毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 単騎、千里を走る。 | トップページ | 博士の愛した数式 »

父 と 子

20060509_232040219日本と中国、二組の父親と息子がこの映画「単騎、千里を走る。」での横軸となっている。お互いにわかりあえぬその思い。素直になれない、面と向かって話ができない。映画の中で、高倉健さん演ずる高田とその息子が、何故、気持ちがすれ違ってしまったのか、はっきりとした理由は説明していない。最後までそれはあきらかにならないが、そういったことを疑問として残しておくのも、また深みがある。人それぞれ、いろんな理由を抱えているのだから、こういった理由でとあきらかにしないところが、むしろ、親と子でわだかまりができてしまうという、誰にでも思いあたるようなことを、一層、身近に感じさせているのだと思う。高田と少年ヤンヤンが山の岩場で一夜を過す場面や、写真のあまり通訳できない通訳の青年の真面目で一生懸命だが少しとぼけた味わい。どこをとっても本当に素晴らしい。日本と中国での撮影スタッフによる編集の仕方、カメラワーク、文化の違いを超えて、映画芸術のおもしろさを具現化している。今年の映画の中では、五本の指に入るだろう。勿論、ベスト1は、・・・。

※役立つブログ・話題のブログがいっぱい!
                → 人気blogランキングへ

« 単騎、千里を走る。 | トップページ | 博士の愛した数式 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/9996551

この記事へのトラックバック一覧です: 父 と 子:

« 単騎、千里を走る。 | トップページ | 博士の愛した数式 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。