毎日楽しく更新!

  • 05年9月7日からブログをはじめ、その年の暮れからは毎日更新し、人気ブログランキングにチャレンジしています。 右上の  《 ☆1位 904,726件中 応援して下さい  》   の文章からランキングポイントが入ります。 みなさまの大きなお力に心から感謝申し上げます☆ 本当にありがとうございます♪    ☆ご結婚がお決まりの方へ☆ 司会承ります☆詳細はrasasayan15@yahoo.co.jp   まで お問い合わせ下さい☆

Rakuten Recommend

  • ちょっと贅沢な国内旅行 style(スタイル)  

楽しい毎日を♪

« 早稲田 稲門祭 Ⅱ | トップページ | ハロウィン »

ブラウニング・バージョン

20051030_152940938 今夜は、六本木の俳優座で自転車キンクリーツ・プロデュースの

「ブラウニング・バージョン」というお芝居を観て来ました。40-50年代にイギリス演劇の第一人者であったテレンス・ラティガンの作品です。

あらすじは、
パブリック・スクールの校内にある教職員住宅の一室。夏休みを控えた、終業式の前日。教師で、古典学者のアンドルウ・クロッカー・ハリスは、心臓病のため明日でこの学校を去ることになっている。アンドルウは人に好かれる性質ではなかった。彼は、教師としても、妻ミリーとの夫婦生活においても、自分が落伍者であるということを認めていた。そんなアンドルウに、生徒や同僚、校長や新任教師、様々な人々が挨拶に訪れる。それは、いつも冷静な彼の心を激しく揺さぶるものだった、というもの。

アンドルウ・クロッカー・ハリス、彼の心だけでなく、観ていた私の心も激しく揺さぶられました。先生という仕事、職業は、えてしてまじめで模範的な人間であってと思うやもしれません。しかし、多くの生徒、そして同僚や上司にそう思われることで、自分というものを保ち続けながらも、本来の自分の心にある真情を舞台の上でクロッカー・ハリス先生は、吐露していきます。周りの誰からも、堅物でまじめ、指導には厳しく容赦ないと思われている彼の心に、最後のお別れに訪れた彼の生徒タプロウが、ひとすじの光を与えます。

「神さまは、遥か彼方から慈悲深いまなざしで、優しい師匠を見守っている」

タプロウが先生へのお別れの記念のプレゼントとして、お小遣いをはたいて買った本に、その言葉を献じています。自分を慕ってくれていた生徒がいた。病、妻の公然の浮気、冷えた夫婦関係、学校を辞めるという中で、ほんのひとときの深い喜びと、このうえないしあわせで、クロッカー・ハリス先生は泣き崩れます。私もぽろぽろと涙が止まりませんでした。

人と人がわかりあうこと、それはたやすいことではありません。そして人を許すということ。様々な思いが去来しました。

手を伸ばせば届きそうな、この舞台の上に「心」がある。そんなふうに感じました。

« 早稲田 稲門祭 Ⅱ | トップページ | ハロウィン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136452/6713247

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウニング・バージョン:

« 早稲田 稲門祭 Ⅱ | トップページ | ハロウィン »

ライフスタイルブログ

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

おすすめの旅♪

ハッピーサンフラワーの過去記事の検索

  • Google


    WWW を検索
    ハッピーサンフラ ワー内を検索

スポンサードリンク

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

成城会のご案内☆

  • 夏の成城会  【ビール工場見学!】 ありがとうございました☆7月12日の記事にてご報告しております♪また楽しくご一緒しましょうね!本ブログ「ハッピーサンフラワー」の引用・転載・複製を一切禁じております。