毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の28件の投稿

名人芸とは

20060301_22251 行形亭さんでのお食事が始まる前に江戸家子猫さんの動物の鳴きまねの公演を。江戸家といえば、みなさんご存知の元祖江戸家猫八さんがお父さんにあたります。各方面で活躍され、2004年には、文化庁の芸術祭優秀賞も受賞されたとのこと。鈴虫からはじまって、 さまざまな小さな虫の声、そして、干支にちなんで犬の鳴きまねや、果ては恐竜まで。たくさんの動物を鳴きまねする、まあ、本当に見事でした!TV番組での実験で本物の鈴虫との鳴きくらべしたエピソードや(なんと本物に勝ったそうです!)動物の鳴きまねの20060301_42282 研究のために海外へも訪れているとのこと。お客さんへの話かけ、どんどんと観ている人たちを巻き込んで楽しませ、喜ばせて行くその名人芸は、さすがです!新潟の県鳥 朱鷺の声など初めて聞きました。お客さんをぐいぐいと引き込んでいくような話の運びと名人芸である動物の鳴きまねの数々。みな笑顔で楽しく笑っていました。私も、とっても楽しかったです。一番まん前の真ん中で観ていました。本当に勉強させていだきました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

にいがた 冬 食の陣

20060228_4416688少し冷たいけど空気が澄んでとてもきれい。

穏やかに広がる新潟の空。

薄っすらと雲がかかった新潟の夕日が信濃川の水面を照らす。

         柳都・新潟市 万代橋。週末を利用して、新潟市へ。

20060228_4433516 300年もの歴史がある大きなお庭と会席料理で名高い 日本料理行形亭(いきなりや)さ んでの『にいがた 冬 食の陣』を楽しみました。http://www.ikinariya.co.jp/

芸妓さんが勢揃いしての舞や動物のものまねで有名な江戸家子猫さんの楽しい公演とともに大きなお座敷での会席料理を。美味しい新潟の冬の味覚、今回は特に、南蛮海老(甘海老)つくしとして、フライや糀漬け、からすみまぶしなど主として前菜に供されていま20060228_5746251した。  素材の良さと心のこもったお料理を佐渡の名酒 真野鶴の大吟醸・大吟醸生酒・吟醸・特別純米酒をそれぞれ、春夏秋冬に見立てて4つのお猪口で戴きながら味わいます。私が一番好きなのは、春の花を思わせるフルーティーで華やかな香りの真野鶴 大吟醸です。こちらは、エールフランス航空のファーストクラスの機内酒としても採用されているそうです。また行形亭さんのレシピが、ANAスーパーシートプレミアムの機内食に採用されることになったそうです。ですので、味は折り紙つきです!

20060228_4520297 華やかな振袖姿の芸妓さんたちとの記念撮影などもあり、その場で写真にして下さいました。夏の陣のときにお会いした華乃さんやあおいさんとも再会し、にいがたならではの、ゆったりとした、かけがえのない楽しいひとときでした。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

にいがた~味の笛

20060226_164929376 今夜、テレビ朝日系列 午後7時より「旅の香り」という番組で、御徒町の駅前にある総合デパート「吉池」さんの立ち飲みやさんが紹介されます。『越後の地酒と北海の幸と 味の笛』に氷川きよしさんが、ロケに訪れたそうです。20060226_164948657 私も行ってきました!出来たばかりのとても清潔な感じのお店です。大勢のお客さんで1階2階とも賑わっています。若い女性も一人で、入り口近くで雑誌を眺めながら飲んでいました。お酒は、日本酒があの越の寒梅・八海山などがどれも500円!

20060226_165006907 ずらりと並んだおつまみも200円からで、「吉池」さんの新鮮なお刺身も300円から味わえます。おつまみの充実度や、わいわいと楽しげな賑わい、さながらスペインのバールのような雰囲気です。営業時間は、1階は午後4時から。2階はテーブル席になっていて、こちらは午後3時からの営業です。場所は、「吉池」さんの右斜め向かいです。気軽にぶらりと立ち寄れるお店です。ぜひ、皆さんもお越し下さいね。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

世界らん展

20060226_5438080  東京ドームで毎年、大人気のイベント

世界らん展日本大賞2006を楽しんできました。   http://www.jgpweb.com/index.html          

20060226_5503529 今年のテーマは、「和の心」。写真のらんの花で出来た枝垂桜をはじめ、数千輪の花に囲まれた、“平安絵巻”の世界がひろがります。とてもスケールの大きな、グループでのディスプレイで賞をとったものや、個人の方が受賞されたものなど、本当にこんなにもたくさんの種類のらんの花があるのだということを初めて知りました。色や形のさまざまなものがあり、中にはコブラオーキッドと言って、コブラの形にそっくりということで名付けられたらんも、展示されていました。

20060226_163701266 愛好家の方や一般の方が、盛んにカメラのシャッターをきっていて、私も、160枚も撮影しました。また折をみてご紹介していきたいと思います。ゆっくりとひとつひとつを楽しみながら、艶やかならんの花を眺めて 華やかな雰囲気に包まれ、ひと足早い春を感じました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

トゥーランドット

20060224_115037235 プッチーニのオペラ『トゥーランドット』第3幕より「誰も寝てはならぬ」。毎朝のように聴いています。今日も一日、さわやかに。身体中を目覚めさせ、五感を刺激して、朗々と歌い上げるその声に励まされ、とても気持ちがリラックスして、やる気がみなぎってきます。

トリノオリンピックのフィギュアスケート、女子シングルで荒川静香選手が、見事!金メダルに輝きました。日本選手のフィギュアスケートでの金は初の快挙とのこと。とてもエレガントでダイナミックな演技と素晴らしい曲が、よく調和していました。彼女のフリープログラムでの曲がこの『トゥーランドット』でした。トリノオリンピックの開会式の際に、パバロッティが、熱唱したのも『トゥーランドット』。イタリアでは、とてもポピュラーな曲です。私の大好きな曲のひとつです。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

如月の上野で~伊豆栄

20060224_3142907 書の至宝を見終えて、東京国立博物館を出た頃には、すっかり日も暮れて烏の鳴き声とともに、寛永寺の鐘の音が。

老舗の上野不忍池で有名な、うなぎ「伊豆栄」別館の梅川亭へ。

20060224_3123985 座敷席でゆっくりとくつろぎ、冷酒片手に、九谷焼の器に盛られて供される鰻巻き、そして鰻ざくの美味しいこと。私が、新潟にいたころから、うなぎ「伊豆栄」の名は、新聞のコラムで見て知っていた。それから随分と経つが、念願叶って、初めて訪れた。柔らかくて美味しい天然の鰻の蒲焼きに白いご飯。ゆっくりと流れる時間に至福のひととき。梅川亭のちょうど看板の前にある梅の花も、寒さでまだ身を硬くしていた如月の上野での夜でした。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

「春の雪」

20060223_519922 手に入らないから欲しい。永遠でないから、美しい。三島由紀夫の遺作となった『豊饒の海』四部作。モチーフは、輪廻転生である。私が感じたのは、この時代においてのブッダ(仏陀)。自死しても、輪廻転生すると信じていたブッダ、お釈迦様の研究をしていた三島由紀夫の世界を映画という媒体で見事に表現した。ラストの蝶々が2匹飛んでいくシーンは、三島が『豊饒の海』の主題である輪廻転生を暗喩して、素晴らしいまとまり。三島の世界を映像で表現するのは、難しい。美の本質を解らなければ表現できない。三島は「美」に魅せられて、自らの命も「美」を持って演出したのだと思う。

柱で場面・季節が季節が変わる。柱を象徴的に使った見事なカメラワーク。時空を遊泳している三島文学を表現する上でのひとつの、三島が追求した時間の概念を柱が象徴している。手元の『豊饒の海』四部作。ぜひとも読まなくては。

音楽もマーラー第5番4楽章アダージェットでしびれた。気だるさ。時間が対等に流れる。ルキノ・ビスコンティの「ベニスに死す」のファーストシーンでも流れていた。同じ曲であるというのは、ルキノ・ビスコンティが求めていた美と三島の求めいた美が、いわゆる耽美主義を、私は感じました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

如月の上野で~東京国立博物館

20060221_235018969 今回初めて訪れて、その立派さと優雅な空間に驚きました。東京国立博物館。本館、平成館や東洋館など6つの建物から成り、広い敷地と空間、そして木々の自然が、そこにいるだけで何だかホッとします。

20060221_235035001 3月11日(土)~4月16日(日)には、本館北側の庭園を公開するそうです。由緒ある5棟の茶室が点在する庭園を散策でき、オオシマザクラ、ショウフクジザクラ、枝垂れのエドヒガンザクラ、緑がかった花が美しいギョイコウザクラなど、10種類もの桜が次々と開花する庭園を楽しめます。       東京国立博物館 HP

http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00&processId=00

20060222_940797 中に入ると映画「春の雪」のオペラのシーンのロケにも使われた大階段が。「春の雪」のこのシーンを観ていて、どこの建物なのかしらと、とても不思議に思い興味があったのですが、まさにこの場所でした。落ち着いた雰囲気と印象的な大時計が、映画のシーンを彷彿とさせてくれます。

20060222_1030938 高い天井と大きな広がりのある静けさの中、こういった場所で日長一日過ごすのもいいなぁって思いました。たくさんの展示があるので、そうですね、ゆうに半日はかかりそうです。常設展も大変、素晴らしいものが所蔵されているとのこと。東京国立博物館も「私の好きな場所」になりそうかしら。本当に古くからのもの、一級品を集めており、ゆっくりと鑑賞できる。贅沢なひとときです。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

如月の上野で~書の至宝

cn01s1如月の寒さも少し緩んだ日曜の午後、東京国立博物館で開催されていた「書の至宝~日本と中国」を。日曜までの開催とあって、大勢の人で賑わっていました。文字の成り立ち、甲骨文から始まって、中国における書の歴史やその影響を受けながら独自の世界を築いてきた日本の書の展開、両国の名品を揃えた素晴らしいものでした。王義之、欧陽詢、空海、光悦、良寛と名筆の数々にとても魅了され、重要文化財や国宝の作品を眺め本当にゆたかな思ひのときでした。http://www.asahi.com/sho/gallery/

jp02s1 作品の最後には、この書を見ましたという落款がたくさん押されたものや、書についての感想が書いてあるもの、また、仮名の文字の優美さと書かれている紙がとても華麗でありと、まさに『書は芸術』であるというのを実感しました。本物の美にふれて、慌しい日常の疲れた心身が癒されて、何だか見終えた後には、清々しい気持ちでいっぱいになり、しあわせに思いました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

立ち飲みやさん

liquor1 いらっしゃったことありますか?私は、一度だけかなぁ新宿で。和気藹々として楽しかったです。今夜、テレビ朝日系列で夜7時から放送の「旅のかほり時のあそび」。新潟県の関連で、(というのもこの週末、故郷の新潟県十日町市では雪まつりが行われていましたhttp://tokamachikankou.jp/57yuki/timetbl.html)     御徒町の駅前にある総合デパート「吉池」さんhttp://www.gnavi.co.jp/gn/chain/yoshiike.htmで、作られた店内にあるレトロな雰囲気の立ち飲みやさんが紹介される予定です。(状況によっては番組内容の変更もあります)氷川きよしさんが、ロケに訪れたとのこと。「吉池」さんの会長さんが、こだわりとセンスの良さをもって、プロデュースした立ち飲み屋さん。なかなかお洒落です。ぜひ、番組をご覧になってみて下さいね。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

7 7 7 7

20060219_4900166 おかげさまで私のブログ、「ハッピーサンフラワー」は2月18日AM0:11で、ブログのヒット数が、7777を達成しました!ありがとうございます。2005年9月から始めて、半年あまり。昨年暮れ近くからは、周りの勧めもあって、毎日、書いています!街を歩いていても、今度は何を書こうかなぁと考えたり、言葉を選んだり、文章や内容にふさわしいイラストや写真をあれこれと・・・  ホントにとっても楽しいんです!10,000ヒットには、記念として、私からちょっとしたプレゼントを差し上げたいと思います。10,000hit画像を送って下さいね!

お待ちしていまーす☆

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

春らしく

20060217_233558594 今日は仕事のあと、ヘアカラーのため青山へ。もうすぐ「私の好きな場所」でも紹介予定のBLANCO南青山。こちらで綺麗にしていただくようになって2年がたちます。大好きな土屋さんは、本日、N.Y.から戻るとのことで、今日はカラーのみ。12月に改装されたフロアは、南仏の地中海リゾートのイメージで、太陽光の自然の光に近いライトを配し、明るくゆったりと落ち着いた雰囲気です。N.Y.のカラーバーを取り入れ、カウンターがあり、棚には流行の色の数々。初めてお願いしましたBLANCOトップカラーリストNOBUさん。      http://www.blanco.co.jp/contents/designer_details.php?id=285

私の仕事の内容や出来上がりのイメージをカウンセリングして下さって、さまざまな提案を。んー、どんなふうになるんだろう。とっても楽しみ!スタッフもみな対応がさわやかで、本当にお店のレベルの高さをいつも実感します。さて、出来上がりは。わぁ!すごくいい♪品のあるちょうどいいブラウンには春らしくピンクが。でもほんの少しですから、光が当たるとわかる感じですよとNOBUさん。大満足です!さすがN.Y.で8年以上も活躍されていたとのこと。髪が決まれば、心も決まる。明日のお仕事もがんばろう!って。粉雪の舞う中、足取りも軽く家へと向かいました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

世界が一変

20060217_15245126 人との出逢いで自分の人生が大きく変わる。一生のうちで大きな影響力を与えて下さる人たちとの出逢いが、本当にたくさんの幸せをもたらしてくれるのだと実感しています。今夜もそんな夜でした。信頼でき、心から尊敬し、たくさんのことを学ばせていただき、本当に感謝しています。また新しい出逢いも、広げて下さいます。しっかりと歩んでいくことで、前向きにがんばることで、期待にこたえたいと思いました。高校卒業後、18歳で新潟県津南町より東京へ出てきて、石川県金沢をへて、現在に至るまで、本当にたくさんの人たちに出逢いました。でも今の自分をとりまく環境も何もかも、すべてががらりと、そう世界が一変するようなこの出逢いは、本当に私にとってかけがえのないものです。ありがとうございます。心から感謝しています。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

MELOS

20060214_80412860 銀座5丁目のBar「MELOS」。「MELOS」は昔のドイツの音楽批評誌のタイトルとのこと。落ち着いた大人の雰囲気の中、BGMとして流れるモダンジャズの音色。とにかくジャズはもちろんのこと、音楽へのこだわりがとても強くあります。それもそのはず、品良く優しげなオーナーは、アマチュアのジャズバンド・ファイブブラザーズでピアノを弾いており、またスタッフの方もとっても格好よく、かたわらジャズの紹介や批評文も書くライターでもあるそうです。初めて伺ったのですが、本当にこじんまりとした店内で、音楽に身を委ね、楽しくとても居心地よく感じました。そもそも、きっかけが、私のお気に入りのお店である、Bar Lupin での帰り道、雨が振り出してしまい、MELOSの前で雨やどりをしていたところ、見かねて傘を貸して下さったんです。御礼にと、訪ねたところとっても素的なお店だったので、今度、私のお気に入りのお店に入れさせていただきたいってお願いしてきました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

完璧なバレンタイン

20060215_131721547 今年のバレンタインデーには、私の理想とする形がありました。世の中は、10粒で3, 000円以上もするような高級なチョコレートや有名なショコラティエのチョコレートが大人気とか。街を歩いていても、あちこちでチョコレート!チョコレート!の宣伝も本当に賑やかで。

20060215_132426344 私の理想は、もちろん、WONKAチョコレート!

そう、映画「チャーリーとチョコレート工場」の中に出てくるゴールデンチケットが入ったウォンカチョコレートです。映画を観ているときから、このウォンカチョコレートを食べてみたい!って思っていました。そして、2月の初めにウォンカチョコレートが売り出されると知ったときには、そうだ!バレンタインデーには、「チャーリーとチョコレート工場」のDVDとウォンカチョコレートを渡そう♪って。これで完璧!でも、ウォンカチョコレート発売日当日の夕方に行ったところ、既に午前中で完売(>_<)来年も売り出されるといいなぁって思っています。誰か食べてみた方いらっしゃいますか?どんな味なのかなぁ。

ウォンカチョコレート(ウォンカバー)についてはこちらを。

                   ↓ 

http://www1.odn.ne.jp/karagenki/personal/garage/zatudan/wonka1.htm

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

ローテンブルグ

20060214_15253251  銀座・文藝春秋画廊で今日から開かれている竹山榮一先生の個展を。ドイツのローテンブルグに住んで12年になる先生の絵は、ヨーロッパの空気の中での先生が出したかった色を描いていて、作品への思いとともに彼の地での暮らしぶりも伺えるような、ときに鮮やかでやわらかな光の中にも、また落ち着いた印象も与えとても感性の豊かさにあふれ興味深いものでした。

20060214_15225251 ヨーロッパにとどまらずインドなど世界各地を旅されている先生の、その今を描いている作品の数々。ローテンブルグでは名誉市民であり、アトリエに画廊を構え、ローテンブルグ画家組合に所属してドイツでその精力的な作家活動を行い、美術雑誌やTVなどにも取り上げられているとのこと。お料理やテニスの腕前も素晴らしいと。日本テニス協会1級公認指導委員の資格までお持ちです。とてもお優しくてあたたかみのあるお人柄です。私の好きなひまわりを題材にした作品もあり、本当に素的なひとときを過ごせました。18日(土)までの開催。ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

竹山榮一先生のHPは、http://www.takeyama.rothenburg.de/  です。

人気blogランキングへ

敬老の日も、もうすぐですね!

おじいさまやおばあさまに

心のこもったプレゼントを贈りましょう♪  

☆おしゃれな胡蝶蘭は、

サプライズにもなるのではないでしょうか(^0^)

★画像&リンク先 【楽天】

☆古くより長寿を祝う【りんどう】

スイーツとのセットも大好評!

☆ 料理記者“岸朝子さん推薦”の老舗銘菓【敬老の日2008】

~秋を感じる贈り物~ 亀甲一ヶ重 宝尽くし(和菓子付き)

☆祝!敬老の日 

和風テイストバラのアレンジメント 

★あでやか(生花)と特撰!

カステラのセット送料無料【敬老の日特集2008】

人気blogランキングへ

父 来 る

20060213_11327860 今日は所用で父が東京へ。久しぶりに会う父の姿。頬に刻まれた皺が増えたかな。でも、いつも前向きで頑張っていて熱心に仕事をしているのに変わりはない。お昼には、肉の万世の本店で、父のリクエストでしゃぶしゃぶを。お肉がとっても柔らかいなぁという父の笑顔。美味しかったと喜んでくれて良かった。用事があるというので、そこから人形町まで東京散歩。10分も歩くとすぐに隣の町に着くものなのだなぁと実感。お天気もよく、父は、歩きながらも、東京駅はこっちの方かな、そうするとこっちが・・・どこそこになるなぁと。東京に住んでいる私でも、すぐにはよくわからないことを、見事、言い当てていた。人形町に到着。人形焼を食べてみようと、5個入りを買い求める。出来立てで温かく、甘すぎなくて美味しいと。お土産のは食べたことあるけど固かったなぁと父。用事も済んで、見送りの為に池袋まで。何か東京でのものをと思い、デパートの地下食品売り場で、お惣菜と季節のおこわを買ってあげた。生春巻きは初めてとのこと。春巻きの皮が生なんか?そう、美味しいよ。私も大好きだからと。笑顔で高速バスに乗り込む父。発車まで見送って、任務完了。熱心に仕事もいいけど、早くゆっくりと国内旅行にでも連れて行ってあげられるようにと思った。どうか病気をしたりしませんように。車の事故に気をつけてね。どうかお仕事が上手くいきますように。父が楽しい、嬉しいって思って貰えるようなことが、たくさんたくさん父にやってきますように。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

テーブルウェア・フェスティバル

20060212_15740547 色彩や形、季節を考えて、そして何よりおもてなしの心でのテーブルコーディネート。東京ドームがたくさんのやきものの器やカトラリー、そして、漆器などでいっぱいに。テーブルウェア・フェスティバルは、数年前に一度行ったことがありましたが、今回は、瀬戸の織部焼きや有田焼き、清水焼などの実際の生活で使ってみたいと思うような器の数々がその場で購入も出来るようになっていたのが、ひとつ印象的でした。

20060212_15801860 プロのテーブルコーディネーターの方や料理人、文化人によるテーブルセッティングのコーナーは、写真のミシュランのようなカラフルな色使いのもの、また白を基調としたコーディネート,韓国の食卓など華やかなものが多く見ていてとても楽しかったです。

20060212_22517594 器は、また今度の機会にと思い、今回はランチョンマットと、輪島塗りのお箸を買い求めました。もちろん輪島塗は、以前、北陸朝日放送時代に、研修で輪島市を訪れて輪島塗の工程を見学したのを思い出しました。そんな話をしたところ、今度また見学にいらっしゃいと言われ、輪島漆器の会社の営業部長さんとお名刺交換してきました。漆器は製作にとても手間がかかる大変なものだったというのを覚えています。

20060212_15819876 日頃、なにげなく使う器やテーブルコーディネートひとつとっても、感性の豊かさがいかんなく発揮される場なのではないでしょうか。それにしても、器って本当にひとつひとつが違っていて味があり、見ていて、とっても興味深かったです。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

   鏡 

20060210_231621391 毎朝、鏡を見てにっこり笑っていますか?もしも、NOでしたら、今日からは笑顔で鏡に向かってみましょう。自信を持って、一番自分のお気に入りの素的な笑顔で!大事なのは、心から笑ってみること。決して表面ではなくて、心から楽しいっていう笑顔♪もしもそんな気分ではないっていうときも、笑顔の方がいいって思いませんか。  だって、顔は、毎日毎日の積み重ねで作られていくものだもの。その人の心の在りようが、顔には現れてくるもの。だから、笑った方がきっとお得です!「相手は自分を映す鏡」だと思います。あなたが笑えば、私も笑う。赤ちゃんの純粋無垢な笑顔を見て、しかめっ面をする人はまずいないでしょう。思わず誰もが相好をくずします。まずは、今から鏡に向かって笑ってみましょう*(^0^)*

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

開 ル ー プ

20060210_416344 今日は、とっても嬉しいことがあったので、夕食に白ワインを開けて乾杯しました!よく冷えたワインはとても美味しくて、sea food料理とも合いました。お仕事先で、あなたのその闘志はどこから来るんですか?と尋ねられ、「生来からの負けず嫌いと頑張り屋で、そして周りの方が支えて下さったからだと思います」と。帰りの電車で思い返してみました。今、自分が頑張ると周りの方が褒めて下さる→だから嬉しくなって、ますます頑張る→そうすると前向きにどんどん良い方に進んでいく→また周りの方が褒めて、支えて下さる→・・・といったようにすべてが良い方へ良い方へと進んでいるからなんだ!と気付きました。以前からこうだった?いえ、違います。思い起せば、大学生の頃は、何かひとつよくないことがあると、さらによくないことを想像してしまい、どんどん閉ループにはまっていくことがあるよねと、目上の方に指摘されたのを思い出しました。ここまでに至る迄、たくさんいろんなことを経験し、その度にいろいろと考えてきたことによって、ようやく、こういった心持ちと環境になれたのかなぁと。じゃあ、今の私は、開ループ!と実感した夜でした。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

ハリーの冒険!

img097056511 実は、「ハリーポッター・・・」シリーズは、今回の「ハリーポッターと炎のゴブレット」が初見でした。原作が全世界で爆発的な人気を誇るというのも、もちろん知っていましたが、劇場で観る機会を持つことは今までありませんでした。しかし、やはり話題の作品!さすがにまったく飽きさせることなく純粋に楽しめて、面白かったです。愛と勇気と正義と友情。そう、ティーンにも大人にもそれはちゃんとわかっているべきことであって、自分の身よりまず危機にある友を助ける、大事なことだと思います。三大魔法学校の対抗戦の迫力とスリリング。クリスマスパーティー・初恋と甘酸っぱい想い。第一作からの演じ手の上手さもさることながら、オーディションで今作に抜擢された新人俳優の今後の活躍も楽しみです。映画が始まってすぐ思ったのは、正統クィーンズ・イングリッシュの綺麗さ。発音の勉強にもお薦めです。第一作から、ゆっくり観てみたいと思います。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

美 味 し い ! 

   tomato1 kyuri1hourensou1         初めて食べました。こんなに美味しい小松菜は、初めてです!私の住んでいるところの大家さんは、もともと農家で、このあたりに畑をもっています。入り口には、野菜の無人販売。季節のお野菜がたくさん並んでいてどれも100円です。大家さんご夫妻が起きだすのは、毎朝5時半。そして奥さんが、晴れの日も寒風吹きすさぶ日も、畑から収穫したお野菜を丁寧に束ねて並べます。スーパーで売っている小松菜と違うんです。丈は小さいのですが、ビニールをかぶせず、お日さまの光に当たり、そしてこの時期は霜がおりる。それでよりいっそう甘みを増すとのこと。そして、無農薬で作っているそうです!今の時期は、じゃがいもに小松菜、ネギ、大根など。夏には、トマトにナスにキュウリに大葉にと季節ごとにたくさんのお野菜が。小松菜をゴマ和えにしてみました。とっても美味しくてどんどん箸がすすみます。素材がいいから、本当においしく出来上がるんです。私が生まれ育った新潟県津南町でのお野菜も、そう、ちょうどこのようなお野菜だったのを思い出しました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

キルトフェスティバル

20060206_235933610 キルトというと、布と針と糸で=女性が作るものというイメージがありますが、ヨーロッパでは、19世紀頃、軍人や負傷した兵士がリハビリを兼ねて軍服の端切れでキルトを作ったそうです。現在では、ハワイなどにも男性のキルターがいます。先達て、東京ドームで開かれた東京国際キルトフェスティバル。私は、今回が二度目でしたが、圧倒される大作が勢ぞろいして、素晴らしい作品をたくさん楽しみました。

20060206_235957407 カラフルなハワイアンキルトやタヒチアンキルト。貴重な英国の至宝ともいうべきキルトの展示や日本を代表するキルト作家の8人の方のキルト作りの様子を観ることができる、そのままそれぞれのアトリエを東京ドーム内に造り上げているなど、各々のコーナーがとても見応えがありました。特に作家の方のアトリエは、先生それぞれの個性がかいま見えて、とても興味深かったです。

20060207_33985 左の作品は、大賞を受賞した「仮面舞踏会(マスカレード)」です。ひとつの作品を作り上げるのに、中には、デザインから始まって、完成まで15年もの歳月をかけて作り上げたというものもあり、布地を選んだり、ひと針ひと針そのキルトに込めゆく各々の人たちの想いが伝わってきました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

富 士 山 

fujisan3ss1 やっと見えました!成城からの富士山。日曜日の今日、今年初めての富士山を成城学園前の西口から見ました。澄み渡る青空のもと、さすような冷たさの空気の中、真っ白な雪を頂く富士山を見ると、何だか、今日もがんばろう!って。本当に大きく大きくとっても綺麗に見えました。富士山もパワースポットだということをご存知でしたか。御利益を求めて、毎年登っている人もいるそうです。駅近くの交差点の所で右側にふり仰ぐと、そして駅の西口を出た所が富士山の見えるスポットなんです。慌しく向かう中、冬晴れの日の私のささやかな楽しみのひとつです。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

立 春 に

20060204_232344907 立春の今日、青山でご披露宴の司会を務めさせていただきました。和やかなお食事会形式で、ゆっくりとお客様とご歓談されたいとのご希望で、新郎新婦が同じ職場ということもあり、とても和気藹々とした喜びのお席でした。お色直しの間に、お二人の小さな頃から現在に至るまでのビデオアルバムが上映されました。これは、新郎ご本人が作ったものでしたが、びっくりするほどの素晴らしい出来で、お客様も熱心にご覧になっていました。テロップの入れ方も何種類か用いて、随所に工夫を凝らし、たいしたものだなぁと私も感心しておりました。宴後、お二人も無事お開きとなって喜んで下さっていました。新郎のお母さまが、私に、とてもきれいな声でステキな司会でしたとおっしゃって下さり、あぁ、喜んでもらえて本当によかったと実感しました。 テーブルの装花は、真っ白なお花を用いてとてもモダンなコーディネイトでした。いつまでもまっさらな気持ちで初心を大切に心を込めて司会をしてゆきたいとあらためて思いました。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

友愛数 ~ 絆

ico_heart31神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字「友愛数」。博士が学長賞で受けた記念の時計に刻まれたNo.284と家政婦の誕生日の2月20日。284の約数の和は220であり、220の約数の和は284。これが「友愛数」。つながり合っていることの美しさを柔らかな心で、純粋に受けとめる。人と人とのつながりもあるがままをうけとめて、包み込むことが肝要であり、その中で輝きを見出していく。数学は学問である前に、哲学であると感じた。 

220.1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284

                    220=142+71+4+2+1.284            

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

数 学 ~ 野に咲く一輪のスミレ 

231現在、ベストセラーの「国家の品格」の中で、数学のことが書かれています。著者の藤原正彦さんは、数学者です。『岡潔(1901-1978)という大数学者がいます。「春宵十話」という随筆集でも有名な数学の天才です。奇行とも言うべきエピソードのたくさんある先生ですが、・・・。例えば、数学の独創には情緒が必要と考え、フランス留学から帰ってきた直後には、松尾芭蕉の研究に一生懸命励み、その後、やおら研究にとりかかり、二十年ほどかけて、当時彼の分野で世界の三大難問と言われていたものをすべて独力で解決してしまうという快挙を成し遂げました。毎日、数学の研究にとりかかる前に、一時間お経を唱えていたそうです。1960年に文化勲章を貰いました。新聞記者からの質問に、数学上の発見に関して日本人は、情緒型と答えています。ある時、「先生がおっしゃる情緒というのは何ですか」と訊かれ、岡先生は、「野に咲く一輪のスミレを美しいと思う心」と。その可憐さに愛情を感じ、その美に感動する。これが数学の研究をする上で重要ということです。数学をやる上で美的感覚は最も重要です。』なにげなく目にしている数字も、その姿と意味合いを考えてみましょう。なぜ、1は、1なのか?3はどうしてこのような形なのか。いつしかだんだんと、数字の並びひとつとっても不思議で美しく、とても愛おしく思えてくるのではないでしょうか。 eπi + 1 = 0

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

1.31 ~ 素数 

20060201_223407391 1.31 すべて素数であり、すべてを足しても、5という素数であることを思い出したのは、「博士の愛した数式」を観たからです。私が新潟に居たころ、子供の頃から大好きだった寺尾聡さん主演の「博士の愛した数式」。事故で過去十年分の記憶をすべて失ってしまった天才的な数学博士。今では、記憶が80分しかもたず、人との交流に自分の人に対する親愛の気持ちを数式とその説明で表現します。「素数の素(そ)は素直な素(す)、何も加えない、本来の自分、という意味。つまり、1と自分自身以外では割り切れない数字のこと。・・・」博士が新しい家政婦さんにゆっくりと数字の世界、数学の魅力を説明していきます。優しさとときにせつなく、そして本当に心温かくなる博士と家政婦さん、そしてその息子、√(ルート)の織りなす、互いを思いやる気持ちでいっぱいにあふれた作品です。数字が美しい。数学が面白い。生活に根ざしたものであり、私が今まで描いていた、数という概念をくつがえすかのような数式の美しさを感じさせてくれたのは、私にとっては博士が寺尾さんだったからというのは、いうまでもありません。

※現在のランキングチェックは下記
                  人気blogランキングへ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。