毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 如月の上野で~東京国立博物館 | トップページ | 如月の上野で~伊豆栄 »

「春の雪」

20060223_519922 手に入らないから欲しい。永遠でないから、美しい。三島由紀夫の遺作となった『豊饒の海』四部作。モチーフは、輪廻転生である。私が感じたのは、この時代においてのブッダ(仏陀)。自死しても、輪廻転生すると信じていたブッダ、お釈迦様の研究をしていた三島由紀夫の世界を映画という媒体で見事に表現した。ラストの蝶々が2匹飛んでいくシーンは、三島が『豊饒の海』の主題である輪廻転生を暗喩して、素晴らしいまとまり。三島の世界を映像で表現するのは、難しい。美の本質を解らなければ表現できない。三島は「美」に魅せられて、自らの命も「美」を持って演出したのだと思う。

柱で場面・季節が季節が変わる。柱を象徴的に使った見事なカメラワーク。時空を遊泳している三島文学を表現する上でのひとつの、三島が追求した時間の概念を柱が象徴している。手元の『豊饒の海』四部作。ぜひとも読まなくては。

音楽もマーラー第5番4楽章アダージェットでしびれた。気だるさ。時間が対等に流れる。ルキノ・ビスコンティの「ベニスに死す」のファーストシーンでも流れていた。同じ曲であるというのは、ルキノ・ビスコンティが求めていた美と三島の求めいた美が、いわゆる耽美主義を、私は感じました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

« 如月の上野で~東京国立博物館 | トップページ | 如月の上野で~伊豆栄 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/8779073

この記事へのトラックバック一覧です: 「春の雪」:

« 如月の上野で~東京国立博物館 | トップページ | 如月の上野で~伊豆栄 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。