毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | ケツメイシ »

哀 愁

20051028_94408073   たった一言の台詞とともに、忘れられない大好きな映画がある。

 「哀愁」 1940年 アメリカ映画 原題は 「WATERLOO BRIDGE」。主演のヴィヴィアン・リーロバート・テイラーというハリウッド時代の黄金期を象徴するような、美男美女スターの共演で話題となった、悲しい純愛の物語。

そこに登場するのは、「風と共に去りぬ」の強気のヴィヴィアン・リーではない。私が観たのはNHKの教育テレビでの放映だったが、ヴィヴィアン・リーは、本当にただひたすらに、美しかった。第一次大戦さなかのロンドンが舞台バレリーナのマイラ(ヴィヴィアン・リー)と、青年将校ロイ(ロバート・テイラー)は、ウォータールー橋の上で出逢い、二人は、一目で恋に落ちる。結婚の約束をして幸せもつかのま、彼は戦地に赴くことになる。そして、運命は、白鳥の湖の調べにのって、悲劇的な結末を迎えていく。

マイラの悲しみにくれる姿が、ヴィヴィアン・リー彼女自身の人生をも投影させたかのような、まさに全身全霊でのヴィヴィアン・リーそのものである。思い出した。大学時代に興味を持ってヴィヴィアン・リーの伝記を読んだことを。決して彼女は穏やかな幸福に包まれていた訳ではなかったことを。

テーブルの上にキャンドルライトを灯すレストランが、日本で流行りだしたのはこの映画がきっかけだといわれている。好きな人と一緒にいられるしあわせ。ただ、二人はお互いを純粋に愛している。どうしてこんなにも好きなのに、別れなくてはいけないのか。 相手のしあわせを思えばこその、マイラの思い。自分のしあわせでなく、相手のことを思いやってのこと。それが本当の愛というものだろう。

二人の初めてのデートのダンスのシーンで流れる「別れのワルツ」日本では、「蛍の光」として有名。

ラストのシーンで初老になったロイが、ウォータールー橋にたつ。聞こえてくるのは、愛するマイラの声。   私はこのラストシーンが大好きです。

「愛していたのはあなただけよ。これからもずっと、本当よ。いつまでも・・・」

愛はいつまでも永遠だから。

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | ケツメイシ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/6470751

この記事へのトラックバック一覧です: 哀 愁:

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | ケツメイシ »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。