙に東郷青児デザインのものが使われていて上品なピンクをバックに素敵な乙女が描かれたもの。  現在の袋や箱のロイヤルブルー&桜もとっても上品です。左側のショーケースのたくさんのケーキに目を奪われつつも、今日は、チョコレート、いやショコラを選びに来たのだからと。あっ、こんなに美味しそうなロールケーキもあるのね。今度、買ってみようかなぁとホント見ているだけでもわくわくしてしまいます☆手にしたショコラを大事抱えて小雨そぼ降る中、夕方成城学園前の駅へと急ぎました。

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

春の成城会

20070214_10901204春のような暖かさが続いていますが、みなさまお元気でしょうか。成城会の新年会をと考えておりましたが、あっというまにもう2月も半ば。今回は、新しい企画として春の成城会を3月の某日に行うことに致しました。

六本木に出来た国立新美術館は、もうみなさんいらっしゃいましたでしょうか。http://www.nact.jp/現在、開催されている「異邦人たちのパリ」を鑑賞してその後お食事会をと企画しています。もちろん美術館はお喋りできる場ではないので、午後、美術館前集合、各自鑑賞して、また見終えたらそこで集まって移動して、そしてこちらもまた予約の取れないお店として有名な高田馬場ラミティエで、ボリュームいっぱいのカジュアルフレンチを楽しみましょう!http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2044.html こちらはランチでも予約が必要だそうです。もうびっくりするくらいの量で大満足のビストロです。数年前に一度伺ったのですが、ぜひそのときから成城会もここでと考えておりました。お食事後はスタバでお茶やボウリングで楽しんでとも思っています。小さなお店なのでお席は8名さまです。  お食事のみでもOKです。会費は男性7千円、女性6千円くらいとお考え下さい。ご興味のある方は、rasasayan15@yahoo.co.jp までお早めにお気軽に お問い合わせ下さいませ♪

  現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

日本で予約の一番取れない

0208food371日本で予約の一番取れないレストランってご存知ですか?銀座一丁目のラ・ベットラ・ダ・オチアイというイタリアンのレストラン。http://www.la-bettola.co.jp/オーナーシェフの落合務氏が紡ぎだすお料理の数々は、コースがランチで2,940円ディナー3,990円(前菜+パスタ+メイン+デザート)と、とってもリーズナブルなうえに美味しさ抜群!と評判とのこと。昨年、都内にある暖簾わけされたお店のひとつラ・ベットラ・ぺルトゥッティでのお食事も最高に満足できるものだったので、ぜひ本家本元に行ってみたい!と、奇数月の予約受付開始日に電話したのですが、これがまったくつながらず(><)掛けても掛けてもNTTの「ただいま混み合っておりますので」というメッセージ。次の日もまた次の日も同じ。少々あきらめムードに(><)5日目の午後にようやくつながったときには、「午後九時からの遅い時間帯のお席できたらご用意できます」ということでした。日本で一番予約の取れないレストランなのねと実感。 ランチだと予約なしでも朝10時に行って名前を告げておけば11時半や13時半には席に 案内してもらえるようなので、まずはランチから行ってみたいと思います。

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

まさに芸術品

20070212_132857516といえるのは、御徒町駅前の吉池本店六階にある「寿司処 しゅん 吉池店」のお寿司。http://r.gnavi.co.jp/g114708/ このネタの新鮮さ、見ていてもうっとりするくらいきれいなお寿司の数々。まさに職人の技が冴えわたっています。カウンターに座ると目の前に庭が見え、四季折々の草花の美しさも同時に味わうことができます。店内は明るく、お値段も安心価格。 新潟県浦川原村の地酒 しゅんは、上越国境の深山清水で仕上げました。
作付け・精米から水割りまで管理して しゅん 吉池店ブランドのおすすめ酒です。幻の 銘酒も揃えていて、日本酒はお値段は480円からととってもリーズナブル。都内にもたくさんのお店があります。
http://www.gnavi.co.jp/yoshiike/index.htm本当に美味しいものを戴くならこちらです!

現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

並んででも

20070212_71116141_2渋谷で何を食べる?といったらおすすめはここ美登利寿司渋谷店。 小田急線の梅ヶ丘の美登利寿司本館が行きつけなのですが、http://homepage2.nifty.com/sunflower15/osusumeindex420.htm 渋谷も明るくて活気があふれて、たくさんの旬のネタでいっぱいです! 渋谷マークシティ4階に到着すると予想どおりずらっと行列が。でも4時半20070212_71142313_4すぎと、 まだ早い時間帯だったので20分ほどで席へと案内されました。お酒の肴にぴったりなあん肝や白子ポン酢、またまぐろのビンタ焼き\735、またつぶ貝のガーリック焼き\840とホントいろいろと楽しめます。そして名物の穴子一本付\630のこのボリューム!〆にはお好みでにぎりをつまみます。久しぶりに訪れましたがやっぱり美登利のお寿司はこのネタの大きさと新鮮さで、とっても美味しかったです♪

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

えせ・エッシャー展

061「さ、さ、3時間!?」もうホントびっくりしました。東急Bunkamuraで行われたエッシャー展http://www.ntv.co.jp/escher/ 最終日の午後。到着すると、チケットを持っていない方は3時間待ちだというのだ。それも入るまでに3時間(><)持っている人でも2時間半だという。そんなに待つのー(><)んー。む、ムリよね。いくら美術展好きの私でも。あきらめて夕食ということに。さて何にしようかと渋谷を歩きながら、思い浮かんだのは、そう、久しぶりに、美登利でも行こうかなと。美登利寿司渋谷店の入っている渋谷マークシティへと向う。わぁ!ここも並んでいるわ。でもまだ4時半くらいだからそんなに長い列でもないしと椅子に腰を下ろす。そしてなにげなく私の前の人を見やると。そこには、エッシャー展の図録が!!すかさず、「ご覧になってきたんですかぁ?」と声を掛け、ひとしきり話す。聞けば入るのに2時間半、そして中でも混雑していたので、2時間近くかかって観たとのこと。わぁー、やっぱりそんなに混んでいたのね。前まで行ったのだけどあんまり長い待ち時間であきらめてこうしてここに来たんですと話し、図録を見せていただく。会場内の細かな様子や観ていかがでしたかなどと、お話しているうちに、程なくして私たち入る番になり、せっかくですからとお誘いして、一緒にお食事することに。いやぁ、しっかりと図録を見せていただいて、お話も伺えて、まるで自分もエッシャー展を観てきたかのように。おまけに新しいお友達もできて、えせ・エッシャー展、堪能しました!

※エッシャーとは

オランダのレーワールデン生まれ。水力工学の技師である父の勧めで当初は建築を学ぶが、教師からグラフィックアートの才能を見出されて版画家の道に進む。卒業後はヨーロッパ各国を渡りながら風景画を手掛けた。やがてスペインのアルハンブラ宮殿の装飾から影響を受けて1937年頃から本格的な独自の様式の創作を開始。人間や動物などを象った繰り返し模様による正則分割に始まり、対称性、二次元と三次元の交差、遠近法や透視法を逆手に取った不可能な構造など、緻密に計算された幾何学的なイメージの不可思議な世界を次々と生み出す。それらは全て精巧な版画技術によって描き出されている。その斬新さ故に当初は美術界から異端視され、世界的な評価を得たのは晩年になってからだった。というとても人気の高い芸術家です。

 現在の順位は?
              → 人気blogランキングへ

ひこうき雲

20070209_2623626冬の東京の空は、そこはかとなく青い空が広がっている。私が生まれ育った新潟県津南町では、この冬の時分は、空からは雪が舞い落ち、北陸朝日放送でアナウンサーとして石川県・金沢に暮していた頃は、弁当を忘れても傘忘れるなと言われるほど、曇天の日々が多かったものだ。それが、この東京の空の青さといったら!果てしなく広がる抜けるような青空に、あらためてここ東京に暮す我を思ふ。あっ!ひこうき雲。スゥーッと一本その青空を横断して、飛行機が飛んだあとにできた、真っ白なひこうき雲。青空と白いひこうき雲のコントラストがこれまた見事。どこに行く飛行機なのかなぁと、行く先に思いを馳せる。    「ひこうき雲に 我が夢のせて 冬の空」

現在の順位は?
                → 人気blogランキングへ

山種美術館

20070207_234314501名前は以前から聞いていたが、こうして千住博氏の滝の展示を機会に初めて訪れた山種美術館。千代田区三番町、九段下のすぐそばに建つ、 日本画専門の美術館です。昭和41(1966)年に日本橋兜町にて開館し、 平成10(1998)年に東京都千代田区三番町へ移転しました。山種美術館の収蔵品は、近代・現代日本画を主として、その数は1800余点に達します。その中心は明治から現在までのいわゆる近・現代の日本画です。特定の流派や作家に偏ることなく蒐集しており、また、油彩画、古画、浮世絵、古筆、工芸品などもあり、コレクションの幅の広さと質の高さには定評があります。なんだかそこはかとない趣を感じる美術館でした。風光明媚な千鳥ヶ淵に隣接した好環境のもと、毎年春にはお花見の時期に「桜展」を行ない好評とのこと。http://www.yamatane-museum.or.jp/exh_next.html  とっても楽しみです。またぜひ訪れたいと思います。

 現在の順位は?
                → 人気blogランキングへ

滝 ~千住博氏と

Discount_pic11光を放つ一幅の絵。どこから流れおちる滝でしょう。神秘的で力強く惹きつけられてやみません。いつまでもそこに立って、眺めていました。アメリカ・フィラデルフィア美術館の松風荘に入るという、世界的に活躍されている千住博氏の滝の絵を堪能しました。               http://www.yamatane-museum.or.jp/exh_current.html

20070207_114344891滝というのは、その中に生と死、希望と絶望、光と闇、静と動、明と暗があり、重力によって勢いよく下に落ち、重力にさからって飛沫が跳ね上がる・・・そういうふうにこの世界のあらゆることを両義的に表していると思えます。

NHKの「新日曜美術館」で制作過程を拝見していたので、こうして実際に作品を観るのをとても楽しみにしていました。折りしも、この日は山種美術館にて千住先生のサイン会があったのです。作品集を買いもとめ、ご本人にサインや握手をしていただき、一緒に写真も撮っていただいて、感激もひとしおです!たくさんの方々にサインをされながらもとても細やかな気配りをされていて、お人柄の素晴らしさを感じました。この滝の絵を観ずして一年は始まらないという、そのくらい価値のある素晴らしい作品です。ぜひ足をお運び下さい。

今日の順位は?
     → 人気blogランキングへ

江戸の粋を

20070206_12316079_1 何を見て美しいと感じるか、何を食して美味しいと思うか。それはその人それぞれの価値判断の基準で異なってくる。何がよい悪いではないが、あくまでその人の心のありようなのではないだろうか。         江戸の粋を楽しむならば、蕎麦やが一番だと思う。昔からある佇まい、変らぬ伝統の味。辛口のぬる燗をかたむけながら、焼きのり、鴨ねぎなどをつまむ。ここ神田20070205_22349876_4 藪そばは人気のあるお店なので、お昼どきともなればちよっとした行列ができる。だから、午前11時半くらいにはできれば入っていたいところである。隣の席では、中年の男性5-6名がここのお蕎麦に ついて話しているのが聞くともなしに聞こえてくる。何、原価計算?そんなふうに思う人たちもいるのね。お蕎麦は、味とともに風情を楽しむのであって、そんなのはこの神田藪には似合わないのに。あー、それにしても美味しい♪この雰囲気、何もかもがすべてとびきりの贅沢なのである。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

OH!GODIVA

20070205_23512110_2ためつすがめつ眺めても、どう考えてもいいお値段なのである。   そう、GODIVA(ゴディバ)チョコレートhttp://www.godiva.co.jp/products/default.php            ヴァレンタインシーズンで、街中にはチョコレートが溢れてます!   どれもさまざまで美味しそう☆ここ数年、高級チョコレートもさまざま出てきたがやっぱり ブランドネームは強いというほかないだろう。GODIVAは、ほんのちょ20070205_23524469_3 っぴり入っていて、 とってもいいお値段で。でもそんなGODIVAを存分に味あわせていただいた。大学時代からの友人の海外旅行のお土産でこんなに箱いっぱいに 入っている!もうどれをとってもひとつひとつ深い味わいで、  本当に美味しい♪ありがとう!私の中ではGODIVA記念です☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

箱根神社にて

20070205_12453719私の大好きな場所である箱根神社にお参りに行ってきました。http://homepage2.nifty.com/sunflower15/s-hakone.html     ここは富士山や明治神宮などと同じように気の流れが集まるパワースポットのひとつです。年に一回は必ず、また自分の中で、なんだか気分転換をはかりたいなぁと、こうして日帰りでお参りに出掛けます。本殿に上がってご祈祷をしていただき、御札をいただいてくるのです。箱根の大神さまとお使いの神さまである九頭龍さまにお供えする、お酒とスルメと玉子を持っていきます。5年ほど前は春・夏・秋と3度訪れたこともありました。この日は、静まりかえった本殿は、ご祈祷していただくのは私ひとり。箱根の大神さまの御前に正座して心静かに手を合わせ、祈願します。大きな丸鏡、ピンと張りつめた深遠たる空気は、まさに鈴の音とともに、箱根の大神さまが降りてきて下さるのを身体全体で実感します。貸切で御祈祷していただくなんて、とっても落ち着いてまさに格別な思いがしました。そして、九頭龍神社にもお参りして、その後は社務所にてお神籤を。こちらのお御籤は本当に今の自分に必要なことばを戴けるのです。   さて、今の私は?これからは?とちょっぴりどきどきしながらお御籤を引きます。そうっと開けると、そこには「大吉」の文字が!心してまたこれからの一年を、一生懸命がんばろう!と、とっても励みになりました☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

誕 生 日 に

20070203_843003441月31日。東京は気温が16度まで上がり晴天のポカポカ陽気♪  なんて気持ちのいい朝なんだろう!寒い寒い雪が3-4mも降り積もる新潟県津南町に生まれ育った私には、びっくりするような暖かいお誕生日を迎えました☆午前0時をまわった途端にたくさんのお祝いのメール、Birthday cardメール、ブログへのお祝いのコメント、そして写真のとっても素敵なお花!(会長、本当にありがとうございます♡) またお洒落な映画のチケットなど、本当にびっくりするくらいのたくさんのお祝いを戴きました。前前夜祭から誕生日の後々々夜祭まで、みなさま本当にありがとうございます。心から御礼申し上げます。お一人お一人のとてもお心のこもったお祝いに、あらためて自分がたくさんの方々に日々支えて頂いているからこそ、こうして元気に がんばっていることができるのだとしみじみと実感しました。有り難いお言葉やあたたかいお気持ちを戴いて、これからの1年をまた笑顔で前向きにしっかりと進んでゆこうと、決意もあらたに。さて、その31日、当日は・・・

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

ファランドール

20070202_85245719_1フランス・イタリア国境近くの町アルルと言えば、「アルルの女」と言われるぐらい女性が美しいと評判である。                  アンコールには、ビゼー「アルルの女」第2組曲よりファランドールを。ファランドールとは、婚礼の祝いの踊り。 村人たちの合唱(王様の行進)で始まり、一旦静かになった後は、ファランドールの踊りで徐々に盛り上がり、ビゼーの管弦楽作品の華麗な色彩と躍動を抒情未ゆたかに表出している名曲です。http://www.bekkoame.ne.jp/~bluewil/Bizet-Alulu-Farandole.htm (←演奏です♪)

そう、12月25日クリスマスの朝、寺尾聡さんに会うために札幌へ向う飛行機の中で、ちょうど羽田空港から離陸する時に機体が滑走路を滑り出したときにmusic プログラムから流れていたのが「アルルの女」ファランドールだった。愛しい人への想いが重厚な広がりとだんだんと高揚感あふれるリズムで高まっていく。こうしてオーケストラで生の演奏で聴くことができて、素敵な想い出がさらに深まりました。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。