毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の30件の投稿

音の魔術師

B000091lbf09_scmzzzzzzz_1印象派の最後を締めくくるような秀作、ラヴェルの「ボレロ」。中学生の頃から聴いていた作品です。みなさんも聴けばすぐにわかるとてもポピュラーな曲です。クラッシックのコンサートで生のオーケストラで聴いたのは初めてで、まさに圧巻!でした♪この曲は最初から最後まで(最後の2小節を除く)同じリズムが繰り返され、 最初から最後まで1つのクレッシェンドのみであり、メロディもA、B2つのパターンのみ という特徴を持ちます。これだけを見ると極めて単調なように思われますが、実際の演奏は非常に豊かな色彩をみせます。曲は、スネアドラムによる後述のリズムが刻まれる中、フルートによって始まります。フルートはAの演奏を終えるとスネアドラムと同じリズムを刻み始め、代わってクラリネットがAのメロディーを奏でます。このように、次々と異なった楽器構成によりメロディーが奏でられ、メロディーもリズムも次第に勢いを増していくのです。そして最後には、フルート、ピッコロ、オーボエ、コーラングレ、クラリネット、ファゴット、ホルン、トランペット、ピッコロトランペット、トロンボーン、チューバ、チェレスタ、ハープ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、スネアドラム、ドラムという大編成で、フルート単独の時と同じメロディーが奏でられます。圧倒的な重厚さ(並行3度や5度を組み合わせたりもしている)でA、Bのメロディーを演奏すると、曲は初めてA、Bのメロディーを離れた旋律に移り、音量も最高潮を迎えた直後、最後の2小節で下降調のコーダで収束し、終焉を迎えるのです。静かなピチカート演奏から始まり、次は何の楽器が入ってくるのだろう?次はどこがメロディを?と観ていて惹きつけられました。コントラヴァスなどは、ピチカート演奏から弓を持って引き始める際にも、1小節ごとに一人また一人と弓を持ち始め、もうなんて素晴らしい!と心の中で感嘆の声を上げていました!単純な構成とそこから醸し出される豊かさは、ラヴェルの生まれたフランスとスペインの国境であるバスク地方の独特の文化・個性を感じます。高貴でエレガントなラヴェル自身にも似た、えもいわれぬ不思議な世界観が広がります。ラヴェル=まさに音の魔術師です。私が特別な人と初めての特別な夜を過すのなら、このラヴェルの「ボレロ」を。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

知られざる天才

20070131_11852251ビゼーの交響曲第1番 第1楽章。この曲はビゼーが天才だったことを知らしめるための十分あまりある曲です。わずか17才で書かれたこの曲は、ヴァィオリンの超絶技巧をとり入れながら華やかで軽やか、そして勢いがあります。古典的な交響曲のスタイルを忠実に守ったもので、ビゼーが敬愛していたモーツァルトやロッシーニの影響も感じられる曲です。Georges Bizet(ジョルジュ・ビゼー)(1838-1875)フランス・パリにて生まれました。父は声楽教師、母もピアノに長じていたため幼時から音楽に親しみ、9歳でパリ音楽院に入学。オペラ『カルメン』などの名作を作るものの36歳という若さで亡くなってしまいます。初見がきき、オペラの総譜を、必要な音は一つも落とさないで、しかも正常なテンポで弾いてのける天才で、かのリストも彼の腕前を認めていたようです。しかしそれほどの腕前を持ちながらも、ビゼーはピアニストにはならず、オペラ作曲家にこだわり続けました

交響曲第1番はまさに「愛すべき交響曲」です。爽やかな風が一気に吹き抜けていくような魅力にあふれています。17才の若者の習作とは信じがたいものがありますが、反面、17才の若者でしか書けない、さわやかさと快活性に満ちています。ビゼーと言うとオペラ「カルメン」を思い出しますが、彼は青春時代に、こんなチャーミングな作品も書いたのです。 この曲はビゼーの生前には演奏されておらず,20世紀になってワインガルトナーという指揮者によって初演されたものです。こういう曲が埋もれていたこと自体不思議なのですが,初演された途端,一気に名曲となってしまったというのも面白い点です。
また新しい天才の存在を知りました。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

印象派の響き

Faune1小川がさらさらと流れる静かな美しい森の中。湖のほとりには妖精(ニンフ)たちが戯れている。ニンフをとらえようとする牧神(半獣神)。するりとその腕をすり抜けてゆくニンフを追い回すのに疲れて、やがては陶然とするような睡りに身をまかせてしまう。普遍の自然の中ですべてがわがものになるという、ついには実現されるだろう夢に満ちて。フルートの夢見るような音色で始まるこのドビュッシー  「牧神の午後への前奏曲」を午後のシンフォニーにて楽しみました。洗練された美しい曲想は、まさにドビュッシーの名を一躍高めた代表的な曲といわれます。豊かで繊細な和声の色彩感覚、明瞭な拍子を持たないリズムなど印象主義的といわれる記念碑的作品です。印象派の音楽と絵画は、カミーユ・ピサロ・セザンヌ・ゴッホ・ モネなどの作品がまず登場し、それに触発される形で音楽が登場してきました。 ドビュッシーは同時代のフランスの詩人ステファン・マラルメの「牧神の午後」という長大な詩にインスピレーションを受け、この「前奏曲」を作りました。神秘的なハープの調べ、ラスト近くの古典式の鉄琴の妙なる音。この前奏曲の音楽は、マラメヌの美しい詩を極めて自由に絵解きしたものといえるでしょう。20世紀の音楽はこの曲から始まったと、まさに印象派の音楽の幕が開いた素晴らしい曲です。 

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

フルーツタルト

20070129_83419126美味しそうなケーキでしょう!

イチゴにりんご、柿、ラズベリー、そしてライチにと数えきれないほどのたくさんのフルーツがのったフルーツタルト。とっても新鮮な季節のフルーツを使っていて、ひとつひとつのフルーツを楽しみながらあっという間に食べてしまいました!

京王線仙川駅から歩いて5分。緑に囲まれたここ住宅街にサロン・ドゥ・シェフ・タケエはあります。http://www.s-c-takee.jp/index.htmlオーナーパティシエの武江 章氏は、ドンク、麻布ラ・ピラミッド、クレッセントでシェフを務め、1991年ガトー・ド・パリ・ルショワ・和光のシェフに。2000年にサロン・ドゥ・シェフ・タケエをオープンして、多くの名店での経験を生かし、鍛錬された工夫と繊細さが輝くスイーツで大人気です。センスの良いケーキやお菓子であふれ、雑誌などでも度々とりあげられています。 成城にも美味しいケーキやさんはたくさんあるのですが、今はここサロン・ドゥ・シェフ・タケエが一番のお気に入りです♡みずみずしいフルーツのたくさんのった大きなフルーツタルト♪二人で食べた想い出のケーキになりました☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

モンチッチ

01_phot011「お母さんは短い方が好き!」小学生の頃は、肩より短く、中学生になる頃にはモンチッチのようなベリーショートに☆髪を伸ばしたこともあるけれど、高校でも確か一度ものすごく短くした覚えがある。顔立ちがはっきり見えてショートも良いのだけど。「モンチッチみたいでいいわ!」とにかく母は短い髪が好きだった。まあ、私が不器用で長くしても上手くまとめらなくていつも母に髪を結んでもらっていた。

※「モンチッチ」はフランス語の「モン」(”わたしの”という意味)と「プチ」(”小さく可愛いもの”という意味)でわたしのカワイイもの。またモンキーのモンとおしゃぶりをいつもチュウチュウと吸っているので「モンチッチ」という名前がつけられました。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

父 の 思 ひ

20070127_201357766幼い頃と言っても、それはまだ私が赤ちゃんの頃。そんな頃の記憶はあろうはずもない。母と二人、妹の家で姪っ子をあやしているとき、ふと母が話してくれた。男の人って、みんな髪の長いのが好きなのかねぇと。私がまだ生まれて間もなく、髪が伸びてゆくにつれて、父はそのままにしておけと切らせなかったそうだ。髪が少しでも長いほうが可愛らしく思えたのだろう。夜中にひっきりなしに、泣いてしまう私を決して父は煩いと言うでもなく、じっと一緒の部屋で寝ていたという。遊ぶためのお人形、つまり、リカちゃん人形のような人形を買ってきて欲しいと母に頼まれたはずなのに、帰宅した父の手には、大きなガラスケースに入ったふんわりとした白いドレスを身にまとった綺麗なフランス 人形が。あぁ、あのフランス人形はそういういわれがあったのねと。初めて知った。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

誕生日プレゼント

Sea102誕生日のプレゼントは何がいいの?と聞かれて、んー、どうしよう?と。ジュエリーなど身につけるものは興味がないというか、キラキラするものを身につけるより、自分自身が輝くことの方が大事だと思うもの。んー、欲しいのは、加湿器つき空気清浄機!あー(><)これではあまりに色気がなさすぎる。洋服も別にいいし、(あっ、でもレリアンのスーツはよかったなぁ!)ホント、とりたてて何が欲しいって、ないの。 とってもしあわせな毎日だし。そう考えながら、成城の駅のホームでふと思いついた。「そうだ!世界中どこをさがしても見つからなくて、たったひとつしかないものが欲しい♡」

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

う な ぎ

20070124_140430323沼津には江戸時代より鰻の産地がある。故事によると、この地「浮島沼(うきしまぬま)」の鰻は日本一と記されている。浮島沼を北面に控えた柏原の宿場には本陣、脇本陣があり、茶屋も七~八軒もあり、富士の霊峰を眺めながら、名物の鰻を喰うこと、旅の疲れと滋養のための唾液(すいだ)の膳とされた。   沼津では鰻が自慢のひとつである。お昼にぼんどーるという割烹でその名物の鰻いただく。食べごたえのある美味しい鰻重。楽しかった旅とともに思い出のひとつになった。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

黒  柳

20070123_601063温泉まんじゅうかずかずあれどここ黒柳ほど美味しい温泉まんじゅうはなかろうと詠えるくらい、とっても美味しかったです♪ 

伊豆の国市長岡の御菓子の黒柳(くろやなぎ)。ここ伊豆長岡にもたくさん温泉まんじゅうやさんがありましたが、ここが一番☆と20070123_627969 のこと。小ぶりで甘すぎないこしあんのとても上品なお味   (^0^)!また食してみたいと思えるくらい、とっても

気に入りました。そして帰り道の沼津で立ち寄ったとびきりの干物やさん!鯵やえぼ鯛などを自分のお土産に。今夜は母と食しましたが、やっぱり全然このあたりのものとはちがうわねぇ!と。母もとっても喜んでくれました☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

伊豆長岡の国

20070121_43853735_120070121_43920657_1伊豆長岡を訪れたのは初めて。こうした山に囲まれたところだというのを知る。山々の緑が美しく。ここHOTEL天坊http://www.izu-tenbo.com/index.htmlにて。

お食事は海の幸がいっぱい!お造りやマグロの大きなカマなど食べ応え十分

20070121_44258188_1そしてなによりこの大きな露天風呂!ゆったりと浸かって新年の誓いもあらたに。泡風呂に檜の桶風呂、岩風呂と3つも大きな露天風呂がある。ゆっくり入っていてものぼせることのないくらいで、ちょうどいい感じさらりとしたこのお湯の泉質は、アルカリ性単純温泉。筋肉痛や関節痛、冷え性、疲労回復などに効くという。大きなホテルなのに、人でいっぱいで騒がしい感じがまったくしないのがいい。伊豆長岡、来てみようもないところに来ることが出来て、しあわせ

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

幸せのちから

20070120_235002610人生は成功するかあきらめるか。何があっても突き進む這い上がる力を持ち続けるか。その原動力、大きな力がこの映画『幸せのちから』http://sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/では、愛する息子なのだろう。そして、自らいつも笑顔で常に前向き、ユーモアを忘れないというそのひたむきさが成功へと導いたのであろう。住む家も失い、ポケットには全財産21ドルだけ。幼子を連れてホームレスのような暮らしをしながら、半年間の難関の証券会社の養成コース研修を受けて、見事に職に就き、そして現在ではたくさんの企業を統括する億万長者になったという。この『幸せのちから』は、そんな実在の人物クリス・ガードナー氏の足跡を基に描かれた真実のドラマです。描かれているのはアメリカンドリームではありません。底辺の時期がほとんどなのです。だから見ていてとてもつらい場面が多くあります。むしろ重きを置かれているのは、息子を想う父の愛情。何としてでも息子を守ろうとする想いこそが、成功への原動力となるのです。そんな父親をウィル・スミスが真摯な演技で見事に表現し、息子クリストファーを演じたウィル・スミスの実子、ジェイデン・スミス(本当にキュート!)との自然なやりとりが、作品にリアリティを与えています。あきらめない、ひたすらに目標をもって突き進むクリス。努力と信念と忍耐と集中力と持続力それに、自分の能力を信じる力、自信。とっても見習うべきところの多い映画です。現在では実在のクリス氏の息子さんは、父親を事業を手伝っているのだろうか、それとも立志伝中の人物のご子息なのだから自分で会社を興しているのだろうか、そんなことを帰り道に考えていました。         封切り前に素晴らしい映画を観る機会に恵まれました。本当にありがとうございます。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

こんなに蜜が

20070120_12711813こんなに蜜がたくさん入って美味しいリンゴは初めて!というくらい甘くて美味しいリンゴです。小さな頃、おやつにリンゴ1個まるかじりで食べていたのを想い出します。りんごは、果肉だけでなくて皮にもペクチンやポリフェノールが含まれていて、よく洗って丸ごと食べるのがよいようです。

「朝のリンゴは金・昼のリンゴは銀・夜のリンゴは銅」と祖母に教わりました。「リンゴが赤くなると医者が青くなる」リンゴを一日一個食べていると医者いらずとも。

盛岡りんごの美味しさを初めて知りました。 盛岡市の門重農園さんのりんごはhttp://kamon21.web.infoseek.co.jp/jikka.htm

生産販売30年以上の実績。岩手県での全国りんご品評会で入賞も果たしたという、 盛岡林檎にかける情熱あふれる生産者さんです。こちらのりんごジュースも市販のものとはまったく違い、すぅーっとした自然なりんごの甘みを感じます。これこそが本物のりんごジュースなのでしょう。ホントびっくりしました!間違いなく本当に美味しいりんご・りんごジュースを味わえます。通信販売でもとってもお得にお求めいただけます。 そう!Sくん(大学時代からの同じアナウンサーを目指した私の友達)今、盛岡だよね☆今度、ぜひ門重農園さんを訪ねてみてね♪

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

優しい気持ち

20070119_849167041月31日、あと2週間あまりで誕生日☆ここしばらく、何年も前のことになるが妹に祝ってもらった誕生日を想い出していた。その2日前にも妹と「フォレストガンプ~一期一会」の試写会を観たのだが、そのとき31日はどうするの?と妹に聞かれ、じゃあ、お祝いしてあげるよと☆そんなふうに言ってくれた妹の気持ちがとっても嬉しかった♪そして、吉祥寺LONLONにて待ち合わせ。妹はとっても可愛いミニブーケを手にして待っていてくれた♡ もうそこで、嬉しくて泣き出してしまった私。そして井の頭公園入り口近くのフランス料理のレストランへ。あたたかみのあるサーモンピンクを基調とした店内☆どれもとっても美味しいお料理♪お酒は強くない妹だからすぐに顔が赤くなりながら、二人で飲んだロゼワイン。どれもみな懐かしく覚えている。楽しい笑顔の写真がいっぱい!そして、デザートが出てきた頃、妹が包みを差し出す。びっくりした!プレゼントだというのだ。だってさっきあんなに可愛いお花ももらったのにと、嬉しくてぽろぽろと涙がこぼれた私。そっと包みを開けるとそこには、センスのいいTRUSSARDIの手袋。      本当にありがとう☆なにより妹の優しい気持ちがとっても嬉しかった誕生日の     大切な大切な想い出。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

決めたこと

20070117_225926844楽しかった北海道・札幌の人生最高のホワイトクリスマスを過し、機上の人に。たくさんの抱えきれないほどのお土産と素的な最高の想い出とともに。もう飛行機の中は、ぐっすりZZZ。それはそう、だって寝ないでお手紙書いていたんだもの。羽田に着いて、電車に乗ってから、ふと気づいた。私が寺尾さんに「札幌にも伺います!」とプレゼントを手渡しながら伝えたのが22日、東京全日空ホテルにて。そして25日の札幌グランドホテルでのディナーショーのとき、寺尾さんは、ちゃんと私のことを探してくれて、私に手を振ってくれていた!ということは、22日から25日までの3日間、寺尾さんは私のことを覚えていてくれたんだ☆もう本当にあらためてびっくりして、ものすごーく嬉しかったです♡

そうだ!私に子供が出来たら、名前は聰(あきら)にしよう☆子供には聡明な人になって欲しいから。だから男の子を産んで聰(あきら)っていう名前にして、うんと可愛がろう♪

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

誘惑がいっぱい

20070115_232421297支笏湖から千歳空港まで送っていただいて、夕方4時過ぎ。

空港から見る夕暮れのひときわ美しいこと!

20070115_232501938_1さて、空港の中は、お祭りのよう♪あちこちで呼び込みの威勢のいい声!蟹にお菓子に、お弁当にと。あれこれと見ていると、あれもこれもと買い求めたくなる。「白い恋人」でしょう、この雪印パーラーのバームクーヘンも。あと、あっ、この生ハム美味しそう!                             えーと、こっちは、チーズなんだぁ。そうそう、この北海道限定のクラッシックビールも欲しいなぁ。もう両手にかかえきれないくらいに買い込んで。北海道に向う飛行機の中で隣り合わせた札幌出身の女性の方とお話していて、北海道はお菓子が安いと思いますと言っていたけど、見ているとホントそう思う。小樽のルタオもロイズもみーんな   みーんな美味しいものね☆あぁ、なんて誘惑がいっぱいなんだろう

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

ひめます御膳

20070115_223708829昔、鮭漁の多かった千歳川の谷間をシコツ(大きい谷間)と呼び、また土地の名としても使われたそうです。そのシコツ(千歳川)が流れ出してくる湖なので、シコット(シコッの・湖)と呼ばれたものだろうと。これが支笏湖の名前の由来とも言われているそうです。

20070115_223650313_1支笏湖では、天然もののヒメマス(チップとも言うそうです)が有名ということで、お昼にひめます御膳を戴きました。ヒメマスはサケ科の魚で最大50cm程。北海道では一般に支笏湖や洞爺湖のものが、有名だそうです。                              お刺身に塩焼き、ヌタにお寿司と、こんなにたくさん!という豪華さ。

20070115_223633032_120070115_223609907_1 まずはお刺身から。ヒメマスの身はうすいピンクがかった色をしています。食 感ははじめコリッとしていて、舌の上にのせるとスッと溶ける感じです。次は塩焼きへ。塩加減もちょうど良く、骨離れもよく、とても食べやすく。お寿司もホントとっても美味しい(^0^)!くせのない淡白なお味で、すべてとっても美味しく戴きました♪

支笏洞爺国立公園に指定された北海道でも屈指の大自然が残されている支笏湖。 とっても素的な想い出になりました☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

支 笏 湖

20070115_120306235_2きらきらと午後の陽の光を浴びて湖面が美しく輝く。        湖の向こうからこちらまで一本の光の道となって、私を誘ふ。   そこに立つのはあの人。微笑んでいるあの人の姿が見える。

20070115_120340407_2 風もなく小春日和のような暖かさ。       そして誰もいない。                一人、湖のほとりに佇む。

20070115_120758954_4本当になんて大きい!  人生最高のクリスマスから一夜明けた26日朝。快晴の青空がとても気持ちよく。千歳まで電車で出て、そこから車で約40分ほどの支笏湖(しこつこ)へご案内いただきました。支笏湖は、http://www.shikotsuko.com/国内有数の透明度(25m)と平均水温3.6度という水質日本一の不凍湖です。

今から約3万2000年前の火山活動によって陥没して出来たカルデラ湖で、周囲約42km、面積78平方m、最大深度360.1m(国内第2位)。初めて訪れたのですが、湖を覗いてみると本当に透きとおってきれい!周囲をぐるりと山々に囲まれて中には活火山の樽前山もあり立ち上る噴煙が見えます

まさに雄大な北海道の大自然をひとり占め。しあわせを身体いっぱいに感じて、本当に最高!ぐるっと支笏湖の周囲をゆっくりとドライブしていただき、その大きさをさらに実感しました。今までに味わったことのない素晴らしい時間でした。本当にありがとうございました

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

担 々 亭

20070114_31706563幌で一番☆美味しいラーメンを食べに行こう!やっぱり札幌でラーメンはぜひ食べておかなきゃね!と連れて行っていただいたのが、ここ担々めんの担々亭。中華の鉄人・陳健一氏直伝の四川担々麺を味わえるお店とのことで店主と師匠である陳健一氏の笑顔のツーショットの大きなお写真も。食材はできる限り道内産のものを使用するなどこだわっているそうです。

20070114_31731672_120070114_31753954_1おすすめのひとつがギョーザ。茹でたものと 焼きギョーザ、両方戴いたのですが、とっても美味しい!そしてお待ちかねの担々めんの 登場です!麺は道内産の小麦粉使用の自家製麺。スープは鶏ガラ100%。最高級のゴマ使用。ラー油は四川、朝鮮、日本と三種の唐辛子をブレンドしたものということで、四川風のピリ辛が本当に美味しい辛さでホントいいお味です♪北海道でこんなに美味しいラーメンがあるなんて初めて知りました☆

札幌市中央区南2条西6 狸小路6丁目内  

011-271-5665    札幌市営地下鉄大通駅→徒歩5分
10時30分~翌2時30分  無休

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

ウ タ リ

20070113_1053846920070113_10600610_2以前はここはランプの灯りだけだったんだよ。天井からは魚が吊り下げられ、ちょうど大囲炉裏の上にあって煙で燻されてスモークされているよう。そこがまた美味しいんだよと。昭和29年にオープンした、札幌でも最も古い炉ばた焼の店ウタリ。生のホッケやししゃも、そしてキンキ(金目鯛)な ど新鮮な魚介を中心に、エゾマツをくり抜いた大囲炉裏で焼きあげます。 居心地のいい大きなカウンター席で焼き上がったキンキを一人一匹ずつ戴きました。ししゃもも、ホッケもすべて北海道で水揚げされた鮮度がよいものを炭で焼いているので、それはもう身がしまってこんなに美味しいお魚を食べたのは初めて!でした(^0^)他にも身近に楽しめる北海道の郷土料理をいただけるお店です。まさに本物!

20070113_10619313 炉ばた焼き ウタリ 札幌市中央区南5条西5丁目    

             011-512-3570   地下鉄すすきの駅から徒歩5分

 

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                   → 人気blogランキングへ

ホワイトイルミネーション

20070111_224021626君に見せたいものがあるからと、寺尾さんのディナーショーを楽しんだあとに耳元で囁かれ、TAXIに乗って大通公園へ。        近づくにつれて、すでにきらきらと☆わぁー!きれい♡

なんてきれいなんでしょう!                       大通公園と駅前通りが華やかなイルミネーションで飾られる、  第26回さっぽろホワイトイルミネーション      http://www.sweb.co.jp/kanko/white/

    きらめく見事な灯りに零下1度という寒さもまったく気にならないくらいに、       心躍るクリスマスの夜、そして素晴らしいホワイトイルミネーション♪            なんてロマンチックな人生最高のクリスマス☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

ロイヤルスペシャル

あの!『人生最高のクリスマス』 IN 札幌 のお話を☆

20070109_233901969_1大丸デパートで寺尾さんに会うためのワンピース、ジャケット、バックを誂えたあと、かねてから行ってみたいと思っていた札幌駅から徒歩3分のところにある雪印パーラーへ。http://www.snowbrand-p.co.jp/index.htm

お目当ては、『ロイヤルスペシャル』なる特製バニラアイスクリーム☆これは昭和43年に天皇陛下ご来道の際に誕生したものだそうです。

20070109_233927282宮内庁より最高のアイスクリームをとの依頼で種々の配合による半年間の試作の結果、乳脂肪16%というかつてないタイプのアイスクリームが完成。天皇・皇后両陛下のために特別に作られたバニラアイスクリームというだけあって、甘すぎず濃くがあり、バニラの風味ゆたかな本当に最高に美味しいバニラアイスクリームでした♪最も人気の高い、雪印パーラーでしか味わえない極上のアイスクリームです。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

幸せに満ちた未来

20070110_15176101月の蘭は、デンドロビュームです。色、形、風情…さまざまに美を競い合う、バラエティ豊かなラン。みんなの集まる場所に置けば、幸せに満ちた明日を招来します。

ヒマラヤ~東南アジア、オセアニアに広く分布している着生ランです。ランの中ではポピュラーな種類の一つで、寒さに強く栽培が簡単な品種が多く、ご家庭で容易に楽しめます。

今年も世界らん展日本大賞2007が、2月24日(土) ~3月4日(日) 東京ドームにて開催されます。http://www.jgpweb.com/guide/index.html

当にたくさんの素晴らしい蘭の花に囲まれて夢のようなひとときです。ぜひみなさん、お運び下さい

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

新年祝賀会 司会

20070109_202018844_1日はホテルオークラ平安の間で、東京新潟県人会 平成19年度 新年祝賀会の司会を務めさせていただきました。650名あまりの方がお集まりになり、新年を一緒に御祝いしました。こうして東京新潟県人会の司会を務めさせていただくのは、以前にも新年祝賀会、総会でありましたが、華やかな大きなお席の司会を任せていただいて、とてもやりがいがありました。ゆっくりとはっきりと大きな声で聞き取りやすいように進行することを務めました。ご来賓の方のご紹介というものがあり、お名前、肩書きをご紹介していきます。総勢100名!丁寧さを心がけきちんとすべての人に聞いていただけるようにと思いをこめて一生懸命、務めました。

20070109_202040922たくさんの議員の方もお見えでしたが、前山古志村村長、衆議院議員の長島忠美さまhttp://www.yamakoshi-soncho.com/index.htmlと一緒に記念に写真を撮っていただきました。とてもあたたかい気さくなお人柄が伝わってきました。これまでも新潟県人会を通じてたくさんの方々との交流をさせていただき、何度かお会いしていくうちに、本当にみなさんの優しく、ふるさと新潟を愛する気持ちの素晴らしさ、あらためて新潟に生まれてよかったと思える大切なひとときでした。ありがとうございます。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

言葉の力を生かして

20070107_235450391_1今日は、城北地区・中高等学校補導協議会の研修会の講師を務めさせていただきました。こちらは池袋を中心とした私立の中学高等学校の先生方の会で、①青少年の健全育成のために池袋駅周辺を補導する②学校間の情報交換を行っていらっしゃいます。月に1回、加盟校の先生方+池袋警察署+巣鴨少年センターのグループを作って、池袋駅周辺のカラオケ、ゲームセンター、ボーリング場などの補導を行います。また主に生徒指導の先生が中心として活動しているので、そういった問題点などを話し合い、解決方法やうまくいった事例などを交換するというものです。こうした大ベテランの先生方を前にしてお話させていただくという、大変、貴重な機会をいただきました。今日は、1月7日まだ松の内、お正月です。「正月」はいったん(一)止まる月と書いて正月です。   新年を迎え、このお正月にいったん立ち止まってご一緒に考える機会ととらえていただけましたらと。「自律と自立~言葉の力を生かして」という題名での講演で、私 がアナウンサーを目指すようになった理由や話すという仕事について、また言葉の力を生かすことによって、人の能力を最大限引き出すことも可能であるということをお話しました。私なりに一生懸命伝えたのですが、講演後、とてもひと言ひと言がはっきりしていて聞きやすかったし、中身の濃いお話をありがとうございましたなどお言葉をいただいて、少しほっとしました。もちろん、まだまだもっとさらに勉強を重ねていかなくてはと心あらたに。そう、ある先生が、映画「男はつらいよ」の寅さんのような心持ちで生徒に声を掛けてあげられるようになれればと思うんです、寅さんのあったかい人柄が本当に素晴らしいですよねとお話して下さいました。たくさんの素晴らしい新しいご縁をいただいて、私にとっても本当に勉強になりました。2007年の初仕事でした!これを励みに、今年もまっすぐにひたむきにがんばっていきたいと思います☆

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

秘すれば  ~ 江戸の初春

P011「第51回現代書道二十人展」を上野松坂屋にて。「現代書道二十人展」は1957(昭和32)年に誕生し、2006年に50周年の節目を迎えた。社中・団体の壁を越えて、これまで75人の巨匠たちが毎年新作を発表してきた展覧会。文化功労者の成瀬映山氏らの作品を展示している。どの作品も風雅を感じさせ、また勢いがあり、書家の意欲や挑戦が伺えます。ただいかんせん、行書、草書も多く全文を読むのはむつかしいものです。さらに古文漢文の知識がもっとあれば、よりいっそう深く楽しめるのだろうなぁとも。けれども、こういった作品に向き合う際の書家の書いているさまなどを想像すると、きっと思いきって書くのだろうなぁ、どんな気持ちなのかなぁと、楽しめました。写真は、新井光風の「談風月(書言故事)」(縦70×横113cm)

出口近くにあったひとつの作品に惹きつけられました。これなら私も読めます。「秘すれば花」うーむ、まさに現在の私の心境。今年の私の標の言葉となりましょう。心しておこう。胸に秘めたるこの思ひも秘すれば花」

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

悠久の美 ~遥かなるときを

006sai1驚くのはその数の多さである。収蔵品は62万点!いったいどのくらいのかかればすべて観ることができるのだろう。その歴史の深さと広大な土地、遥かなる時の流れの深遠さを物語っている。毎年100万人以上が訪れる中国有数の文化スポットである中国国家博物館の収蔵品から、特に美術的価値の高い名品61点をえりすぐって展示された「悠久の美ー中国国家博物館の名品展」。東京国立博物館平成館にて。http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00 

中国国家博物館は、北京市の天安門広場東側に位置する中国歴史博物館と中国革命博物館が、2003年に統合して生まれた、文字通り中国を代表する博物館。中国各地の出土品から重要作品を集め、質の高い豊富な展示品によって中国の歴史と美術を紹介している。

時代は新石器時代中期から五代まで(西暦紀元前4000年ころから10世紀まで)、出土地は16の省・市にまたがる。5000年にわたる悠久の時間のなかで、中国各地で作られてきた名品の数々を堪能した。 小さな金杯から重さ300キロ近くある大きな祭器まで、細かな模様とその造りの精巧さ、そして竜や虎、犀といった動物をあしらったものも多く、また幻想的な紋様が大陸の特徴を感じさせる。
写真は犀尊 (さいそん)。前漢時代・前3~前1世紀のもの。高さ34.6cm 長さ58.1cm 幅21.0cm。たくましい犀の姿を写実的に表した青銅器。尊とは酒を蓄える容器で背中に蓋があり、ここから液体を入れ、顔の右側に作り出した管から注ぎだすようになっている。ガラス製の眼とかわいらしい尾が全体を引き締めている中国古代の彫刻作品でも屈指の名品。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

獅子舞 ~ 江戸の初春

20070104_2257228133日は博物館に初もうでに行きました。上野公園の東京国立博物館。公園内の木々もすっかり葉を落としていましたが、そこにまた風情を感じます。昨秋の仏像展の頃は、ちょうど風にのって紅葉がはらはらと舞い落ちて綺麗だったなぁと思い出しつつ。噴水前で三脚を立てて家族で写真を撮っているのがとても微笑ましく。東京国立博物館に到着すると、まもなく獅子舞が始まるとのこと。伝統芸能も楽しんでもらいたいという心にくい演出です。そして、威勢のいい太鼓と笛の音のお囃子とともにお獅子の登場です!あたりは途端におめでたい雰囲気でいっぱいに♪全身を使っての大きな舞いと、ときにとってもユーモラスな一面もありたくさんの福をもらえました♪他にも時間によって和太鼓やフルートの演奏なども。美しい日本の文化にふれ、心ゆたかな新年のスタートができました。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

初  詣 ~ 江戸の正月

20070104_102957204灯篭の灯りが照らし出す参道を登っていく。1月1日を迎えてまだ2時間ほどしかたっていない深夜。今年の初詣に、住まいの近くの氏神さまの神社に来ました。ここしばらく、毎年の初詣は、地元の氏神さまと私が信奉している神社に行きます。陵山(みささぎやま)と呼ばれる小高い丘 の上に建っているそこは、老木に囲まれ、静寂のなかに凛とした雰囲気のある場所です。例年は日の明るいときに来るのですが、今年は紅白の白組優勝を見届け、ジルベスターコンサートで「威風堂々」によるカウントダウンで新年をお祝いし、その後やってきました。静まり返った境内は、とても幻想的。こころ静かに手を合わせます。今年一年、良い年になりますように。

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

あなたへ愛を閉じ込める

Af9b1c243ef1f80d53bcb793774ac63a1_1万感胸にせまる想ひというのは、こういうことを言うのだろう。 もう、ただひたすらTVの画面に引き込まれていた。好きな人を見つめているだけで、グッときて身じろぎもせずに。2日の今夜、NHKの特別音楽番組「SONGS」で、俳優で歌手としても大活躍の私の寺尾聡さんが昨年12月20日に25年ぶりにリメークしたアルバム「Re-Cool Reflections」の中から5曲をライヴで演奏されて、とってもカッコよく素的でした♪もうそこに立っているだけで、その存在自体が絵になる。演じていなくてもそのままの寺尾さんが、たまらなく魅力的☆

『楽しく楽にあまり肩に力を入れずに』と寺尾さんの言葉であったが、私の場合は、いつも頑張る頑張らなきゃの毎日。もしかしたら、ちょっぴり寺尾さんのようにゆったりとした気持ちでいてもいいのかなぁって。昨年暮れのディナーショーで 私の夢は現実となったのだから。

今もこうしてまた録画したものを観ながら書いているが、今夜観る夢が初夢よね。じゃあ、間違いないく寺尾さんとまた一緒に♡

役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

美 し い

20070102_110440329美しい。かくも美しいものがあろうかと思われるほど。       「黄金のホール」は今年のテーマカラーであるピンクを中心とした、たくさんの花で飾られ、絢爛豪華な装飾とともに、よりいっそう華やかな雰囲気。笑顔で心から楽しそうに演奏するウィーンフィル管弦楽団の演奏者たち。またコンサートの音楽に合わせて登場するウィーン国立歌劇場やバイエルン国立歌劇場バレエ団のソリストが、普段は入れないというシェルブルン宮殿などで華麗なパフォーマンスを。飾られている花々を通して映し出すウィーンフィルの演奏者たちのショット。「美しい」とはこういうことをいふのだと、元旦に思ふ。

元日の楽しみとなったウィーン楽友協会大ホールで行われるウィーンフィル・  ニューイヤーコンサート」。本当に素晴らしかったです!指揮は、98年以来9年 ぶり4回目の登場となるズービン・メータ氏。曲目はヨハン・シュトラウスの喜歌劇「くるまば草」序曲やヨーゼフ・シュトラウスのポルカ「水車」など、また「エルンストの思い出」では、とてもユニークな演出で喜ばせてくれました。ヨハン・シュトラウス作曲の「ワルツ“美しく青きドナウ”作品314」そして「ラデツキー行進曲 作品228」ヨハン・シュトラウス父・作曲で最高に盛り上がり!いつかはここウィーン楽友協会大ホールでウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを実際に楽しみたいなぁと思いを馳せつつ、一年がはじまりました♪

※役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。