毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« フルーツタルト | トップページ | 知られざる天才 »

印象派の響き

Faune1小川がさらさらと流れる静かな美しい森の中。湖のほとりには妖精(ニンフ)たちが戯れている。ニンフをとらえようとする牧神(半獣神)。するりとその腕をすり抜けてゆくニンフを追い回すのに疲れて、やがては陶然とするような睡りに身をまかせてしまう。普遍の自然の中ですべてがわがものになるという、ついには実現されるだろう夢に満ちて。フルートの夢見るような音色で始まるこのドビュッシー  「牧神の午後への前奏曲」を午後のシンフォニーにて楽しみました。洗練された美しい曲想は、まさにドビュッシーの名を一躍高めた代表的な曲といわれます。豊かで繊細な和声の色彩感覚、明瞭な拍子を持たないリズムなど印象主義的といわれる記念碑的作品です。印象派の音楽と絵画は、カミーユ・ピサロ・セザンヌ・ゴッホ・ モネなどの作品がまず登場し、それに触発される形で音楽が登場してきました。 ドビュッシーは同時代のフランスの詩人ステファン・マラルメの「牧神の午後」という長大な詩にインスピレーションを受け、この「前奏曲」を作りました。神秘的なハープの調べ、ラスト近くの古典式の鉄琴の妙なる音。この前奏曲の音楽は、マラメヌの美しい詩を極めて自由に絵解きしたものといえるでしょう。20世紀の音楽はこの曲から始まったと、まさに印象派の音楽の幕が開いた素晴らしい曲です。 

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

« フルーツタルト | トップページ | 知られざる天才 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印象派の響き:

« フルーツタルト | トップページ | 知られざる天才 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。